無料ブログはココログ

chotoku.note

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

フォト

« 「令和を寿ぐ」のか | トップページ | 国分寺・電車開通記念道路碑 »

2019年5月 3日 (金)

令和二日目は、アメフト初日なのである

 令和二日目なんだが、それとは関係なく、アメリカンフットボールではいよいよ春のトーナメント戦がスタートする日なのであります。

 とは言うけども、実は社会人Xリーグ、春のトーナメントは既に4月に始まっていて、X1ではとりあえずノジマ、富士通、IBM、オービックというお馴染みのチームが2019年パールボウル初戦を勝ち抜いている。

 5月に入るとX2スプリングボウルが始まって、昨日はその初戦、ブルザイズ東京vs.横浜ハーバーズ戦が行われた。
 実は、ブルザイズ東京は昨年のX2で優勝して、X1との入れ替え戦にも勝利し、今年からはX1昇格なんだけれども、Xリーグの編成替えの関係で、今年の春まではX2で試合を行うということになったようだ。

 ということなので、昨日の試合は「X1認定」のチームとX2のチームとの試合みたいな感じで、まあ、予め勝負は見えていたんですけれどもね。

Dsc_0017

  実は、このブルザイズ東京っていうチームには山内薫平っていう立教大学ラッシャーズ出身の選手がいて、「クンペイ・ヤマウチ」というニックネームで親しんでいたんだが、残念ながら2016年シーズン終了後にX2に降格になってしまい、ちょっと不遇な二年間を過ごしていたのである。

Dsc_00182_3

 でもまあ、今年からはX1である。
 X2のチームと試合をして負けるわけにはいかないでしょう。

Dsc_00972

 で、昨日大活躍したのが#23ランニングバック(RB)のタイロン・ジョーンズ選手であります。
 もう、エンドゾーン30フィート位になっちゃうと、もうタイロン・ジョーンズの突破力にお任せなんですね。勿論、オフェンスラインのカバー力があってのRBなんだけれども、RB自身の敵陣突破力っていうのもあるんですね。

Dsc_01012

 なにしろ、ブルザイズ東京の昨日の得点52点の内、3タッチダウン(TD)つまり「18点+トライフォーポイント3点=21点」がタイロン・ジョーンズの得点のようなものなのであります。特に、試合前半で3タッチダウンを取ったっていうのが大きいですね。
 身長は170センチ位の、日本人のアメフト選手としても小柄な選手。多分、アメリカのNFLドラフトでは問題外なので、どんな仕事をしているのかは知らないのだが、取り敢えず日本で何かの仕事をしながらアメフトの選手もしている、っていうタイプのプレイヤーなのかも知れない。

Dsc_01372

 ただし、まあXリーグの上位チームっていうのは、日本でいう「実業団」っていうのとはもうちょっと違うレベルなんで、ブルザイズ東京も、上がっていくのは大変だろうなあ。

Dsc_01642

NIKON Df SIGMA DG 150-500mm f5-6.3 HSM + APO TELE CONVERTER 2x EX DG @Amino Vital Feild Chofu ©tsunoken

 

« 「令和を寿ぐ」のか | トップページ | 国分寺・電車開通記念道路碑 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「令和を寿ぐ」のか | トップページ | 国分寺・電車開通記念道路碑 »