無料ブログはココログ

chotoku.note

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

フォト

« 新宿駅東西自由通路が供用開始 | トップページ | 最近、銀座のライカには行かなくなった »

2020年7月24日 (金)

名犬チロリの像

 銀座から出ている晴海通りが首都高を跨ぐところにある築地川銀座公園というのがあるんだが、そこに見慣れない銅像が建てられている。なんか見慣れない犬の像だなあと思って、写真に撮り、家に帰って調べてみた。

L10009782

『名犬チロリ
1992年初夏
千葉県松戸市で、生んだばかりの仔犬5頭と共にゴミ捨て場に捨てられていた、後肢に障がいを持つ雑種のメス犬。
殺処分寸前に救助され、既に訓練中だった純血統のセラピードッグ候補生を追い抜いて、日本で第一号の認定セラピードッグになりました。

福祉の現場で数々の奇跡を生み、日本のAAT(動物介在療法)に道を拓き、動物愛護法に多大な影響を与えました。その功績が認められ、国などから30に上る表彰状、感謝状を授与されています。

2006年3月
乳がんにより没。

2007年5月
築地川銀座公園にブロンズ像が建立されました。』(一般財団法人 国際セラピードッグ協会 公式ブログ より)

 えー? そんなにエライ「お犬様」の像とは思わなかった。

L10009772

 考えてみれば、テレビアニメ、劇場アニメ、ビデオアニメなどの映像制作をやっていたのは2004年頃までだったので、それまではこの(旧)電通ビルや、手前にある東映ビデオが入っていたコンワビルなんかにもしょっちゅう出入りしていたことがある。当時からこの公園はあったんだが、こんなお犬様の銅像はなかったわけだ。

 ふ~ん、世の中は変わってきているんだけれども、しかし、電通ビルにはいまや電通はいないわけで、今、どんな会社が入っているんだろう……、なんて、今やどうでもいいことなんだろうな。

L10009802

 多分、チロリはノラ犬だったんだろうなあ、ノラ犬の子供として生まれ、そのままノラ犬として育ってしまった。でも「既に訓練中だった純血統のセラピードッグ候補生を追い抜いて、日本で第一号の認定セラピードッグになりました」ってのがいいですね。

L10009812

 人間もそうだけれども、それ以上に「血統」が重要視され、つまり「生まれ/育ち」が需要視される犬の世界だって、そんな「生まれ/育ち」だけでは判断できないモノ・ゴトがあるんだろうなあ。

L10009822

 この暑い日に、築地川銀座公園に屯している一般サラリーマンの皆さ~ん。

 ノラ犬の子供だってセラピードッグになれるし、可能性はいくらでも開けてるんですぞ。

L10010002

「お犬様」を見習って、いろいろなことに励みましょう。

 築地川銀座公園で群れて愚痴っているだけじゃ、何にも解決しないし、進歩もしないぜ。

 そんな貴方たちのために、この銅像が建てられているんですよ……、かなあ?

LEICA M-E ELMARIT-M 28mm f2.8 @Tsukiji & Ginza ©tsunoken

『文庫 名犬チロリ 日本初のセラピードッグになった捨て犬の物語』(大木トオル・著/岩崎書店フォア文庫/2016年6月18日刊

『Dog Road セラピードッグ・チロリの物語 VOL.1』(川上慎 (著), 大木トオル (著)  /秋田書店/2006年5月1日刊(電子版)

 

« 新宿駅東西自由通路が供用開始 | トップページ | 最近、銀座のライカには行かなくなった »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 新宿駅東西自由通路が供用開始 | トップページ | 最近、銀座のライカには行かなくなった »