無料ブログはココログ

chotoku.note

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

フォト

« ちょっと強引なところもある『地形で解ける! 東京の街の秘密50』 | トップページ | 「定年後の生き方モデルは大府にある」のか? »

2020年1月13日 (月)

「ういろう」なのか「ういろ」なのか

 28歳から32歳まで名古屋に住んでいたことがあるのだが、大須観音に行ったことはなかった。それで今回名古屋に行ったのか、というとそんなことはなくて、あくまでも大須観音は「ついで」です。

Dsc_00042_20200112164801

 大須観音には行ったことはなかったのだが、大須の近所の商店街には行ったことがある。

 実は中古のエレキギターとか、これも中古のウーリッツァーのエレキピアノなんかを買ったのが、大須にあった中古楽器の専門店だったのである。

 せっかく大須まで行ったんだから、大須観音にお参りに行っても良さそうなもんなのだが、一度も行ったことがないという、実に無信心な男ではあったのであります。この男は。

Dsc_00192_20200112164801

 で、今頃になって大須観音にお参りに行くなんて、何故だ? とお思いでしょうが、これまた別に信心からではない。

 実は「青柳ういろう」と「大須ういろ」のそれぞれの本店が、大須商店街に軒を並べていることを知ったからなのだ。

Dsc_00072_20200112164901

 大須ういろはその名の通り大須観音の商店街にあるのはなんとなく頷けるのだが、青柳ういろうまで大須商店街にあるとは知らなかった。

 創業明治12年の青柳総本家大須本店の所在地は名古屋市中区大須2-18-50。創業昭和24年の大須ういろの本店(本社は別のところにある)は名古屋市中区大須2-18-42。とまあ、本当に軒を並べている状態、っていうか2店の間には3軒くらい別の小さなお店があるだけで、本当に踵を接して同じ商店街に鎮座しているのだ。

 まあ、創業年度からすると青柳総本家に軍配は上がるのだが、その店のすぐそばに堂々とあらたにお店をだした大須ういろってのも結構豪気なもんですね。

Dsc_00062_20200112164901

 まあ、東京の浅草観音もそうだけれども、いかにも下町情緒タップリな大須観音近辺ですね。

Dsc_00132_20200112164901

 あれっ? 「いらんものはコメ兵に売ろう!」でお馴染みのコメ兵本店も大須だったんだ。今や東京の新宿にも店を開いてる、日本最大級のリサイクルショップです。

 そうか、大須ってもともとリサイクルショップの街だったんだな。

Dsc_00212_20200112164901

NIKON Df AF NIKKOR 20mm f2.8 D @Osu Nagoya ©tsunoken

« ちょっと強引なところもある『地形で解ける! 東京の街の秘密50』 | トップページ | 「定年後の生き方モデルは大府にある」のか? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ちょっと強引なところもある『地形で解ける! 東京の街の秘密50』 | トップページ | 「定年後の生き方モデルは大府にある」のか? »