無料ブログはココログ

chotoku.note

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

フォト

« 渋谷といえばGraffittiでしょ | トップページ | 天王洲Isleは寺田倉庫の街 »

2020年6月 2日 (火)

『CRP JAPAN あの日の彼 あの日の彼女』

 ちょっと不思議なタイトルの写真集がKindle版で出ている。

「CRP JAPAN」という名のプロジェクトで、その主旨は……

『AmazonのKindle版、電子版写真集を制作するプロジェクトです。
2015年秋にはじまり、現在150人以上が参加し、250点以上の写真集が出版されています。
写真は撮るだけではなく、完成させ世界に向けて発表することが大切です。
前衛や傑作ばかりが表現ではありません。

日常の発露、思いつき、記録こそが写真の力です。
そして、ささやかでも発信する側になる第一歩。
出版印税(ロイヤリティ)35〜70%は、Amazonから本人に直接支払われます。』

 というもの。そのCRP JAPANというプロジェクトで既に十数冊のKindle版写真集が出ているようだ。

Photo_20200528212501 『CRP JAPAN あの日の彼 あの日の彼女 1967-1975 fable me fable u 1967-1975』(横木安良夫・著/2016年2月12日刊/Amazon Services International, Inc./オリジナル版:アスコム)

 ただし、この横木安良夫氏の写真集『あの日の彼 あの日の彼女 1967-1975』自体はCRP JAPANとは関係なく、Amazonではなくアスコムという出版社から出版されていた、横木安良夫氏個人の写真集なのだが、多分、「在庫切れ・再販未定」状態になってしまったので、横木氏が版権を引き上げ、自ら中心的存在になっているCRP JAPANプロジェクトを推進すべくAmazonから出版しているというものなのだろう。

Rimg00012_20200529162101©ALAO YOKOGI

 この写真集については横木氏自身の解説がついている。

『この写真集は、1967年、昭和42年、18歳、僕が大学に入り写真を学びはじめてから、アシスタントを経て独立した1975年(昭和40年)26歳までに撮った写真で構成されています。』

Rimg00022_20200529162201©ALAO YOKOGI

『この時代、日本は高度成長期、いわゆる団塊の世代の青春時代にあたるわけですが、ビートルズ、フォークソング、グループサウンズ、学園紛争、モータリゼーション、万博、アンアン、ノンノンの創刊、歩行者天国、そしてオイルショック等々、激動の時代でもありました。』

Rimg00032_20200529162201©ALAO YOKOGI

『たしかに遠い未来は今のように行き先のない暗闇ではありませんでしたが、若い人間にとっては、やはり鬱屈した時代でもありました。』

Rimg00042_20200529162201©ALAO YOKOGI

『そんな時代に、ひとりの若い男がカメラを持って未知の世界と遭遇したときの写真です。』

 1947年生まれの写真家田中長徳氏を思い浮かばせる、1949年生まれの横木安良夫氏の写真なんだが、「あの時代の日本ってこんな感じだったのかな?」と思わせる写真が全編にわたって展開されている。要は、まだまだ軍事的にはアメリカの支配下にあった日本だったんだよな。そういう意味では、政治的には「建前上は」アメリカから独立していたのかもしれないけれども、実際にはまだまだアメリカから独立していなかった日本だったんだ。

 私にとっては学生デモなんかの写真よりは、実は横田基地とか入間のジョンソン基地などのような、米軍基地周辺の風景が見られる写真や、1960年代から70年代のころの自動車の写真なんかが好きだな。

 まあ、ちょっと「学園闘争」を「学園紛争」と書いてしまうところには抵抗があるんだが……。

 ただし、こうした写真集などは、やはり判型が決められてしまっているKindle版よりはもう少し大きい判型を使える紙版の方が好ましい。取り敢えず、中古で紙版が出るまでのツナギとして買っておこう。横木氏のCRP JAPAN Projectへの応援という意味でね。

 使用機材は以下の通り(勿論、全部フィルムカメラ&レンズそして、つまりはフィルムです);
ASAHI PENTAX SP / SUPER TAKUMAR 20mm f4.5 / 28mm f3.5 55mm f18 / 105mm f2.8
NIKON F / NIKOMAT EL / NIKKOR AUTO 28mm f3.5 / 50mm f2 / 105mm f2.5 / REFLEX NIKKOR 500mm f8
KOWA SW 28mm f3.2
ZENZA BRONICA S2 / NIKKOR 50mm f3.5 / 75mm f2.8
OLYMPUS PEN S / D ZUIKO 30mm f2.8
RICOH AUTO HARF SE 25mm f2.8
CANON P / 50mm f1.4
CANON F1 / FD 24mm f2.8 / 50mm f1.4 / 100mm f2.8 / 200mm f2.8
HASSELBLAD 500CM / DISTAGON 50mm f4 / PLANAR 80mm f2.8
LEICA M4 SUPERANGULON 21mm f3.4
YASHIKA ELECTRO 35CC / COLOR-YASHINON DX 35mm f1.8
MINOLTA Hi-MATIC / F ROKKOR 38mm f2.7
FILM : KODAK TRI-X / PLUS-X / FUJIFILM NEOPAN SS / SSS /FUJI F100 / KONISHIROKU KONIPAN SS

『CRP JAPAN あの日の彼 あの日の彼女 1967-1975 fable me fable u 1967-1975』(横木安良夫・著/2016年2月12日刊/Amazon Services International, Inc./オリジナル版:アスコム)

 でもまあ、今となっては単なる「ノスタルジー」なのかな。

« 渋谷といえばGraffittiでしょ | トップページ | 天王洲Isleは寺田倉庫の街 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 渋谷といえばGraffittiでしょ | トップページ | 天王洲Isleは寺田倉庫の街 »