無料ブログはココログ

chotoku.note

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

フォト

« 『GR読本』 | トップページ | 盛り場からずっと離れて »

2020年4月15日 (水)

ハンコを押すために出社した。

 たまたま乗った山手線に面白いポスターを発見。

「ハンコを押すために出社した。」というのがキャッチコピー。それに前後して「テレワークが始まった。」というサブコピーと「本当に必要な仕事って何だろう。時間をかけるべき仕事って何だろう。企業のペーパーレス化を支えるSmartHRは、今日も全国20,000社で採用されています。」というボディコピーが効いている。

Photo_20200414153701©SmartHR

 SmartHRという会社は「クラウドを使用した人事労務ソフト」を手掛ける企業らしい。SmartHR社の4月6日付のプレスリリースには『医療・介護領域における人材紹介・派遣サービス大手のTSグループ(株式会社TS工建、株式会社ティスメ、メディアメイド株式会社、本社:大阪府大阪市、代表取締役 CEO:笹井 英孝)は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大により、これまで紙で行っていた入社手続きを非対面で完結すべく、株式会社SmartHR(本社:東京都港区、代表取締役:宮田 昇始)が運営するクラウド人事労務ソフト「SmartHR(スマートエイチアール)」を2020年4月1日より導入したことをお知らせいたします。
 これにより、新入社員の受け入れ時に必要となる雇用契約書およびその他の入社手続き書類のオンライン上で申請・締結が可能となりました。』とある。

 まあ、要はテレワークとかハウスワークとか、要はオフィスとかデスクとかに縛り付けられない仕事の進め方というものを実現するためのソリューションを提供する会社がSmartHRという会社なんだろう。

L10012062

 いやあまさに時宜にかなったコマーシャル・メッセージというところなんだろう。

 この日、まさしく丸の内のオフィス街、つまり三菱村の総本山がどうなっているのかというテーマで見に行こうというその直前にみた車内ポスターなのでありました。

L10012172

 それもあるけれども、「医療・介護領域における人材紹介・派遣サービス大手のTSグループ」ってのが、たまたま私の息子が所属している会社だった、ってのもあるんですけれどもね。別に息子が所属する会社がそんなリモートワークのソリューションを提供している方の会社ではなくて、利用しているだけの立場なんだけれども、でも、取り敢えずは息子も今やリモートワークで週に半分位しか出社はしなくてもいいらしい。

L10012222

 で、行った先の丸の内だって、殆ど社員は出て来ていないんだろうな、っていう予想通り人の少なさではある。

 丸の内に着いたのが12時過ぎなので、今までだったら周囲のビルから「三菱村」の各本社に勤めるサラリーマンがワラワラと出て来て昼飯をどうしようかと、数人ごとのグループでウロついている、っていうのが普通の光景だったのだが、そんな姿はまったく見られずに、ほとんど歩く人は見られないという「奇妙な光景」があるのみなのだ。

 まあ、例えば三菱重工だって、生産の現場はとにかく「人」が動いていなければ、現場は動かないけれども、本社のデスクワークをやっている連中は別にオフィスにいなくても、家でパソコン(メールとチャット)があれば、なんだよ会社は動いているじゃないか、ってなもんなんですな。

L10012252

 じゃあ、丸の内のオフィスワーカーってなんなのよ。彼らが普段オフィスでやっていることは「何なのよ!」。

 結局、権謀術数に明け暮れて、如何に部署とか会社という名前の「小権力」、部署という名の「小権力」をつかむのかという、それぞれの会社の「小さな権力争い」をするために、毎日毎日会社に出勤してきているっていうことなのか。でも、その彼らの動きが、自分では意識していないだろうけれども、多ければ数万人の運命を左右する結果となったりするんだから、結構、その罪は重たいってことなんですね。

 まあ、このコロナウィルス禍が終わってみたら、その辺の『半沢直樹』やら『下町ロケット』などの、丸の内だけで仕事をしている人たちの足元が危うくなってくれると、もうちょっと現場の人たちを救えるんだけれど……、っていう風にはならないだろうなあ。多分。

 小説だけの世界なんですね。所詮。

L10012302

 結局、前に戻っておしまいなんだろうなあ。

 なんせ、明治政府と一緒にこの国を作ってきた三菱が、第二次世界大戦に負けても、財閥解体してもなお復活し、未だに日本を支配している国なんだもんなあ。

 そうか、ポイントは長州か。未だに「長州政権」だもんなあ。

 じゃあ、もう一度「薩長抜き」で明治維新ををやりますか。

LEICA M-E LEITZ ELMARIT-M 28mm f2.8 @Marunouchi ©tsunoken

« 『GR読本』 | トップページ | 盛り場からずっと離れて »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『GR読本』 | トップページ | 盛り場からずっと離れて »