無料ブログはココログ

chotoku.note

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

フォト

« 塚原琢哉写真展・変わらない日常 1970 | トップページ | 「変わらない日常」tsunoken版 »

2020年3月11日 (水)

やっぱり、コロナウィルスなのかなあ

 一昨日、ストライプハウスギャラリーに行った後に、まあ、いつものコースで六本木ヒルズ経由で、六本木ミッドタウンまで行った。

 六本木ミッドタウンにはフジフイルムホールディングスが入居していて、その関係で「フジフイルムスクエア」というのがあって、そこでいろいろな写真展をやっているので、たまに行ったりしているのだった。

L10000502_20200309220901

 で、言ってみたら……ありゃりゃあ! コロナウィルスの関係でお休みなんだと。

 うーん、別にそんなに人が沢山集まるようなイベントじゃなかったんだけれどもねぇ、所詮、写真展なんてね。

 ストライプハウスなんて私一人しかいなかったしなあ。まあ、コロナウィルスに乗じて経費節減ってのが富士フイルムの狙いなのかな?

L10000522

 まあ、そんなわけで「写真展ネタ×二本立て」を狙ったんだけれども、それが叶わなくなってしまったっていうテイタラク。

L10000552_20200309220901

 まあしょうがないので、檜町公園をブラブラ歩きながら赤坂見附まで歩こうかななんて考えて、歩き始めたんですが……、真昼間からサングラスに首からライカをブラ下げてフラフラ歩いている男なんて、実に怪しい奴なんですね。特に、檜町公園で遊んでいるお母さんと子供達にとってはね。

L10000542

 デザインサイトの「㊙展」もやっぱりコロナウィルスでもって閉館。

 なんかなあ、皆してコロナウィルスを理由にして仕事をサボっているっていう感じなんですね。もう、そんなことやっていて日本経済はどうなっちゃうんだ! なんて言っても、今は届きません。

L10000602_20200309221001

 な~んて、赤坂見附まで戻ってきてみれば、一ツ木通りの老舗「金松堂書店」はまだまだ(元気かどうかは知りませんが)営業中。やれやれ。

L10000672_20200309221001

 それ以外の赤坂のお店はもうなんだかかんだか分からなくなってしまっています。もう、昔の赤坂じゃない。

LEICA M-E VOIGHTLANDER COLOR-SKOPAR 21mm f4 @Roppongi & Akasaka ©tsunoken

« 塚原琢哉写真展・変わらない日常 1970 | トップページ | 「変わらない日常」tsunoken版 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 塚原琢哉写真展・変わらない日常 1970 | トップページ | 「変わらない日常」tsunoken版 »