無料ブログはココログ

chotoku.note

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

フォト

« んじゃあ、荻窪はどうなのよ | トップページ | 『死せる街』 »

2020年4月 6日 (月)

文京区の小学校入学式

 結局、「東京ロックダウン」にはならなかったんだけれども、まあ、日本人の順応性から、それぞれの判断で「不要不急の外出」はしなくなるわけで、その辺が「市民革命」が根付いているヨーロッパと違うところなんだろうなあ。まあ、未だに日本人には「お上」っていう意識があるもんなあ

 で昨日の話。

 我が家のベランダから文京区立昭和小学校の校庭が真正面に見える。毎朝、そこから元気な小学生が始業前に飛び回っているのを見るのは、なかなか楽しいものである。それがあるから今のマンション(つまり建て替え前のマンション)を買ったんだだけれども。

 昨日はなんか、朝早くから校庭に椅子を並べたりしているので、てっきり「今日は新入生の入学式か」と思ったんですけれどもね。

Dsc_00012_20200406203901

 昨日の夕刊を読んでみたら各地の小学校の入学式の様子が報道されていて、日経新聞には杉並区の久我山小学校の入学式の様子が写真付きで載っていた。それによれば「会場を体育館から校庭に変更し~国歌や校歌の斉唱はなく~」校長の呼びかけなど約10分で終了というものだった。入学式用に並べられた椅子も、隣との間隔をかなり広く開けた配置になっている。

Dsc_00042_20200406203901

 それからすると文京区はさらに簡素なやりかたで、校庭に間隔をおいて椅子は並んでいたのだが、新入生がそれに座って入学の行事を行うこともなく、なんか奥の方のテーブルで書類を受け取ると、それでおしまいというようなやり方だったようだ。

Dsc_00152_20200406203901

 まあ、荷物置き場として椅子は使っていたようだが、でも、それだったらそんなに間をおいて椅子を並べる必要はなく、やはり何かの行事をやるつもりだったんだけれども、結果としてそれはやらなくなったというような、慌ただしい行事変更があったんだろうな。

Dsc_00222_20200406203901

 まあ、それも今年の小学新入生にとっては、後になっていい思い出にはなることだろう。「私の小学校入学式は新型コロナウイルス騒動でやらなかったんだ」ってな思い出である。

Dsc_00172_20200406204001

 私たちの世代のような「オイルショックによる不況で、大学を出たけれども内定取り消し」なんて悲惨な思い出よりはいいかな。

NIKON Df AF NIKKOR 24-85mm f2.8-4 D, AF NIKKOR 80-200mm f2.8 @Hon Komagome ©tsunoken

« んじゃあ、荻窪はどうなのよ | トップページ | 『死せる街』 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« んじゃあ、荻窪はどうなのよ | トップページ | 『死せる街』 »