無料ブログはココログ

chotoku.note

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

フォト

« 通勤定期で通った川崎最終レポートは東扇島 | トップページ | 師走雑景・銀座編・星形エンジンのあるビル »

2020年12月 2日 (水)

師走雑景・新橋編

 このブログを書いているのは12月1日、師走である。

 偉い「師」が走るんだから、我ら下々はもっと一生懸命走らなければならないんだろうけれども、「高齢者(つまり、65歳以上の人ってことですね)」はあまり動いちゃいかん、なんてことを小池都知事と菅首相が話をしたそうだ。

 なんだ、そんなことを言われてしまっては、私のように「年寄りなんだから、1日10,000歩」なんて決めている人間はどうしたらいいんだ?  っていうことなので、都知事と首相が何を話そうが関係ないって訳で、新橋までやってきた。まあ、都県境を越えているわけではないので、まあ、いいんじゃないでしょうか。

 都県境をこえる川崎への取材は、取り敢えず昨日で終わっているので、まあ、いいかな。

 まあ、その後も勝手に行きますけれどもね。

Dsc_00192_20201201160701

 テレビニュースにおける朝のサラリーマンの通勤状況の映像が、昔は東京駅丸の内北口、その後は新橋駅日比谷口か烏森口だったのが、最近は品川駅港南口ばっかり撮っている。

Dsc_00142_20201201160801

 う~ん、なんか違うんですよね。

 昔の、東京駅丸の内北口っていうのは、日本を動かしているサラリーマンは三菱系の大会社なんだってことで。東京駅丸の内北口だったんでしょう。

 その頃は、日本のサラリーマンの代表は、丸の内の三菱系企業のサラリーマンだったんですね。

Dsc_00202_20201201160801

 でも、実際に日本を動かしているのは財閥系の大会社じゃなくて、もっとその下の中小企業なんだってことで、新橋駅に撮影場所が映って来たんじゃないでしょうか。

Dsc_00232_20201201160801

 多分、丸の内のサラリーマンに「夜の世界の本音」を聞こうにも、どうせそれらの人たちは銀座辺りに飲みに行っちゃうんで、取材が出来ない。ってわけで「サラリーマンの本音」ってことで、新橋駅周辺やら神田駅周辺の飲み屋や居酒屋が「サラリーマンの本音」を取材する場所になってきたんでしょうね。

Dsc_00252_20201201160801

 で、最近多いのが、というか特にこのコロナ禍になってしまって、通勤状態の「密」の映像を見せるために品川駅港南口の映像が毎日のテレビニュースで流れるんだが、なんか違うんですね。

Dsc_00262_20201201160901

 品川駅港南口といえば、ニコン本社や、その正面にはキャノンギャラリーがあるし、マイクロソフトの日本法人っていう、まあ、その他にも結構有名企業が存在する場所なんですね。今となっては。あ、ニコンは三菱系の企業ですし、キャノンは安田財閥(芙蓉グループ・みずほ銀行)系列の会社です。もう、立派な財閥系ですよね。

 そういう意味では、やっぱり「サラリーマンの本音」っていうことでは、新橋駅前って感じなんですけれどもねえ。

 テレビの皆さん、あまりにも「決まりパターン」はやめにして、自分の足で歩いて、自分の撮影ポイントを見つけるようにしましょうよ。まあ、「決まりパターン」が、一番無難な映像だってことは、昔、日テレでニュースフィルム編集やニュース番組のADをやっていたから、よく知っているんですけれどもね。

Dsc_00292_20201201160901

NIKON Df AF NIKKOR 50mm f1.8 G @Shimbashi / Dec. 1 2020 ©tsunoken

« 通勤定期で通った川崎最終レポートは東扇島 | トップページ | 師走雑景・銀座編・星形エンジンのあるビル »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 通勤定期で通った川崎最終レポートは東扇島 | トップページ | 師走雑景・銀座編・星形エンジンのあるビル »