無料ブログはココログ

chotoku.note

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

フォト

« 府中大國魂神社 | トップページ | 国分寺崖線:野川河畔下流域を往く »

2020年6月12日 (金)

甲州街道常久一里塚

 大國魂神社を出た足は神社前の旧甲州街道を東へ進みます。

L10030292

 途中、「八幡宿」なんて碑があるんだけれども、この八幡宿というのは別に本陣、脇本陣、旅籠なんて設備はなくて、普通に農家がいくつかあっただけの村だったらしい。まあ、本格的な宿場というのは府中の中心部に近いところに行けばいくつでもあるので、多分、武士以外の旅人に寝る場所を提供する農家があったっていう感じなのかな。

L10030372

 更に東進して京王線の東府中駅前に来ると、旧甲州街道から南へ分かれる「品川街道」というのがあった。

L10030432

「品川道は、府中(武蔵国国府)の大國魂神社から国分寺崖線・多摩川沿いに品川(品川湊)・六郷付近まで続いた武蔵国南部の古道で、「品川街道」・「いききの道」・「いかだみち」とも呼ばれた。古墳がこれに沿って点在する。旧石川村で古代東海道(現在は中原街道が通る)と交差した。府中は甲府(甲斐国国府)と道で繋がっていた。」(Wikipedia)

 つまり、この品川道(品川街道)というのが旧甲州街道に先立つ大昔の甲州街道だったということらしい。

 その後、甲州街道は内藤新宿からスタートする現在の旧甲州街道になり、その結果、調布の西で品川街道の北側に旧甲州街道が新たにできて、品川街道は「街道」から格下げになって「品川道」と呼ばれるようになった、ということらしい。

L10030452

 ということなので、この品川街道一里塚の名称は「甲州街道常久(つねひさ)一里塚」と呼ばれている。

「この常久一里塚跡は、江戸初期に整備された甲州街道の日本橋から七里のところに設けられた一里塚の跡と伝えられているものである。』(Wikipedia)とあるとおり、既にこの段階で甲州街道は品川湊からではなくて、日本橋が起点となっていたのだった。

L10030462

「右 位奈記(いなき=稲城)」「右 不ち由宇(府中)」「左 五宿」という道程標がこの道が街道だったっていう証拠なんだろうけれども、別にこの道程標が中世に建てられたという証拠はありません。まあ、大分最近になってからだろうなあ。

L10030592

 このあと「しながわみち」は西武線や京王線に蹂躙されながら、調布駅のそばでまたまた旧甲州街道に合流します。

 しかし。そのあとすぐに、調布を過ぎると狛江方面へ、旧甲州街道からは分かれてふたたびしながわみちになります。

L10030612

LEICA M-E VOIGHTLANDER COLOR-SKOPAR 21mm f4 @Fuchu ©tsunoken

« 府中大國魂神社 | トップページ | 国分寺崖線:野川河畔下流域を往く »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 府中大國魂神社 | トップページ | 国分寺崖線:野川河畔下流域を往く »