無料ブログはココログ

chotoku.note

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

フォト

« 文京グリーンコート | トップページ | ムサコ噺最終章・武蔵小金井・はけの道 »

2020年3月 7日 (土)

船橋・金杉台団地

 JR、京成電車、東武アーバンパークライン(笑)の船橋駅北口から20分ほど新京成バスに乗ると金杉台団地に着く。

 行く方法は、医療センター経由と、市立体育館・市民プール入口経由の二通り。医療センター経由だと、途中に何もない。

L10008112

 金杉台団地って何なんだろう?

 金杉台団地(かなすぎだいだんち)は、千葉県船橋市金杉台にある住宅団地で、1970年(昭和45年)に旧日本住宅公団により造成された大規模な公団住宅である。基本的に分譲団地なんだが、団地の一部を構成する賃貸用建物のみ、独立行政法人都市再生機構(UR都市機構)が管理する。

L10007992

 同じ船橋市とは言っても、海に隣接している船橋の町から、丘の上に上がってきた台地上にあるのが金杉台団地。まあ、船橋の町が津波にあってとしても、ここまでは来ないだろうっていう場所にあるわけですね。でも当然、団地の中は坂道ばっかり。住民は坂道をエッチラオッチラ歩かなければいけない。

 建物は全部5階建てという中層住宅なので、エレベーターなどの設備はなく、住民は今度は階段をこれまたエッチラオッチラ歩いて上がるしかないわけですね。

L10008042

 開発されてから既に50年が過ぎている団地なので、最初の頃に入居した人たちはもう既に傘寿(80歳)か卒寿(90歳)っていう位の年齢である。

L10008052

 しかしながら、団地のショッピングセンターも、まともに営業しているのはセブンイレブンと郵便局くらいしかない。

 後は、お隣の夏見台か船橋駅近辺までバスで行かないと、ろくな買い物もできないような場所にある。

L10008062

 まあ、それでも金杉台団地の住民にしてみれば、東京の高島平団地なんかよりは高台にあるというメリットがあるだけましだ、っていう意識も少しはあるのかもしれない。

L10008092

 そういう場所に数十年も暮らしていると、それが当たり前になっているので、さほど苦にはならないのかなあ。

L10008192

 それは現在そこに暮らしている人たちの問題なので、別に問題はないんだが、そこで暮らしている人たちが亡くなった後が問題だなあ。

 誰も、その団地の住居を受け継ぐ人はいないだろうし、かといってそこが再販売されるほどに需要があるわけでもなさそうだっていうことなんですね。

 ヘタをすると「不良資産」になってしまうもんなあ。

LEICA M-E VOIGTLANDER COLOR-SKOPAR 21mm f4 @Kanasugidai Funabashi ©tsunoken

« 文京グリーンコート | トップページ | ムサコ噺最終章・武蔵小金井・はけの道 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 文京グリーンコート | トップページ | ムサコ噺最終章・武蔵小金井・はけの道 »