フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

カメラ・写真

2017年8月11日 (金)

チェ・ゲバラさんって、相当なカメラ・オタクだった?

 昨日のブログ『「チェ・ゲバラ写真展」って、やっぱり「?」だよね』に書いた、「ゲバラが使ったらしいニコンS2と、S2はファインダーが50mm用しかないので5cmレンズだと思うのだが、当時の標準だったf2という割には口径が大きいので、もうちょっと明るいf1.4くらいのレンズを使っていたのだろうか」という言葉は訂正されなければならないことが判明。

Photo

 確かに、普通ニコンS2についているレンズNikkor 5cm f2に比べるとだいぶ大きいレンズがついているのは確か。

Epsn41222

 家に戻って、私の手持ちのNikkor 50mm f:1.4を見たら、もっとずっと大きいことがわかった。

R11983502

 で、いろいろ調べてみたら、どうもこのNikkor 5cm f:1.1というレンズらしい。

Nikkor50mmf11

 これがNikkor 5cm f:1.1のレンズ。付いているカメラはニコンSPなので、ニコンS2よりは少し後のカメラなんだが、カメラ本体とレンズの大きさを比べると、やはりf:1.1らしい。

 この当時、「レンズの明るさ競争」みたいなのがあって、キャノンなんかはキャノン7用にf:0.95なんていう「マッチ一本の明るさで撮影できます」というレンズが発売されていた。

7

 まあ、ライカのノクチルックスの影響で始まったレンズの明るさ競争なんだけれども、 じゃあ「マッチ一本の明るさで撮影」する被写体ってなんなのよ。ってなことが話題となって、実際の被写体の撮影にはほとんどf5.6とかf8で撮影しちゃうんだからf:1.1とかf:0.95なんて実は使わない絞りだったんだ。実際にこれらのレンズで絞り開放で撮影なんてしたら、フォーカスを合わせること自体が非常に難しく、まず使わない絞り開放だったんですね。まあ、「作例写真」にしか使えないレンズだったんですね、実は。

 なので、プロは普通にf:2でもf:1.4でも構わないから使っていた。まあ、そのほうがレンズも重くならないからね。で、そんな「超明るいレンズ」は「レンズ・オタク」だけが有難がった代物となってしまったのだった。

 つまり、エルネスト・チェ・ゲバラさんって、そんな実用性のないレンズで面白がって撮っていた「オタク」だったんですね。

 っていうか、そうかこのカメラとレンズはニコン(当時は日本光学)からのプレゼントだろうから、ニコンとしてはいろいろな場所でニコンS2とNikkor 5cm f:1.1を肩からぶら下げたゲバラさんはパブリシティの対象となるだろうから、それなりに意味があったということなんだな。

 変なところで、変な発見があったりするんだなあ。

『写真家 チェ・ゲバラが見た世界』展は、8月27日まで公開中。公式サイトはコチラ

2017年8月10日 (木)

「チェ・ゲバラ写真展」って、やっぱり「?」だよね

「革命家 チェ・ゲバラ」じゃなくて「写真家 チェ・ゲバラ」なのである。その『写真家 チェ・ゲバラが見た世界』という写真展が、昨日から恵比寿ガーデンプレイスのザ・ガーデンルームで公開されている。

 確かに、革命家=エルネスト・チェ・ゲバラとしては、当然撮影することより撮影対象になることの方が多く、我々も数多くのゲバラの写真を見てきている。その中に、多分カメラマンのものと思われるニコンFなどのカメラを借りて構えるゲバラの写真なんかもあって、「ああ、この人結構カメラなんかのメカニズムに興味のある人なんだなあ」などと私たちに思わせる数枚もある。

 この写真展に展示されている240点の写真は、数多く撮影された写真のうちから厳選された写真というよりは、まあ、ほとんど失敗作以外のすべての写真なんではないだろうか、と思わせる写真ばかりだ。結構「ダメ写真」もあるしね。

 当然、キューバ革命を戦っている最中の写真があるはずもない。

 そんな中南米放浪の旅を終えてキューバ革命に入る前の短い期間と、革命の後に「政治家チェ・ゲバラ」となった期間と、再びボリビアに潜伏してゲリラ活動を開始するまでの1959年から1966年までの短い期間が、写真家エルネスト・チェ・ゲバラの活動期だと言える。

