無料ブログはココログ

chotoku.note

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

フォト

« 赤羽駅西口は坂の街 | トップページ | 日吉から武蔵小杉へ »

2019年8月 8日 (木)

「ド根性ヒマワリ」って、何だ?

 地元ネタで申し訳ない。

 JR駒込駅北口の駅前には、まあ地元なので染井吉野桜記念公園があるんだが、その公園の隣に駅前交番があって、毎年、その交番の脇に毎年夏になると見事な向日葵が咲くんですね。まあ、多分、交番のお巡りさんが育てているんだろうけれどもね。

 その向日葵の名前が「ど根性ヒマワリ」というのだ。

Epsn00062_20190807172301

 なぜ、「ど根性ヒマワリ」なのか? 説明のプレートが下がっているので見てみよう。

Epsn00052_20190807172301

『東日本大震災の際、津波で甚大な被害を受けた宮城県石巻市で、2011年6月のこと。市内にある「がんばろう! 石巻」の看板の脇に流れ着いた1つのヒマワリの種が、がれきをかき分けるように芽を出しているのが見つかった。2ケ月後、ヒマワリは逆境に負けずに花を咲かせた。
”奇跡の花”は「ど根性ヒマワリ」と名付けられた。
被災者には「どうか、お元気で」、支援者には「いつまでも忘れないで」との思いを込めて…。

 令和元年 今年で9世となります。』

Epsn00082_20190807172301

 石巻市に「頑張ろう 石巻の会」というのがあって、そこで全国に東日本大震災のことを忘れ去ることのないようにと、無料で配布しているらしい。

Epsn00102_20190807172301

 頑張ろう 石巻の会のサイトには……

『『ど根性ひまわりへの思い』

ど根性ひまわりの使命は未来の
自然災害で犠牲者を出さないことです。
ど根性ひまわりに勇気をもらった一人として
育てて頂くことに感謝いたします。

このど根性ひまわりが次の世代につながり、
50世100世になった時
その種を育てた未来の子供たちが
東日本大震災のこと自然災害のことを話すきっかけとなり、
今後来るであろう大規模な自然災害への警鐘になれば幸いです。
力つよく育つこと楽しみにしています。』

Epsn00132_20190807172401

 ふ~ん、こんなところにも東日本大震災にからむものがあったんだなあ。

 今年で9世なので、50世100世って相当先の話なのだが、まあ、流行り廃りで終わらせてはいけない記憶ではあるのは確かだ。

Epsn00172_20190807172401

EPSON R-D1s VOIGHTLANDER COLOR-SKOPAR 21mm f4 @Komagome ©tsunoken

 

« 赤羽駅西口は坂の街 | トップページ | 日吉から武蔵小杉へ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 赤羽駅西口は坂の街 | トップページ | 日吉から武蔵小杉へ »