無料ブログはココログ

chotoku.note

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

フォト

« Test Shooting by 12mm in Sunamachi Ginza | トップページ | 横浜、野毛へ……、何しに? »

2020年2月 3日 (月)

Last Test Shooting by 50mm in Real Ginza

 取り敢えず広角系のレンズによる砂町銀座での撮影テストは終わったので、その後は「本物の銀座」に出て、今度は50mm標準レンズでのテスト撮影。

 まだ、35mmレンズでの撮影はやってないんだけれども、それは50mmと21ミリのテスト撮影をやっちゃえば容易に想像できるので、まあ、最早テスト撮影じゃないところで35mmの撮影はやります。

L10000362

 絞りをf8位に絞っても十分撮影できる状況だったんだけれども、敢えて絞り開放にして被写界深度を一番浅くして撮影を行った。要は50mmレンズの「ボケ効果」の検証ってことでしょうか。

L10000402_20200201165501

 ただし、持っている50mmレンズはコニカがヘキサー用に作ったM-HEXSANON 50mm f2というレンズ。以前は沈胴式のライカ・ズミクロン f2 やズミルックス f1.4 なんかも持っていたんだが、それらはドナドナしてしまい、気が付いたらライカ用の標準50mmレンズが無くなってしまったので、慌てて買ったのがコニカ・M-ヘキサノンというわけ。

L10000462

 いやいや、このヘキサノンもいいレンズで、優れた解像度を持っている。まあ、ズミクロンと比較してもまったく遜色はない。

L10000502

 ね、このボケ具合もいいでしょう。

L10000322

 カメラがライカだからって言っても、別にそれにライカ・レンズを使わないと撮影できないって訳じゃなくて、外部メーカーでもいいレンズがあればどんどん使ってよいのだ。

 それが「カメラ文化」っていうものですね。

LEICA M-E KONICA M-HEXANON 50mm f2 (Shooting by opening position) @Ginza ©tsunoken

« Test Shooting by 12mm in Sunamachi Ginza | トップページ | 横浜、野毛へ……、何しに? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Test Shooting by 12mm in Sunamachi Ginza | トップページ | 横浜、野毛へ……、何しに? »