無料ブログはココログ

chotoku.note

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

フォト

« なぜ未だ『なぜ未だ「プロヴォーク」か』か | トップページ | 新宿駅東西自由通路が供用開始 »

2020年7月22日 (水)

町田市は東京都なのか、神奈川県なのか

 小田急線で新宿を出ると、多摩川を渡って登戸からは神奈川県に入る。

 そのまま、新百合ヶ丘辺りまでは神奈川県川崎市の山の中をずっと走っているのだが、和光大学がある玉川学園駅からは再び東京都に入り、次の駅が東京都町田市にある町田駅に着く。途中、神奈川県へ越境しちゃうんだけれども、ファイナル・デスティネーションが東京都町田市だから、問題はないでしょ。

 でも、なんか町田市って東京都なんだけれども、あまり東京都っていうイメージがなくて、神奈川県? あるいは「飛び地?」てな思い込みがあるんだよね。でも「飛び地」ではないし、まさしく東京都なんであります。というか、実は東京都でも結構大きな都市なんですね。

『多摩川以南に位置する商業都市で、東京都内では東京23区・八王子市に次ぎ3番目(市町村では2番目)に人口が多い。東京都に位置する自治体としては島嶼地域を除くと最南部に位置する。国道246号・東名高速道路(京王相模原線・東急田園都市線・小田急線)と国道16号(横浜線)が交差する地域。』(Wikipedia)という街。『日本で唯一、3つの政令指定都市(すべて神奈川県の横浜市・川崎市・相模原市)に接している自治体でもある。』(同・Wikipedia)っていうのを読んじゃうと、なんか、やっぱり神奈川県? ってな感じに捉えられても仕方ないのかな。

 でも、実際は八王子市と多摩市に隣接している、れっきとした東京都なんです。

L10009462

 町田駅は小田急線とJR横浜線の駅なんだけれども、小田急線の駅前には上の写真のような「絹の道」の碑がある。片方には「よこはま」もう一方には「はちおうじ」という表記がある。

L10009442_20200720172401

 明治時代、日本の最大の輸出商品は「絹製品」だった。そこで、長野や群馬などで作られていた絹織物、絹製品を高崎を拠点に八王子まで運び、八王子を集荷地とし輸出港の横浜港を結び最大の貿易商品絹を運ぶ街道として繁栄したというのは、例えば松任谷(荒井)由実の八王子の実家「荒井呉服店」の存在なんかでもよく知られる。その、八王子と横浜のほぼ中間となる原町田が中継地だった。

 そのルートが町田街道とよばれている道で、なるほど高崎から八王子までは現在は八高線という路線が走っており、八王子から横浜桜木町までは横浜線という線路が走っている。つまりこの八高線・横浜線ルートというのが、現在、町田街道と呼ばれているルートなんだな。

 その町田街道の名残が、現在は小田急線を跨いで、小田急町田駅前に展開する町田中央通りなのであります。

 なんとなく普通の賑やかな商店街のように見えるんだけれども、小田急町田駅前の碑の通り、まさしくこの商店街が八王子と横浜を結ぶシルクロードであり、同時に『絹の道』は横浜を通じて、キリスト教や自由民権思想など、外国の思想・文化も運んだ、「自由民権思想の道」でもあったのだ。特に自由民権思想は『絹の道』沿道の豪農など、村の有力者を中心に広まる。町田は石坂昌孝、青木正太郎といった有力な指導者を輩出、また大規模な集会が開かれるなど、自由民権運動の中心地となった。

L10009502

 それなりに政治的にも中心になる大都市に発展した町田市である。まあ、今や「政治的」って言うところでは、まあ、完全に田舎町ですけれどもね。

L10009342

 上は小田急町田駅にある小田急百貨店屋上からみた町田市の新宿方面の全体図……。

 下が、相模大野方面の全体図である。

 なるほど大きな街であることは良く分かる。なんせ立川市よりも大きいんだもんなあ。

L10009322

 で、帰りは東京都町田市と東京都の関係を見ておこうと思って、JR横浜線で八王子経由で帰った。

 んだが、横浜線に乗っても、結局、淵野辺とか相模原とかの神奈川県ばっかりを走っているんですね、東京都に入るのは橋本の先、八王子さがみ野駅からなんですね。こちらも、東京都→(神奈川県)→東京都の移動だ、ザマミロ。

L10009602

 何が「ザマミロ」なのか、よくわからない。

Leica M-E TTartisan 21mm f1.5 ASPH @Machida ©tsunoken

« なぜ未だ『なぜ未だ「プロヴォーク」か』か | トップページ | 新宿駅東西自由通路が供用開始 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« なぜ未だ『なぜ未だ「プロヴォーク」か』か | トップページ | 新宿駅東西自由通路が供用開始 »