無料ブログはココログ

chotoku.note

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

フォト

« 等々力渓谷へは、東京駅から東急バスで | トップページ | 銀座までプリント受け取りに »

2019年8月31日 (土)

そんなわけで等々力渓谷なんだけれども

 そんなわけで、東京駅南口から東急バスで等々力渓谷に行ってきた。

 普通の日の夏だったら、木々に囲まれた渓谷ということで、結構涼しかったりして涼を求めて結構人出があるんですけれども。さすがに雨なので涼しいのは当たり前、でも全然人出がありません。

Epsn00232_20190829090601

 小雨パラパラのゴルフ橋も全然人の気配はありません。

Epsn00302_20190829090701

 それでも写生に来ている人たちも数人いるんですが、当然、それはそれ皆橋の下で絵を描いています。

Epsn00322_20190829090701

 まあ、でもこんなに静かな等々力渓谷っていうのも結構いいもんで、自分だけの風景をモノにできるっていうわけなんですね。

Epsn00342_20190829090701

 ってなことで、最早歩くことは諦めて、橋を渡って階段を上がれば等々力不動尊滝轟山明王院の境内です。

Epsn00422_20190829090701

「滝轟山」っていうだけあって、昔はこの等々力渓谷ももっと水量があって、滝なんかもあったらしい。今は滝とはいっても上の写真のような落差のない流れがあるだけですけれどもね。

Epsn00452_20190829090801

 等々力不動尊の境内で一休みして、早々に等々力を後にしました。

 えっ? 帰り? 勿論、大井町線で大岡山から南北線で帰ってきました。

EPSON R-D1s VOIGHTLANDER URTLA WIDE-HELIAR 12mm f5.6 @Todoroki ©tsunoken

« 等々力渓谷へは、東京駅から東急バスで | トップページ | 銀座までプリント受け取りに »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 等々力渓谷へは、東京駅から東急バスで | トップページ | 銀座までプリント受け取りに »