無料ブログはココログ

chotoku.note

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

フォト

« 千鳥久保貝塚を求めて | トップページ | (モノクロ)写真の原点 »

2019年5月 9日 (木)

守谷城って何だ?

 そういえば、つくばエクスプレスで守谷駅って行ったことがなかったなあ。
 以前、守谷と言えば常磐線で取手まで行って、関東鉄道常総線に乗り換えてはるばる守谷駅まで行った記憶がある。いつのことだったんだろう? その時すでにつくばエクスプレスは開通していたのだろうか。

Epsn00292_2

 今や北千住まで30分という、東京までの通勤圏に入っている茨城県の守谷市なんだが、たしかにつくばエクスプレスの守谷駅のそばは高層マンションや一戸建ての住居なんかができていて、多少は「らしく」はなっているんだが……

Epsn00532_1

 まあ、いまだに関東鉄道常総線は「一両編成・ディーゼル」っていう、典型的な「田舎の電車」だし、駅からほんの少し離れてしまうと典型的な「田舎の風景」が広まってくる。

Epsn00072_2

 で、そんな田舎道を歩いていると、守谷小学校の脇にあったのが「茨城百景 守谷城址」という碑。

Epsn00192_1

 この守谷小学校もその城域だったらしい守谷城なんだが、どんな城だったんだろう。

Epsn00222_2

 城域の方に進んでいくと、空堀や土塁の跡なんかも多少は残されているようで、城全体の大きさはかなりのものがあるようだ。中世の城みたいな「砦としての城」というよりは、統治のための城だったようだ。

 まあ、関東の城なので、言わずもがなの平将門の叔父の末裔が作ったなんていう話があるようなのだが、それは定かではない。
 なおかつ、豊臣秀吉の小田原攻めの際に、この城も廃城になってしまったようで、その後どうなったのかは分からない、という関東の城特有の「その後どうなったのか分からない」話なんですね。

Epsn00362_2

 まあ、ここに城があったというのは残された地形からも分かるんだが、じゃあ、この場所に城を作るっていうことが地政学的にはどんな意味があるんだろうかっていうのが良く分からない。

 まあ、周辺は肥沃な土地ではあるようなので、戦の武将っていうよりは、豪族の末裔だった平将門の叔父の末裔(って、何だ? それは?)が年貢を集めるために造った城なのかな、という気がしてきた。

 水戸街道の要衝だった取手じゃなくて、守谷ってのがね……。

EPSON R-D1s VOIGHTLANDER URTLA WIDE-HELIAR 12mm f5.6 @Moriya ©tsunoken

« 千鳥久保貝塚を求めて | トップページ | (モノクロ)写真の原点 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 千鳥久保貝塚を求めて | トップページ | (モノクロ)写真の原点 »