無料ブログはココログ

chotoku.note

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

フォト

« TTArtisan 21mm Test Shooting in Yokohama China Town | トップページ | いつもの散歩道から:東京ゲーテ記念館 »

2020年6月27日 (土)

超広角なら砂町銀座でしょ

 TTArtisan 21mm のレンズテストでは横浜の中華街に行ったんですけれどもね。

 横浜は脇の通りは結構狭いんだけれども、メインストリートは多少広がっていて、まあ、やっぱり狭くてゴチャゴチャした通りっていうのなら……、っていうことで砂町銀座まで出かけた。

L10002732_20200626161401

 我が家から砂町銀座まで行く方法は二通りあって、ひとつは都営地下鉄三田線で千石から神保町まで乗って、そこで新宿線に乗り換えて大島まで行く方法と、もう一つは駒込から東京メトロ南北線で飯田橋で東西線に乗り換えて南砂町まで行く方法だ。

 いずれにせよ大島か南砂町から砂町銀座までは少し歩くんだが、まあ、一日一万歩、歩くことを目標にしているんで、まあ、どうということはない距離ではある。ただし、昨日みたいに暑い日じゃなかったらね。

L10002792

 さすがに21mmの超広角レンズだと、このくらい狭くてゴチャゴチャした通りには適した焦点距離で、なんかいい感じである。

 砂町銀座はフォクトレンダーのウルトラ・ワイド・ヘリアー12mmでも撮影したことがあるんだが、まあ、21mm位がちょうどよい加減の焦点距離かも知れない。

L10002772

「銀座ホール」というお店は、中央区の銀座なのか、砂町銀座なのかは知らないが、なんかすごくレトロな感じの「ミルクホール」みたいで、これまたいい感じ。画面の真ん中からちょっと左に写っている小人みたいなお婆さんは、私が撮影した時には気が付かなかったんだけれども、どうも鏡に映ったお婆さんのようだ。

L10002652

 しかし、事前に危惧した通り、ちょっと行く時間が早かったようで、まだ開いていない店なんかもある。やっぱり砂町銀座は観光地じゃないので、もうちょっと遅い時間、出来れば夕方辺りに来ればもっといい写真が撮れたんだけれどもなあ。

L10002672_20200626161501

「坊主の接骨院 坊主の鍼灸院 『坊主』」っていうお店(?)は前からあったかなあ。

L10002682

 日差しの強い日で、なんか「光と影」のコントラストがよい加減ですね。

L10002592

 江東文化センターの小松崎軍次先生(元・江東区長)も暑そうだ。

 えっ? 昨日のブログで『「狭くてゴチャゴチャした町」っていうのなら東京には沢山あるし、それこそ砂町銀座なんて最高なんだけれども、でも、最初のテストでそこを選ばなかったというのは、まあ、自分なりに合理的な理由があるんです。
 まあ、それはいずれ砂町銀座を取材したときに解明されるでしょう。』って書いたオトシマエはどうつけるんだ? って?

 う~ん、そんなのありません。

LEICA M-E TTArtisan 21mm f1.5 ASPH @Kitasuna ©tsunoken

« TTArtisan 21mm Test Shooting in Yokohama China Town | トップページ | いつもの散歩道から:東京ゲーテ記念館 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« TTArtisan 21mm Test Shooting in Yokohama China Town | トップページ | いつもの散歩道から:東京ゲーテ記念館 »