無料ブログはココログ

chotoku.note

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

フォト

« 変態レンズ in Chainatown | トップページ | 横浜拾遺、セルフポートレイト »

2020年2月15日 (土)

ゆりかもめの駅名が変わっていた!

 なんとなくグーグルマップを見ていたら、ゆりかもめの台場の次の駅の名前が、私が知っている「船の科学館」駅とは変わっていた。名付けて「東京国際クルーズターミナル」駅。

 ってことで、早速行ってみた。

L10004562

 実は以前OAV『逮捕しちゃうぞ』シリーズでネタに使っていた、船の科学館に隣接している屋外展示場にあった二式飛行艇がなくなったことは知っていたんだが、駅名まで変わったいたことは知らなかった。

L10004582

 ついでに、以前は船の科学館に隣接しておかれていた南極観測船「宗谷」も少し移動して、青海北ふ頭公園の方に移っている。

L10004652

 もうちょっと先まで歩いてみると、芸能人が麻薬や覚せい剤で捕まると拘留されることで有名な、湾岸警察署の裏にある青海客船ターミナルの沖合に、その「東京国際クルーズターミナル」が工事中だった。

L10004772

 なぜ、こんなところに国際線ターミナルが出来るのか。

L10004752

『晴海ふ頭の晴海客船ターミナルには、国際クルーズ路線に対応した出入国管理設備があるが、レインボーブリッジ(高さ52m)により大型クルーズ客船の寄港は困難で、品川埠頭、大井ふ頭の貨物用埠頭を利用するクルーズ船もあった。そのため東京の新しい玄関口として2020年東京オリンピックが開催される、2020年開業に間に合わせ、ターミナルビルの建設を決定した。 』(Wikipedia)っていうのが、その理由。

 レインボーブリッジって、それこそボーイング747ジャンボでもくぐれてしまう高さ・大きさがあるような気がしていたんだけれども、でも大型クルーズ船は通れなかったんだなあ。

Dsc_00332_20200214171401晴海客船ターミナル NIKON Df AF NIKKOR 20mm f2 ©tsunoken

 ってことで、青海客船ターミナルの先に東京国際クルーズターミナルなるものを作っているのであります。そんなことはレインボーブリッジを作る時に考えておかなかったのかなあ、とも思うんだけれども、どうなんだろう。

 レインボーブリッジは着工1987年、竣工1993年なので、その当時は大型クルーズ船なんてものはなかったのか。なので、晴海客船ターミナルなんて、現在考えてみれば中途半端なものを作ってしまったんだろうなあ。

L10004682

 現在、建設中の東京国際クルーズターミナルはもう既に完成目前。大きさは横浜の大桟橋位の大きさなのかなあ。

 2020年7月14日が開業予定日でオリンピックに間に合わせ、終了後の秋にはクイーン・エリザベスが来航予定とのこと。

L10004732

 完成予定の予想図が置かれている。

LEICA M-E VOIGHTLANDER URTLA WIDE-HELIAR 21mm f4 @Aomi ©tsunoken

« 変態レンズ in Chainatown | トップページ | 横浜拾遺、セルフポートレイト »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 変態レンズ in Chainatown | トップページ | 横浜拾遺、セルフポートレイト »