無料ブログはココログ

chotoku.note

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

フォト

« 銀座みゆき通りのそもそもは? | トップページ | 甦る東京 »

2019年8月21日 (水)

佃島の今

 しばらく工事のために水を抜いてしまった佃堀に、再び水が張られたというので、見に行った。

Epsn00602_20190817221701

 浚渫工事なのかと思っていたのだが、そうではなくて桟橋を作る工事だったのだ。

Epsn00642_20190817221801

 確かに、桟橋の裏には釣り船屋さんなんかがあって、この店のための桟橋なんだろうか? だとしたら随分大きな桟橋だし、この釣り船屋以外にも使うことがあるんだろうか。

 勿論、「堀の水、全部抜く」って言っても、別にテレビ番組とは関係ありません。ごく普通に溝を抜いただけ。

Epsn00862

 まあ、佃堀にハゼ釣りに来ている人以外はほとんど人通りのない佃島なんだけれども、相変わらずの雰囲気だなあ。

 なんて風に歩いていたのだが、何故か違和感がある。

Epsn00662_20190817221801

 あれっ? そういえば一膳10,000円以上する江戸八角箸で有名な「漆芸 中島」という箸屋さんがなくなってしまっていて、普通の民家風になってしまっている。

Epsn00672_20190818122701

 まあ、こうやって次第に昔からの店はなくなっていき、新しい町が作られていくんだろうなあ。

Epsn00782

 ということで、今日も暑い佃島からお送りしました。

 って、薄味なレポートだなあ。

EPSON R-D1s VOIGHTLANDER URTLA WIDE-HELIAR 12mm f5.6 @Tsukudajima ©tsunoken

« 銀座みゆき通りのそもそもは? | トップページ | 甦る東京 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 銀座みゆき通りのそもそもは? | トップページ | 甦る東京 »