無料ブログはココログ

chotoku.note

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

フォト

« 馬喰町なのか、横山町なのか | トップページ | ホンダCR110カブレーシング »

2020年7月18日 (土)

立川駅南口を歩く

 立川駅っていうと、今は北口がメインという感じになっていて、多摩都市モノレールの駅もどちらかというと北口がメインだし、立川基地や立飛企業などの大きな工場があって、あまり開けていなかった北口が、近年はそれらの土地が総合開発されて、今や北に発展する立川市という感じになっている。

 雰囲気としては立川駅の北口が現在の立川市の中心エリアで、南口は昔の立川市っていう感じなんだけれども、最近はどうなっているんだろう。

L10008742

 立川駅の南口を出ると目の前に出現するのがアレアレアという商業施設なんだが、もともとここにあったのはオリオン書房という、立川を中心に東京西部で大展開している書店の本店があったところ。もともとオリオン書房は万田商事という会社が経営していたんだが、現在は日販系のリブロの傘下に入ってしまっていて、本店機能は多摩都市モノレールの立川北駅そばのノルテ店とJR立川駅ビルのルミネ店に移っている。

 東京都書店組合でも結構ブイブイ言わせていた、書店だったんだけれども、まあ、これも時代の流れってやつなんでしょうかね。

L10008832

 要は、北口が基地やら(動いていない)大工場やらがあって、勝手に庶民が手を出せなかったのに比較して、南口は昔からの町で、立川市なんかが手を入れていなくて、普通に庶民が勝手に作り上げた街だったのであります。

 その結果、北口に比して南口は、あまり計画的な発展をしなくて、どちらかというと飲み屋街を中心とした、ちょっと剣呑な町として発展してきたのでありました。

L10008872

 ただ、その立川市も北口周辺が大きな再開発をされるのに合わせたのか、南口周辺も次第に様変わりしてきて、昔のような「剣呑な町=立川」という感じから変わってきて、だんだん普通の街みたいになってきている。

 以前のように、昼間っから町を歩きなれていない人間にとっては、ちょっと構えて歩かなければおっかないっていう感じの街ではなくなって、まあ、今や普通の街になってしまっている立川駅南口周辺なんですね。うん、あまり面白くない。

L10008882

 で、まあ立川といえば、青梅から多摩川沿線を下りてきた奥多摩街道と、高尾方面から来た甲州街道(国道20号線)の合流点がある日野橋交差点で、有名な場所である(?)。 えっ? 別に有名じゃないって? 奥多摩街道なんて誰も知らないよ、だって?

 日野橋交差点は、あの『バリバリ伝説』でも出て来ている有名な場所なんだけれどもなあ。

L10008962

 で、練馬から青梅方面へ旧青梅街道を走ってきたサイクリストが、青梅から東京に帰るルートとして多摩川ルートを通る場合は、奥多摩街道の旧道を走ってきて、ここ日野橋交差点まで帰ってくれば、あとはまっすぐ甲州街道を新宿まで走るだけなので、少し「ホッと」するところなんであります。

 下の写真、左側が新奥多摩街道、右が旧奥多摩街道です。新奥多摩街道はごく普通の片側2車線の道で、途中に面白いものも何にもないんですけれども、旧奥多摩街道は途中にいろいろ見るところがあって面白い道です。

 ただし、まあ、この日野橋交差点からは、あとは国道20号線を走るだけなので、後ろから来るトラックに気を配って新宿まで走るだけです。

L10009022

 日野橋交差点を過ぎて多摩川のそばに行くと、立川市立野球場があります。

 ここもまた夏の高校野球東京都予選を開催することで有名な球場なんだけれども、当然、このコロナウィルス禍でもって、開催は中止。閑散としていますね。

 この球場がある公園は、同時に多摩川サイクリングロードへの入口でもあるんだけれども、まあ、ウィークデイではあまりサイクリストの姿は見えませんね。

L10009052

LEICA M-E TTArtisan 21mm f1.5 ASPH @Tachikawa ©tsunoken

« 馬喰町なのか、横山町なのか | トップページ | ホンダCR110カブレーシング »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 馬喰町なのか、横山町なのか | トップページ | ホンダCR110カブレーシング »