無料ブログはココログ

chotoku.note

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

フォト

« 『百鬼園写真帖』の楽しみ方 | トップページ | マスコミ入社でよくある設問 »

2020年5月12日 (火)

『東京カメラスタイル(TOKYO CAMERA STYLE)』っていう本が、バカバカしくて面白い

 テレビを見ていると、なんか「お尻の穴がムズ痒くなって」しまうような、「偽善的」な番組ばっかりで、なんか見る気がしなくなっちゃいますね。

 んで、アホな企画っていうか、なんともはや「東京でどんなカメラが、今、使われているのか全取材」みたいな本なんだが、だからってそれが何なのよ? ってなもんですね。

 要は、2004年以来東京に住んでいるカメラマン、ジョン・サイパル氏が東京で取材した3,000人を超えるカメラ愛好家から「貴方ノ持ッテイルキャメラ、見セッテクダサーイ」ってな取材をして、それをブログに載せていたので、それを面白がって本にしちゃったってなもんである。

 誰が読むんだろう。ああ、私が読んでしまったのか。

Photo_20200510160101

『TOKYO CAMERA STYLE (東京カメラスタイル)』(John Sypal著/Thames & Hudson/2015年2月17日刊)

 ということで、収録というか撮影されたカメラ群を総括してみると以下の通り。

 順番は<メーカー(あるいはブランド名)><取材された台数><備考:機種名等>

35mmレンジファインダー
キャノン                   5
コンタックス             3 G2のみ
フェド                      1
フジフイルム             1
キエフ                      1
コダック                   1
コニカ                      3
バルナック・ライカ     2
M型ライカ               42
ライツ・ミノルタ        1 CL
ミノルタ                   2 CLEのみ
ニコン                      5
オリンパス                1
フォクトレンダー       7 Bessaのみ
ヤシカ                      2
ツァイス                   5 Zeiss Ikonのみ

中判レンジファインダー
フジフィルム             6
マキナ                      2
マミヤ                      5
プラウベル                1

デジタル・レンジファインダー
ライカ                    12

35mm一眼レフ
アサヒペンタックス    8
キャノン                15
コンタックス            6
エキザクタ               1
ライカ                     1
ミノルタ                  2
ニコン                   34
オリンパス               6
プラクチカ               1
ローライフレックス    1

中判一眼レフ
アサヒペンタックス    8
ブロニカ                  3
ハッセルブラッド       4
マミヤ                     3
ローライ                  1
ゼニス                     1

デジタル一眼レフ
キャノン                  2 5D,d MK3
ニコン                     1 D50

35mmハーフサイズ
オリンパス               5 Fのみ
リコー                     1 オートハーフ

35mmコンパクト
コンタックス            1 T2
フジフィルム            1
コニカ                    1

デジタル・コンパクト
リコー                    2 GRD

中判二眼レフ
アルペンフレックス   1
マミヤ                    1
ローライフレックス   8

中判ワイド
ハッセルブラッド      1

大判
ホースマン              1
リンホフ                 1

トイカメラ
レゴ                       1
ロモグラフィ            2
スーパーヘッズ         1

インスタントカメラ
フジフィルム           1
コニカ                    1
ポラロイド              3

その他
手製中判360度レンズ付き 1

合計 240

 まあ、それは2015年という発行年度を見ると、まさしくその時代らしい様相を呈しているんだなあ。

 ちょうど、アナログからデジタルへの移行期であるというのが、この一般日本人、でもちょっとカメラオタクが入っている日本人がが持っているカメラの状況から見て取れる。

 基本的には、まだアナログ一眼レフとアナログ・レンジファインダーが一般的だったんだろうなあ。「ニコン一眼34台」と「M型ライカ42台」っていうのがそれ。「一眼レフというのはしっかり写真を撮りたい人」用、「レンジファインダーはカッコつけて写真を撮りたい人」用って感じの使い分け作法があったかなかったか。

 35mmハーフサイズではオリンパスが5台とも「オリンパス・ペンF」っていうのは好感度。あの、ペンタプリズムがない形態の一眼レフっていうのがすごくユニークで、本当はミラーレス一眼の究極のスタイルだと思うんだが、「やりだしっぺ」のオリンパスがペンタプリズム付きのミラーレス一眼だもんなあ。

 35mmレンジファインダーの「フォクトレンダー」と「ツァイス」っていうのは、両方とも「旧フォクトレンダー」「旧ツァイス」じゃなくて、日本信州のコシナ製であることはご明察の通り。

 ちょっと残念なのはレンジファインダー・デジタルでライカがM8、M9などで12台あるんだが、それに先行してデジタル・レンジファインダーを出したエプソンRD-1を誰も持っていなかったのがちょっと残念。ちなみに、「RD-1」っていうのは「レンジ・ファインダー・デジタル1号機」っていう意味で、かなりエプソンとしては力が入っていたんだと思うんだけれども、まあ、ライカが本気でデジタル戦略を始めちゃって、更にそれまで以上にブランド戦略に走っちゃったてんで、そうなると「こりゃ敵わんわ」ってなもんで、エプソンはカメラから撤退しちゃったのはちょっと残念。最近、私もデジタル・ライカを手に入れちゃったんでまったく使わなくなってしまったんだが、エプソンRD-1sは以前は一番使っていたレンジファインダー・デジタルカメラで、なかなか「黒」の表現が好きだったんで良かったんだけれども……、少しは使ってあげないとなあ。

 まあ、まだデジタル一眼レフでは、キャノンが2台で5D、とMK3、ニコンがD50が1台だけという時代で、まだ35mmフルサイズ・デジタル一眼もそれこそミラーレス一眼なんてのも、まだまだ先のお話という時代だったんですね。

 で、問題は「そんなことを研究して何になるの?」ってことなんでしょうけれども、まあ、何にもなりませんね。

「考現学」としては意味があるんだろうけれども、しかし「考現学」自体が、まあ知識人のお遊びみたいなものなので、これまた今後に残りそうもない。

 まあ、取り敢えず、「現状どうなのかな」ってことを確認するためには、何となく役には立ちそうだが、それだけですね。

 ああ、それが面白いのか。

Photo_20200511133701©Jhon Sypal

 腰巻にも使われている写真なんだが、今どきフラッシュ・ガンなんて使っている人がいるんだ!

 『TOKYO CAMERA STYLE (東京カメラスタイル)』(John Sypal著/Thames & Hudson/2015年2月17日刊)

« 『百鬼園写真帖』の楽しみ方 | トップページ | マスコミ入社でよくある設問 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『百鬼園写真帖』の楽しみ方 | トップページ | マスコミ入社でよくある設問 »