無料ブログはココログ

chotoku.note

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

フォト

« 音羽物語 | トップページ | そんなわけで等々力渓谷なんだけれども »

2019年8月30日 (金)

等々力渓谷へは、東京駅から東急バスで

 前日の晩、何故か「明日は等々力渓谷に行こう」と考えたんだが、当日はあいにくの雨。

 まあ、そんなものはすぐに晴れるだろうと考えて行った先は東京駅なんであります。

 何故、東京駅なのかと言えば、実は東急バスの東98系統という路線があって、東京駅南口から等々力操車所まで行く路線なんだが、これがいいんですね。はとバスの東京見物コースもいいけど、この路線バスの旅もなかなか捨てがたい味があります。結構、東京都心の有名どころを回って行くんです。結構、乗る距離も長いし。

Epsn00022_20190828195301

 スタートは東京駅南口3番乗り場。だいたい20分に1回くらい来るので、ひとバス逃してもちょっと待っていれば次のバスが来るから大丈夫。

Epsn00062_20190828195301

 東京駅南口を出たバスは、東京国際フォーラム前、馬場先門を通って日比谷へ到着。

 日比谷を出発するとそのまままっすぐに日比谷通りを進んで、内幸町、経済産業省前、虎ノ門一丁目、西新橋二丁目と通って、愛宕山下へ到着。

Epsn00082_20190828195301

 その後は、慈恵医大前、御成門小学校前を通って、東京プリンスホテルの前を右折して東京タワーへ。

Epsn00092_20190828195401

 そのまままっすぐに走って赤羽橋前、慶應義塾東門、そこを右折して一瞬国道1号線に入り、慶應義塾大前、三田五丁目、魚籃坂下、白金高輪駅前の次、清正公前からは目黒通りに入ります。

 そのまま白金台駅前、白金台五丁目、上大崎を経て目黒駅東口、目黒駅前を過ぎて権之助坂を下ります。

Epsn00172_20190828195401

 あとはひたすら目黒通りを進んで、大鳥神社前、元競馬場前、目黒消防署、清水、ここで運転手さんが交代して、目黒郵便局、鷹番まで来るとあと少しっていう感じになります。田向公園、碑文谷五丁目交番、碑文谷警察署、都立大学駅北口、中根町、八雲三丁目、産能大前、等々力七丁目、都市大等々力キャンパス東、玉川神社前、等々力四丁目ときて、等々力に到着します。バス路線の終点はもうひとつ先の等々力操車所なんですが、まあ、そこまで乗る人はまずいない。

 一度、終点まで乗ったことあがるんだが、結局、乗客は私一人だった。バカですね。

Epsn00202_20190828195401

 ここまで、東京駅南口から1時間と数十分。結構、時間はかかるんだけれども、途中の乗り降りのお客さんもいるんで、それを見ながらだから、まあ、それはそれでいい景色だってこともあるんですね。 

 まあ、電車で東横線か田園都市線でもって大井町線に乗り換えればたいして時間はかからないのだけれども、その行程がいいんですね。電車じゃ地下を走ったりして街が見えない。しかし、バスの場合は街の中そのものを走っていくので、まるで観光バスにでも乗った気分ではあります。

 で、等々力に着いたら空は晴れていた……、とはならずに、相変わらずの雨模様でした。

 さあ、これからどうしようかな。

EPSON R-D1s VOIGHTLANDER URTLA WIDE-HELIAR 12mm f5.6 ©sunken

« 音羽物語 | トップページ | そんなわけで等々力渓谷なんだけれども »

コメント

たまにこのバス路線は乗りたくなります。長いバス路線では東京駅からだと荒川土手、新宿駅からだと王子駅がありますね。等々力渓谷では一応表敬訪問で等々力渓谷を歩いて成城石井で買い物して帰ります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 音羽物語 | トップページ | そんなわけで等々力渓谷なんだけれども »