無料ブログはココログ

chotoku.note

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

フォト

« TTArtisan 21mm f1.5 ASPHが来た! | トップページ | 超広角なら砂町銀座でしょ »

2020年6月26日 (金)

TTArtisan 21mm Test Shooting in Yokohama China Town

 昨日のブログで書いた通り、中国は深圳にある銘匠光学が作った「TTArtisan 21mm f1.5 ASPH」っていうレンズが手に入ったので、早速、テスト撮影。

 まあ、レンズテストなんていっても、別に光学系の専門家でもないし、レンズに詳しい写真家でもなんでもない完璧なトーシロとしては、全くの印象批評でしかないけれどもね。でもまあ、新しいレンズを手に入れたそのすぐ後にはレンズテストをするのは当たり前。ただし、レンズテストって言ったって、取り敢えず「撮ってみました。さあ…」っていうだけ。これまで使っていたレンズと焦点距離が異なるレンズの場合は、このレンズテストは必須であるのだけれども、これまでもフォクトレンダーの21mmを使っていたので、レンズの使い勝手はそんなに変わるものではないので、ますます、このレンズテストは難しいものとなります。

 つまりは、私が素人だから。

L10001512

 ってことで向かった先はつい先週末に「都県境越境禁止自粛令」が解除になった神奈川県です。つい数日前に海老名市まで行ったので、既に「越境」はしています。ということで、横浜市です。

 何故、横浜なのか? つまりは21mmという超広角レンズの撮影を楽しむには「狭くてゴチャゴチャした町」っていうのが面白いんですね。でも、「狭くてゴチャゴチャした町」っていうのなら東京には沢山あるし、それこそ砂町銀座なんて最高なんだけれども、でも、最初のテストでそこを選ばなかったというのは、まあ、自分なりに合理的な理由があるんです。

 まあ、それはいずれ砂町銀座を取材したときに解明されるでしょう。

 で、それこそ都県境を越えた一瞬なんだけれども、もうこのシーンも飽きましたね。要は、毎回あるわけだし、そんなものを撮ってもねえ。

L10001352_20200624195901

 で、横浜は中華街です。

L10001522_20200624200001

 横浜中華街も少しずつ人出は戻ってきているようですが、いやあ、まだまだですね。

 以前は、基本的には日本人の観光客がまず基本にあって、それにプラスして中国人の観光客が来ていてメッチャ混んでいた、っていうのが最近のインバウンド観光立国である日本の更に横浜中華街の姿だった。

L10001542

 しかし、中国系の人たちってなんでそんなに「中華街」に行きたがるんでしょうかね。

 例えば、ロサンジェルスには「リトル東京」ってところがあるんだけれども、なんかすごく居心地が悪くて、なんでこんなところに日系の人が集まるんだろうっていうのが良く分からなかった。

 まあ、でもそこに行けば「日本語が通じる」ってのが昔の人には良かったんだろうか。それと同じで「中国語が通じるチャイナタウン」に、やっぱり中国人が集まるってことなんでしょうかね。

L10001602

 う~ん、だったら他所の国に行かなければいいんじゃないの? っていう風に思うんだけれども、でも、皆海外旅行には行きたがるんですねえ。

 でも、行った先でも自国の言葉が通じればいいっていう錯覚っていうのは大国の人にはあるようで、中国人とかアメリカ人とかなんかは、基本的に「外国事情」っていうものを知らない人が多いせいか、なんか自国の言葉が世界でも通用するとでも思っている「田舎者」が多いんですね。

 日本で英語(米語)が通じるわけないじゃん!

L10001492_20200624200101

 あれ? そうかレンズテストだったんですね。

 まあ、よくわからないけれども、フォクトレンダー21mmの場合は、絞りによっては画面の四隅になんとなく現れていた、ちょっとした暗部が、このTTArisan 21mm f1.5 ASPHではなくなったっていうのはいいですね。まあ、フォクトレンダーでもちょっと絞りを絞れば解消するんだけれども、最小絞りがf4だからね。

L10001472

 まあ、実はそんなものであっても、以前のフォクトレンダー21mmでは、それもまあ「レンズの味」なんて言っていたんですけれどもね。

 レンズテストにはなっていないなあ、これじゃあ。

LEICA M-E TTArtisan 21mm f1.5 ASPH @Yokohama ©tsunoken

« TTArtisan 21mm f1.5 ASPHが来た! | トップページ | 超広角なら砂町銀座でしょ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« TTArtisan 21mm f1.5 ASPHが来た! | トップページ | 超広角なら砂町銀座でしょ »