無料ブログはココログ

chotoku.note

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

フォト

« 横浜ブルーラインを往く:センター北駅から南駅へ①弥生時代のニュータウン | トップページ | 「伊勢市」異聞 »

2019年5月22日 (水)

横浜ブルーラインを往く:センター北駅から南駅へ②

 昨日の続き、大塚・歳勝土遺跡公園を降りて、「都筑まもる」君が見守る交差点を過ぎて、早渕川を渡った対岸にあるのが、「茅ケ崎城址公園」であります。

Epsn00522_3

 平山城といってもせいぜい標高は数十メートル程度の低い山城である。新横浜駅のそばにある小机城の支城だったっていうんだから、小机城の小ささから考えても、その規模の小ささは理解できる。

Epsn00432

 ところで、この場所の住所は横浜市都筑区茅ケ崎っていうんだけれども、なんで横浜で「茅ケ崎」? っていう疑問は出ますよね。

『由来は北条氏が建てた茅ヶ崎城からとったといわれている。』って、またまたWikipediaのお世話になってしまっているんだが、これで「何で茅ケ崎?」っていう疑問の答えにはならない。「湘南の茅ヶ崎」と「横浜の茅ケ崎」との間に何かの関係はあるんだろうけれども、その関係はよくわからない。

Epsn00572_1

 早渕川の北(左側)が大塚・歳勝土遺跡公園がある丘、南(右側)が茅ケ崎城。

Epsn00462_1

 西・東・北とあって、本郭(本丸)があった場所なんだけれども、それほど広い場所ではないので「なるほど小机城の支城」なんだなあというのが良く分かる。

Epsn00612

 大塚・歳勝土遺跡公園などとは違って、殆ど人のいない茅ケ崎城址ではありました。

Epsn00672_1

EPSON R-D1s VOIGHTLANDER ULTRA WIDE-HELIAR 12mm f5.6 @Tsuduki Yokohama ©tsunoken

 

« 横浜ブルーラインを往く:センター北駅から南駅へ①弥生時代のニュータウン | トップページ | 「伊勢市」異聞 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 横浜ブルーラインを往く:センター北駅から南駅へ①弥生時代のニュータウン | トップページ | 「伊勢市」異聞 »