Epsn41202

 ゲバラが使ったらしいニコンS2と、S2はファインダーが50mm用しかないので5cmレンズだと思うのだが、当時の標準だったf2という割には口径が大きいので、もうちょっと明るいf1.4くらいのレンズを使っていたのだろうか。

 だとすると、ゲバラさんってちょっとマニアックなのね。

Epsn41222

 そのニコンS2を下げてどこかに視察に訪れたらしいショット。うーん、確かにニコンは下げているんだが、ちょっとストラップが長すぎるような……。そんなところはマニアックではないなあ。

Epsn41232

 で、この写真展は実は坂本順治の新作映画『エルネスト』とのタイアップなのでした。

Epsn41262

 写真展図録は4,000円。展示されている作品はすべて収録。つまり、私はこちらで満足。私は写真展で写真を見るより、写真集で見るほうが好きなのだ。

Photo

Photo

「写真家 チェ・ゲバラが見た世界」展は8月27日まで。

公式サイトはコチラ

EPSON RD1s LEITZ Elmarit 28mm f2.8 @Yebisu Shibuya ©tsunoken

2017年8月 7日 (月)

『田中長徳写真展 私の散歩道 WIEN DEC 2016』

 京橋にある写真ギャラリー「アイランドギャラリー」で『田中長徳写真展 私の散歩道 WEIN DEC 2016』を開催中だ。

Epsn39902

 アイランドギャラリーは確か『屋根裏プラハ』という新潮社から同じタイトルのエッセイ集を田中氏が出版した際に、同様のタイトルの写真展を開催したところだ。多分、私が最初にアイランドギャラリーに行ったのが『屋根裏プラハ』ではなかったのではなかろうか。

Epsn39932

 その写真展『屋根裏プラハ』の解説で田中氏は書いた。

『そういうスナップの仕事には、カラーよりもモノクロが似合うのは、カラーだとそれが単に現実のコピーになってそれ以上に出ない為であろう。モノクロはその意味で「この世界をどのように認識しているのか」という問いが発せられるからそれだけ、哲学的な視点なのである』

Epsn40002

 うーん、そうなんだよな。田中長徳氏といえば、「ライカでモノクロ」というイメージがあったんだけれども、ところが、今回の『私の散歩道 WEIN DEC 2016』はすべてカラーである。

Epsn40112

 勿論、アサインメントの写真撮影ではカラーも当然やっているはずなのであるが、そうしたスポンサー写真以外では、常にモノクロというイメージがあったのだ。

 でも考えてみればそんな「イメージ」というものは、それを見る者が勝手に抱いているだけで、表現者としてはそれを裏切る楽しみがあってもいいのである。

Epsn40242

 おまけに今回の写真展への出品作は、すべてリコーGRデジタルで撮影したそうだ。

 う~ん、まあそんなお気軽撮影でもって写真展を一つ開いてしまえるってのも、田中氏のスゴさなのかもしれない。

 こうなっちゃうと、「ライカでモノクロで」なんてことにこだわっている素人カメラマンはどうすりゃいいのだろうか。って、まあ別にどうでもいいんですけれどもね。

 私だって、別に「ライカでモノクロで」にこだわっているわけではないのでね……、ってウソウソ。結構、こだわったりしているんです。上の田中氏の言葉じゃないけれども。

Photo_2

『田中長徳写真展 私の散歩道 WIEN DEC 2016』は8月13日まで。

アイランドギャラリーの公式サイトはコチラ

EPSON RD1s LEITZ Elmarit 28mm f:2.8 @Kyobashi, Ginza Chuo ©tsunoken

2017年8月 5日 (土)

LEICA M6 CAMERA TEST in Oyama Ginza Itabashi

 新たに仕入れたライカM6(Serial No.1756880/1988年製)を手に板橋は大山銀座商店街へ向かった。

Img0022

 これまで手にしたライカとしてはM3、M5、M6などがあるので、別に新しい機材というわけだはないし、レンズもこれまで使っていたSummicron 35mm f:2なので、これまた新しい機材ではない。

