無料ブログはココログ

chotoku.note

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

フォト

« 八丁堀同心屋敷跡 | トップページ | "AKOMEYA"という「お米屋」(?) in Ginza »

2019年8月27日 (火)

駒込は秋祭りのシーズン

 真夏の最盛期を過ぎると、駒込周辺は早くも9月のお祭りシーズンになる。

Epsn00292_20190825225401

 毎年、最初に幟が上がるのが駒込日枝神社周辺の町会なんですね。

 でも、この日枝神社、あまり広報には力を入れていないようで、幟は上がるんだが、じゃあ、祭礼はいつなのかは町会の人しか分からないんです。

Epsn00382_20190825225401

 まあ、町会内で自己完結しているような祭礼なんで、それでもいいのかもしれないが、なんかもうちょっと周囲から来客(流行りの言葉で言えば「inbound」って言うんですかね)を呼び込む工夫をすれば、何しろ赤坂日枝神社の系列の神社なんで、もうちょっとは他所の人たちも来るんじゃないかって思うんですけれども、まあ、地元の人たちからは、あくまでも「地元のお祭り」として、粛々とやって行けばいいのではないか……、って考えているんでしょうかね。

Epsn00412_20190826101501

 一方、どうせ地元の祭りをやるんだったら、少しは盛大にやって、他所からも人を呼ぼうやってのが、我が駒込天祖神社と千石簸川(氷川)神社のお祭りです。実は「盛大にやらないと、神輿の担ぎ手が他所から来ない」っていうこともある、ってのが実情なんですけれどもね。やっぱり、駒込も「神輿の担ぎ手の高齢化問題」ってのがあるんですね。

Epsn00352_20190826101501

 駒込天祖神社のお祭りは、9月14日15日が各町内会の合同渡御と町内会内部の渡御。9月16日が天祖神社内での儀式っていう予定です。

 千石簸川神社もほぼこれと同じスケジュールです。

Epsn00032_20190826101901

 そりゃあ、浅草の三社祭や神田祭みたいなスケールの大きさはないんですが、それはそれ、町内会祭りっていうローカルなお祭りっていうのも楽しいもんですよ。勿論、神社境内には射的なんかのいわゆる「縁日の」出店も出ています。

「本郷もかねやすまでは江戸の内」と川柳に詠まれた本郷三丁目から二里ほど過ぎた、「一富士二鷹三茄子」で知られる、「富士神社」「鷹匠屋敷」「駒込茄子」のふるさと、駒込です。

Epsn00052_20190826102201

 本郷台地の上の街なんだけれども、基本的には「下町」である駒込です。

 一度、お運びを……

EPSON R-d1s VOIGHTLANDER COLOR-SKOPAR 21mm f4 @Komagome ©tsunoken

« 八丁堀同心屋敷跡 | トップページ | "AKOMEYA"という「お米屋」(?) in Ginza »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 八丁堀同心屋敷跡 | トップページ | "AKOMEYA"という「お米屋」(?) in Ginza »