無料ブログはココログ

chotoku.note

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

フォト

« 東京周縁部を往く:調布は映画の街 | トップページ | 『しょぼい起業で生きていく』 »

2019年4月21日 (日)

久々の千住宿

 日光街道の最初の宿場、千住宿に行くのは本当は千住大橋で舟を降りた松尾芭蕉にちなみ、千住大橋から行くのが正しいのだろう。
 でも、大体は隅田川の対岸である南千住でJR常磐線を降りて千住大橋を越えるか、同じJR常磐線の北千住まで行って、旧日光街道を一回、千住大橋方面へ戻ってから、そこで向き直って千住宿を歩き始めるというのが多かった。
 京成本線の千住大橋駅で降りて、千住宿の江戸方面の入り口から入るのは初めてであった。

Epsn00042_2

 千住大橋を渡って千住宿に行く場合は、普通に歩いていて千住の青果市場前から「千住宿奥の細道」の碑の前を通って、そのまま旧千住宿に入れるのだが、京成本線千住大橋駅は千住大橋の北側、現在の国道4号線の上にあるので、千住宿ヘは途中の脇から入る形になる。
 国道4号線方面から進んでいくと大きな鳥居が見えるんだが、何という名の神社なのかが全く分からない。お稲荷様だということは分かったんだが、神社の中に由緒書きでもないかと思って探してみたんだが、何もない。
 後から調べてみたんだが、「ヤッチャバ(青果市場)の守り神」だそうで、この辺り、千住河原町の鎮守様「千住河原町稲荷神社」という名前の神社らしい。なんだそれじゃあ神社の名前が分かったことにはならないなあ。単なる地名だもんなあ。
 しかし、それなりに大きな神社ではある。

Epsn00132_2

  境内には七福神の福禄寿がいます。千住七福神というのがあって、調べてみると全部千住の旧日光街道沿いにあるらしい。

Epsn00112_2

 ところで、この辺り、千住宿の南側、千住青果市場に近い辺りは「掃部宿(かもんしゅく)」といって、千住宿の初期はこちらの方が千住宿の中心部分だったそうだ。

Epsn00172_2

 たしかに考えてみれば、江戸へ青果を運び入れるための市場が千住宿の始まりなので、なるほどこの掃部宿が最初の頃は中心で、現在、本陣跡があるJR北千住駅そばは、そこより少し北に移動したわけだ。 

Epsn00232_3

  ここがJR北千住駅から西へ伸びる大通りを北へ交差する宿場通り商店街で、この写真に見えるアーケードを左に折れると、本陣跡がある。

Epsn00272_3

 現在は、こちらの方が宿場の中心っていう感じですね。 

Epsn00282_3

EPSON R-D1s VOIGHTLANDER URTLA WIDE-HELIAR 12mm f5.6 @Kita Senju ©tsunoken

 

« 東京周縁部を往く:調布は映画の街 | トップページ | 『しょぼい起業で生きていく』 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 東京周縁部を往く:調布は映画の街 | トップページ | 『しょぼい起業で生きていく』 »