無料ブログはココログ

chotoku.note

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

フォト

« 特別定額給付金からの葛西臨海公園 | トップページ | 「アサカメ」はコケちゃったけど「ポンカメ」まだ健在だ »

2020年7月15日 (水)

新宿東口の中古カメラ屋さん紹介

 四谷三丁目にある「アローカメラ&我楽多屋」のサイトで、「新宿駅東側」というタイトルでいくつかの(中古)写真機屋さんが『ちょっと無理があるかもしれませんが歩くのが苦にならない人は、新宿駅東口を出て「北村写真機店さん」~新宿三丁目の「ラッキーカメラさん」~新宿御苑の「諏訪写真機さん」~四谷三丁目の「アローカメラ&我楽多屋」と、はしごするのも一考かと思います。ルート上に写真ギャラリーも幾つかありますし。』なんて紹介されていたので、実際にそれらの(中古)写真機屋さんを訪ねてみた。

L10008132

 まずは新宿駅東口の真ん前にあるアルプス堂から……、ただしこちらは8月31日で閉店になるそうだ。興味がある方は急いで訪問を。

 アルプス堂のサイトはコチラ

L10008182_20200712153301

 次は紀伊国屋書店本店の前の道を入った右側にある新宿北村写真機店。こちらはまだオープンしたばっかりなんだが、今後は西口のマップカメラみたいな、総合的な写真機店が中古カメラを扱っていくようになるんだろうか。

 7月10日のブログでも書いた通り。

 北村写真機店のサイトはコチラ

 次は三丁目のミヤマ商會なんだが、既に今年の2月20日に閉店になっていた。取り敢えずサイトはまだオープンしている。

L10008232_20200712153301

 ラッキーカメラは以前は新宿駅東口の駅のそばにあったんだが、現在は新宿通りを四谷方面へ向かってバルト9の前の道を少し入ったところにある。

 ラッキーカメラはまだまだ健在で、サイトはコチラ

L10008262

 相変わらずライカなどを中心に、ローライフレックス、ハッセルブラッドなど、フィルムカメラが充実しています。とにかくライカの充実ぶりは相変わらずスゴい!勿論、デジタルライカも扱っています。

L10008282

 そこから新宿御苑の方まで足を延ばすと、新宿通りの御苑側に入ったひとつ裏の道にあるのが諏訪写真機。

 場所がちょっと地味なんで探すのが難しいかもしれないので、サイトで場所を確認してから行ってください。サイトはコチラ

L10008352

 諏訪写真機を出ると四谷三丁目まではカメラ屋さんはなくてしばらく歩かなくてはいけないので、四谷大木戸交差点そばのちょっと怪しい古道具屋さんを紹介。

 宇宙村という隕石やら、なんかやたら怪しい宇宙グッズなんかを売っている店なんだが、取り敢えず覗いてビックリなお店です。

L10008402

 で、四谷三丁目で左折してちょっと坂を下りて、杉大門通りの新宿通りとは反対側の入口にあるのが「アローカメラ&我楽多屋」です。

 カメラ買取専門店がアローカメラ、買ったなかで売り物にならないジャンクカメラやカメラ部品などを売っているのが我楽多屋です。アローカメラでライカM3なんかを買ってもらったことはあったし、たまに我楽多屋さんにも顔をだすんだが、行ってしまうと、なんかいらんものをつい買ってしまいそうなので、今日は行かなかった。

L10008502

 アローカメラが初代社長で「にだいめ」さんがやっているのが我楽多屋さんです。で、サイトはコチラにだいめさんのブログも好調です。

 まあ、カメラがデジタルばっかりになってしまい、今や耐久消費財ではなくなってしまっている状況の中では、なかなか中古カメラの流通っていうのも難しくなってしまっているのかもしれないが、多分、フィルムが製造されている限りは永久的に使えるのがアナログカメラのいいところ。そういう意味ではアナログカメラの存在は永久だってことになります。

 こうした「中古カメラ専門店」を、大いに応援していきたいものですね。

LEICA M-E ELAMRIT-M 28mm f2.8 @Shinjuku & Yotsuya ©tsunoken

« 特別定額給付金からの葛西臨海公園 | トップページ | 「アサカメ」はコケちゃったけど「ポンカメ」まだ健在だ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 特別定額給付金からの葛西臨海公園 | トップページ | 「アサカメ」はコケちゃったけど「ポンカメ」まだ健在だ »