 まあ、カメラテストというよりは、操作性、特に露出計の再確認っていう程度のものなのだった。

Img0152

 場所もなんで大山商店街なのかといえば、別に大山である必要はなくて、武蔵小山商店街でもよかったし、できれば今までその南口は何度も行っているんだが、考えてみれば一度も行ったことのない国分寺北口商店街にでも行ってみようかな、なんて考えていた。

Img0172

 ただし、大山商店街っていうのは、全面アーケードなので、その人口光と天然光のバランスなんかもあって、結構、露出が難しい被写体であるというのが、そのカメラテストに使った理由ではある。

 まあ、いろいろ用事があってので、あまり遠出はできないという理由もあったんだけれどもね。

Img0242

 考えてみれば、ここのところニコンDfにはほとんど広角20mm f2.8をつけて撮影をおこなっていたので、この35mmレンズっていうのが、なんか広角っていうよりは標準レンズ的な感覚があって面白かった。

 まあ、35mmと言えば、行ってみれば準標準、準広角であり、現在ではほとんどのコンパクトデジタルカメラでは標準的な使われ方をしているので、なんとなく「35mmは標準の一部」的な使用感覚がある。

Img0342

 結構、この35mmレンズの使用感覚は標準として使えるなという感じが再確認されて面白かった。

 今年の冬の横手市「ぼんでん」の取材ではM3+Summilux 50mmとNIKON Df +50mmがメインだったんだけれども、今年の冬の取材はこの35mmがメインになりそうだな。

Img0352

 Summicron 35mm f:2で何を撮ろうとしているのか? それはヒミツ。

LEICA M6 + LEICA SUMMICRON 35mm f:2 @Oyama Itabashi ©tsunoken

2017年8月 3日 (木)

都写美での写真展開催「アラーキズム」の終焉なのか?

 東京都写真美術館総合開館20周年記念「荒木経惟 センチメンタルな旅 1971-2017-」という写真展が開催中だ。

Epsn38792

 旺盛な出版活動で知られる荒木氏なんだが、最近はなんか写真展という形式で作品を展示する活動が多い。「写真集→写真展」っていう変化の在り様に、どこか荒木氏自身の写真に対する姿勢の変化を感じてしまうのは、私だけだろうか。

Epsn38902

 まだ結婚前の荒木陽子夫人の写真から始まって、当然のことながら荒木氏の出世作、陽子夫人との新婚旅行を撮った「センチメンタルな旅」、そして1990年に亡くなった陽子夫人を捉えた「センチメンタルな旅、冬の旅」となって、「妻が逝って、私は、空ばかり写していた」というモノローグに始まる「その後」の写真。

Epsn38972

 それはそれで荒木写真の集大成なんだろうけれども、まだまだ荒木氏、老け込む時期ではないだろう。今でも人気連載中の『週刊大衆』の「人妻エロス」は健在だ。

Epsn39002

 そう考えてみると、荒木氏の「人妻エロス」とは、要は陽子夫人のことだったのかという点に気づかされる。

 そうなんだ、別に若く美しいモデルさんじゃなくて、ごく普通の主婦、子どもを産んで体の線も崩れてきている中年の女性、そんな人たちに感じるエロスというものの表現の原点は、実は陽子夫人にあったのではないか。

Epsn39022

 今回こうして、結婚前の青木陽子さんから始まって、新婚旅行、結婚生活、そして荒木陽子としての最期を迎える陽子さん。そんな一連の写真を見ていると、やはり荒木氏にとっての永遠のマドンナは荒木陽子さんだったろうし、荒木氏にとってのエロスの対象は荒木陽子さんだったろうし、その荒木陽子さんに付託していた想いを人妻エロスとして体現していたんだなあ。でも、その陽子夫人は既にいない。

Epsn39052

 相変わらず旺盛な写真家活動を行っている荒木氏だが、何となく、最近は昔のスタイルを真似て写真を撮っているような気がするのは私だけだろうか。

 前立腺ガンの影響で右目を失明した荒木氏ではあるが、まだまだ、そんなことでは写真家生活を終えてほしくないのである。

東京都写真美術館「荒木経惟 センチメンタルな旅 1971-2017-」は9月24日まで開催中。公式サイトはコチラ

EPSON RD1s LEITZ Elmarit 28mm f:2.8 @Tokyo Photogaphic Art Museum Ebisu ©tsunoken

2017年7月29日 (土)

ニコンDf 再び入院!

