無料ブログはココログ

chotoku.note

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

フォト

« 吾輩はやにゃかである | トップページ | デジタル・ライカを買ったぞ! 買ったぞ! 買ったぞ! »

2020年1月30日 (木)

ニコン大井製作所がなくなったんだけれども

 JR京浜東北線大井町駅を降りたら、取り敢えず光学通りですよね。

 ニコンの大井町製作所に行く、ゆったりとした上り坂です。

Epsn00082_20200129174701

 その上り坂を登り切ったところにあるのが(あったのが)ニコン大井製作所であります。

 2016~17年に取り壊しが始まって、今や工場があった場所は整地されて、なおかつ舗装までされています。

Epsn00172_20200129174701

 ニコン大井製作所の101号館は、第二次大戦後、それまで日本帝国海軍の測距儀を作っていた日本光学が、レンジファインダーのカメラ、ニコンⅠ型から、一眼レフの銘機ニコンFまでを製作していた、ライカのウェッツラーに並ぶ、ニコンの大井という位の、名工場であった。

 その後の、F2からF4までの試験機が作られたのもここニコン大井製作所101号館。まさしく、日本の戦後カメラ史とともにある聖地なのであります。

Epsn00252_20200129174701

 取り壊しが始まった頃に見に来たんだけれども、その後、ずっと見に来ていなかった。

 で、もうしばらく来ていなかったので、「ニコンの工場跡は、今やマンションである」なんて記事が書けるかななんて気持ちで来たんだけれども、「あれっ? なんにもできていないなあ。というか、整地をして舗装までしているんだけれども、実は何にもない場所になっている!」ってな驚きと共にその跡地は存在しているのであった。

Epsn00232_20200129174801

 どうも、ニコンとしては大井製作所の跡地をどうするのかを決めていないらしいんですね。まあ、実際には決めているんだろうけれども、対外的に発表していないだけなのかも知れないけれどもね。

 地元の共産党区議団は

『共産党は「ニコンに跡地計画が、まだ無いのであれば土地の購入を申し入れ、スポーツ広場、特養ホーム、認可保育園などの計画を作ってはどうか」と質問。区は「民間の土地なので、区民の考え方を見極めたい」との慎重な姿勢を示しました。
 一方、自民党は「うまく再開発に絡めれば」との提案がありました。
 これだけの土地を、またマンション開発等にするのではなく、スポーツができる広場や福祉施設、震災時には広域避難場所や仮設住宅に使える計画こそ区民の願いでは……。』

 なんて暢気なことを言っているんだが、実はこの土地の南には西大井広場公園という、とても大きなスポーツ広場が付いた公園があって、今更、この工場跡に公園を作る必要はないんじゃないかっていうのが、周辺住民の考え方じゃないんだろうな。

Epsn00092_20200129174801

 まあ、いずれにせよ東京のど真ん中にこんな空き地を持っていられるなんて、まあしばらくはニコンも安泰、ってことなんでしょうね。

EPSON R-D1s VOIGHTLANDER COLOR-SKOPAR 21mm f4 @Oi ©tsunoken

« 吾輩はやにゃかである | トップページ | デジタル・ライカを買ったぞ! 買ったぞ! 買ったぞ! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 吾輩はやにゃかである | トップページ | デジタル・ライカを買ったぞ! 買ったぞ! 買ったぞ! »