無料ブログはココログ

chotoku.note

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

フォト

« 何故、横須賀に行くのか? | トップページ | おばあちゃんの原宿も、暑さには勝てないようで…… »

2019年8月14日 (水)

毎月11日は弁天様の日

 最初は「大関横丁は何故、大関?」というタイトルでブログを書こうと思ったのだが、なんか、そのきっかけがつかめずに来てしまった、都電荒川線(「東京さくらトラム」っていうのは、なんか恥ずかしい)三ノ輪橋駅であります。

 暑いなあ……。都電に乗った王子駅では32度くらいだったのに、三ノ輪に着いたら35度だもんなあ。

Epsn00062_20190810162601

 でも、そんなことは気にせずに(というか、気にしてたら来れないでしょ)、三ノ輪駅前に展開するジョイフル三ノ輪商店街へ出陣だっ!

Epsn00162_20190810162701

 まあ、相変わらずのジョイフル三ノ輪なんだけれども、なんか少しづつ開いている店が少なくなっているような気がする。

 周辺にショッピングセンターとか大きなスーパーマーケットなんかがある訳でもないのだが、だんだん開いている店が少なくなっているっていうのは、「売り上げが落ちて商売が出来なくなっている」っていうよりは、もう店を継ぐ人がいないので、そのままやめちゃおうか、っていう感じで閉めている店が多いようだ。

Epsn00172_20190810162701

 ところがそんなジョイフル三ノ輪で新規店発見! 

 なんと、「1日1鉄」っていうブログでお馴染みの、鉄道写真家、中井精也氏が『ゆる鉄画廊』というギャラリーをオープンしたらしい。

 たしかに、都電荒川線の三ノ輪橋終点の脇っていうことで、ある種の鉄オタの人たちもたくさん来る場所だし、そこで中井精也氏の「ゆる鉄写真」を買って帰ろうっていう人もいるかもしれない……、って、自分で書きながら、なんか無責任だなあ、だって、同時に「いないかもしれない」っていう風に言っているように聞こえるもんなあ。

Epsn00192_20190810162701

 で、タイトルに「毎月11日は弁天様の日」っていうことを書いた理由なんだけれども、上から二番目の写真の奥にある商店街バナーをそのまま写しただけなんですね。

Epsn00262_20190810162801

 で、その弁天様がここ。

 今はマンションになってしまっているが、昔はここに池があって、その池の真ん中に島があって、島に弁天様が鎮座していたっていうわけ。「池の中の島の弁天様」なので「中島弁天」っていうのが、この弁天様の呼び名。

 で、毎月11日が、その弁天様の縁日だっていうだけのことなんですけれどもね。

 弁天様の縁日だからといっても、別に普段のジョイフル三ノ輪とは変わらないそうです。

Epsn00342_20190810162801

 で、まあ、三ノ輪と言えば「吉原の遊女の投げ込み寺」として知られる浄閑寺です。「生まれては苦界、死しては浄閑寺」と呼ばれた「新吉原総霊塔」もあって、身許なき遊女たちを弔っています。

Epsn00632_20190810162801

 以前は、この浄閑寺の門前に、あのアラーキーこと荒木経惟氏の実家だった下駄屋があったんだけれども、今や、それもなくなってしまって、なんか訳の分からないビルになっています。

 えっ? ああ、「大関横丁は何故、大関?」って、問題の答えなんだけれども、まあ、「大関さんっていう大名が住んでいたから」という程度にして、今日はごまかしておきます。次に、三ノ輪に来た時にね。詳しくお話します。

EPSON R-D1s VOIGHTLANDER URTLA WIDE-HELIAR 12mm f5.6 @Minami Senju ©tsunoken

« 何故、横須賀に行くのか? | トップページ | おばあちゃんの原宿も、暑さには勝てないようで…… »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 何故、横須賀に行くのか? | トップページ | おばあちゃんの原宿も、暑さには勝てないようで…… »