無料ブログはココログ

chotoku.note

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

フォト

« 「ロベール・ドアノー/音楽/パリ」を見に行く | トップページ | 浦安、境川を往く »

2021年3月 3日 (水)

豊島五丁目団地を往く

 豊島五丁目団地は町名は「豊島」だが、所属する区は「北区」。『1871年(明治4年)11月14日に浦和県(現埼玉県)から東京府に編入された。1889年(明治22年)の町村制施行時点では北豊島郡王子村大字豊島であった。』(Wikipedia)というのだから、元々の「豊島」という地名の場所だったらしい。『平安時代頃より当時この地を治めていた豊島氏の発祥の地とされている。現在の豊島七丁目の清光寺には豊島氏の武将の一人である豊島清元の墓がある。』(同じく、Wikipedia)というのだから、豊島区よりも古くからある地名なのである。

L10071482

 もともと、日産化学王子工場があった場所で、ここが豊島五丁目団地になる前は、ここをバスで通ると化学工場らしい強烈な悪臭がした場所だった。

 その日産化学の跡地に日本住宅公団(現・UR都市機構)が豊島五丁目団地を作り始めたのは昭和47年頃からだった。全部で12棟、5,000戸ほどというから人口では1万~2万人くらいだろうか。地方都市一つ分くらいの大団地である。

 余りにも大きな団地だったので、大友克洋氏の「童夢」の舞台はこの豊島五丁目団地だと思っていた時期がある。しかし、実際には京浜東北線の蕨駅そばにある芝園団地だと知ったのは、大分後になってから。大友氏は上京して浦和あたりに住んでいたので、まあ、京浜東北線沿線の大団地と言えば芝園団地だったんだなあ。

L10071522

 6号棟にある「トーホー・ショッピングモール」の前まで行ってみると何やら貼り紙がしてある。

L10071532

「豊島五丁目団地写真展」というのを開催していた。

L10071542

 面白そうなので覗いてみたんだが、要はメイン展示はこの団地の建設時代の頃の写真で、あとは団地の住民たちの写真がいろいろ並んでいる。

L10071562

「団地の写真」ばっかりではなく、都電荒川線の写真なんかもあって、面白い。

L10071662

  ただし、この団地にも高齢化の波と外国人住民の増加という問題も起きているようで、その辺は芝園団地と同じような「超高齢化社会と外国人住民との共生」というテーマが迫っているようだ。

L10071832

L10071792

LEICA M-E VOIGTLANDER COLOR-SKOPAR 21mm f4 @Toshima 5 Chome / Feb. 28 2021 ©tsunoken

« 「ロベール・ドアノー/音楽/パリ」を見に行く | トップページ | 浦安、境川を往く »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「ロベール・ドアノー/音楽/パリ」を見に行く | トップページ | 浦安、境川を往く »