無料ブログはココログ

chotoku.note

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

フォト

« 埼京線板橋駅滝野川口「喫茶ケルン」 | トップページ | 品川駅港南口 »

2020年5月29日 (金)

「緊急事態宣言」解除の街から

 政府による「緊急事態宣言」が解除されたので、街に出てみた……、って、全然ウソで、それ以前から勝手に不要不急の外出を毎日していたんですがね。

L10025152

 まあでも「緊急事態宣言」が解除されたんで、街には人出も多少なりとは増えている感じが見えてきている。

L10025182

 でも、その一方で我が家の周辺では今日でも家族と過ごしているお父さんなんかも沢山いたりして、今でも継続して「ステイホーム」「テレワーク」をしているサラリーマンが数多くいるっていうことなんでしょう。

L10025192

 結局、「仕事は会社に出てきてやるもの」っていう古臭い概念に囚われていた「これまでの仕事のやり方」なんだけれども、やむなく「テレワーク」や「ホームワーク」を実施してみたら、結構それでも仕事ができちゃった、ならそのままテレワークでもいいんじゃね? っていう会社が出てきたのかもしれない。

L10025252

 テレワークで仕事ができちゃうんなら、それまで構えていた大きなオフィス、広いオフィスなんかは必要ないし、まあ、週に一回か、月に一回の「業務進行状況報告会議」とか「新規企画会議」くらいをやる場所があれば、会社はやっていけちゃうんじゃん。そんならこれまで毎月払っていたオフィスのレンタル料なんかの不動産支出とか、従業員の通勤費なんかが、いかに無駄なもんかってのが分かっちゃったんですね。

 結構、そういうことに気がついちゃった企業・経営者って多いんじゃないだろうかなあ。

L10025272

 ってなころで、「ポスト・コロナ」時代の働き方としては「時間で測る仕事量」ではなくて「成果で測る仕事効率」という具合に、日本人の働き方が変化するのかもしれない。

 私は出版社にいて「裁量労働制」ってやつで働いていて、「仕事は時間じゃない、成果だ」っていうのを経験してるんで、なんかそういう方が仕事のやり方としてはシックリするんですね。

 いまや、「皆で頑張るお仕事」じゃなくて、「一人ひとりが頑張るお仕事」の時代ですよ。勿論、人の手助けが必要なら、それはそれで、仲間同士で助け合えばいいってことですね。そのための「社内ネットワーク」でしょ(私はそんなもんに頼れなかったんで、「社外」ネットワークも使っていたんだけれどもね)。

L10025392

 もうね「残業したから偉い」んじゃなくて、「残業なんてしなくても、同じ成果を上げられるのだから、エライっていう時代に変わるんじゃないでしょうか。

 いやはや、「コロナウィルス禍のおかげで日本人の働き方改革ができた」っていうのであれば、まさしく「禍を転じて福と為す」という、一大成果ですね。

 本当にそうなるんだろうか?

LEICA M-E LEITZ ELMARIT-M 28mm f2.8 @Waseda Yotsuya ©tsunoken

« 埼京線板橋駅滝野川口「喫茶ケルン」 | トップページ | 品川駅港南口 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 埼京線板橋駅滝野川口「喫茶ケルン」 | トップページ | 品川駅港南口 »