無料ブログはココログ

chotoku.note

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

フォト

« 荒川遊園地が工事中だってのは知っていたけれど | トップページ | 『秘境旅行』 »

2020年4月27日 (月)

そりゃあホコテンだってやってないよな

 小池都知事から"Stay Home Week"宣言が出ちゃった以上は、もうどこにも出かけられないなっていうことで、新橋まで出張って、神田まで歩いた。

 って、おいおいそれじゃあ外出自粛じゃないじゃないか、ってことなんですけれども、まあ、このアホはどうしようもないですな。でもまあ、そんなに人に迷惑を与えるような外出じゃないので許してくださいな。ちゃんとマスク(アベノマスクじゃないよ)もしているし。

Dsc_00052_20200426170301

 で、まあ、いつもの新橋駅で降りて銀座通りを歩くっていう、私の(後期)写真人生の原点みたいな撮影場所を歩いたわけです。

 しかし、本当に銀座通りは人出がないなあ。まあ、インバウンドがなくなって中国人の数が激減したところまでは覚えているんだが、いやあ、ここまで見事に少なくなっているんですね。

Dsc_00082_20200426170301

 勿論、「歩行者天国」なんてものは実施していない。

 銀座の「歩行者天国」は1970年(昭和45年)8月2日に、当時の美濃部亮吉都知事の指示で、ここ銀座通りほか、新宿、池袋、浅草などで実施されたのが一番最初だ。うん、渋谷が入っていないのが、まさしく「時代」ですね。まだ、渋谷は今みたいな「繁華街の代名詞」じゃなかったんだ。渋谷はまだ用賀とか二子玉川へ至る「江戸の出口の町=田舎町だったんですね。

Dsc_00132_20200426170401

 勿論、皆さん従順な都民ばっかりだから、結局、銀座通りは本当に人通りは少なくて、っていうか本当に「人っ子一人として歩いていない」っていう感じですね。

Dsc_00182_20200426170401

 勿論、いつも銀座に行けば必ず覗く、銀座ニコンプラザとか、本の教文館とかアップルストアとか伊東屋なんかも、みんな閉店しているので、やっぱり銀座は既に「死んだ街」になっているんだな。

 デパートも開店していないし、もう、行くところはありません。

Dsc_00242_20200426170501

 勿論、「死んだ街」とはいえ、そこで「生きている人」はいるわけで、そんな人たちのために街は「待っている」のであります。

Dsc_00292_20200426170501

 あとは「いつ」街が生き返るのだろうか……、ってことなんですよね。

NIKON Df AF NIKKOR 85mm f1.8 @Ginza ©tsunoken

« 荒川遊園地が工事中だってのは知っていたけれど | トップページ | 『秘境旅行』 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 荒川遊園地が工事中だってのは知っていたけれど | トップページ | 『秘境旅行』 »