無料ブログはココログ

chotoku.note

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

フォト

« じゃあ、羽田空港はどうなっているのか | トップページ | 久しぶりに行ったんだけど、高崎はどうなっているのよ? »

2020年9月22日 (火)

東京都町田市玉川学園

 小田急線に乗って行くと、登戸から先は神奈川県、ただし町田だけは東京都……、だと思っていたんだけれども、実は町田駅の一つ手前の玉川学園駅も、まだ東京都だったんですね。

 知らなかった……。

Dsc_00132_20200916195601 

 玉川学園駅は「当然」玉川学園の前にある小田急線の駅なんですね。

 正面が玉川学園です。まさしく「駅前」(ちょっと歩くけどね)。

Dsc_00092_20200916195601

 玉川学園っていうのは『成城学園から1929年(昭和4年)に枝分かれして、当時成城学園の幼稚園・小学校・高等女学校・高等学校の校長事務取扱だった小原國芳が創立した。前後して成城学園から分かれた和光学園創立による和光大学も敷地が隣接している。キリスト教精神に基づいた宗教教育を行っている(ただし、キリスト教学校教育同盟などには加盟していない)。』(Wikipedia)っていう学校。

 そういえば、玉川学園の一つ手前、鶴川駅と玉川学園駅の中間辺りの線路の反対側に和光大学があります。

 う~ん、結局、独立したとはいえ、成城学園と同じく、小田急沿線に自分の学校を作っちゃうんでしょうかね。もっと、違うところに作ればいいのにね。結局、小田急沿線に「成城文化圏」を作りたかったのかなあ?

Dsc_00242_20200916195601 

 で、東京都町田市玉川学園一丁目を町田駅方面へ歩き始めます。

 でも、町田駅近辺とは違って、この辺はとにかく山がちの地形なんですね。やっぱり、多摩丘陵の南側の地域だけあって、とにかく坂道が多い。わたしなんか江戸の人間なんで、とにかく「坂道が嫌い(特に上り坂)」ってなもんで、とにかく坂道に出会っちゃったら、「下に行く」んですね。

Dsc_00212_20200916195701 

 ところが坂を下りてきてこの場所に着いてしまうと、「さあ、どちらにする?」ってなプレッシャーが私を襲うんです。

 左に行けば下り坂、右に行けば上り坂、ってことは単純に左に行けばいいんだけれども、「いやいや、これは何か謎があるぞ」と考えて、さらにGoogle Mapを確認して、右の上り坂を行くのです。

 Google Mapを見るとこの先に川があるらしい、だとしたら右の坂を上ってもすぐに下り坂に変じて川に出るはずだ、左に行っても結局、川に至らず、結局、右の上り坂に行くような道がある。っていうことで、右の道を選んで小さな峠を越えることになる。

Dsc_00252_20200916195701

 結局、その判断は正しく、小さな峠(っていうほどのもんでもないです)を下りてみると、南大谷という交差点があって、脇には恩田川という川が流れている。

 普通、川があると川上から川下へ歩いて行けば、上り坂はないし、川沿いに歩いて行けば、普通はどこかの町に出るものだ。という基本的な地図の読み方から考えて、そのまま恩田川沿いに歩いて行こうかとも思ったんだけれども、

 う~ん、その川を渡る橋の麓にバス停があったんですね。それも「町田駅前行き」ってのが。なんか、こういうの見ると、もう歩こうという気がしなくなってしまうのですね。ダメダ、こりゃ。

Dsc_00352_20200916195701

 んで、そこからバスに乗って小田急線町田駅まで行ったんだけれども、なんだ、さっきのバス停から15分程度で町田駅前についちゃったんですね。

 なんだ、歩いても行けたんですね……、なんちゃって、その気もないくせに。

Dsc_00382_20200916195801

 で、町田から新宿までロマンスカーで34分。

NIKON Df AF NIKKOR 28mm f2.8 @Machida ©tsunoken

« じゃあ、羽田空港はどうなっているのか | トップページ | 久しぶりに行ったんだけど、高崎はどうなっているのよ? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« じゃあ、羽田空港はどうなっているのか | トップページ | 久しぶりに行ったんだけど、高崎はどうなっているのよ? »