 カメラの再生ボタンを押しても、画面が再生されないトラブルで入院したのが6月28日。そのときは7月7日に退院できたのだが、今回再び入院することになってしまった。

Epsn37322

 今回のトラブルはシャッターが開かなくなってしまった、というトラブル。一昨日の昼までは大丈夫だったんだが、夕方になってエラー・メッセージが出てきてしまい、最初は少しだけシャッターも開いたんだけれども、数枚シャッターボタンを押したら完全に開かなくなってしまった。

Epsn37312

 ということで、6月28日から経ること1ヵ月でもって、再びニコン新宿サービスセンターへ入院することになってしまった。

 今回は、たぶんシャッターのユニット交換が必要になるだろうということで、30,000円ほどの入院費になりそうだ。

 まあ、機械ものにトラブルはつきものなんだが、前回の入院から1ヵ月で再び入院というのはちょっとショックだ。

 なにせオーナーの私が、4月と6月に入院して、しかし、その両方ともカテーテルがうまくいかなくてカテーテル中止、さあ、秋にはもう一度入院してバイパス手術か? ってな状態なんだが、なんだかカメラにまでその運命が乗り移ってしまったようだ。

 じゃあ、秋の手術がうまくいけば、その後に予定している冬の地方取材もうまくいくんだろうか? あるいは、手術に失敗すれば取材の方も? っていうか、失敗しちゃったら取材どころじゃなくなってしまうのか。 あ、そうか。

 今回の入院は約1週間。まあ、結果に期待しましょう。

Epsn37372

 で、入院手続きが終わったのでニコンサロンを覗いていこうと思ったら、こちらが「ニコンギャラリー」となって、プロの写真家の写真発表の場になったらしい。現在は「ニコンギャラリー企画展」として「三好 和義 写真展 印度眩光 -マハラジャの歳月-」を開催中。

 う~ん、まあ、あまり私の趣味ではないな。

Epsn37342

 なぜか昨日は高校生の修学旅行みたいな人たちが沢山きていた。

Epsn37542

 まあ、アマチュアの写真愛好家のためのニコンサロンも別に場所を作って運営するようなので、それはそれで期待かな。まあ、私はしばらくは出品しないでしょうけれどもね。

EPSON RD1s LEITZ Elmarit 28mm f:2.8 @Shinjuku ©tsunoken

2017年7月11日 (火)

NIKKORを世界的にしたカメラマン

 品川にあるニコン・ミュージアムで『世紀の記憶 デビッド・ダグラス・ダンカン』という展示を9月30日まで開催中だ。

 なぜ、ニコン・ミュージアムでデビッド・ダグラス・ダンカンなのかという理由は既に多くの方々がご存知の話かもしれない。

Dsc_00102

 ダグラス・ダンカンとニコンといえばもう誰でも知っているストーリーだろう。

 1950年にアメリカのライフ誌から派遣されてきたダンカンと、同じライフの契約カメラマンであった三木淳がコーヒーを飲んでいたとき、戯れに三木がライカにニッコール85mmでダンカンを撮影した。翌日、その三木が撮影したダンカンの写真の紙焼き(8X10・六つ切り)をダンカンに見せたところ、そのあまりの鮮明さに驚いたダンカンが、ニコンを紹介してくれと頼み、三木がニコンの社長の長岡鉄雄を紹介し、その優秀さを認めたダンカンはさっそくその場で数本のニッコール・レンズを買い求めたという。

Photo_2 ©Joe McNally

 そんなことがあってすぐ勃発した朝鮮戦争に従軍することになったダンカン。当然、彼のライカにはニッコール・レンズが装着されていて、彼が撮影した朝鮮戦争の映像の鮮明さに驚いたライフ誌のスタッフが問い合わせたところ、それが日本のニッコールというレンズだとわかって大騒ぎとなり、ライフはそれをも記事にした。

 それがニッコール神話の始まりで、その後世界中のカメラマンがニコンSにニッコール・レンズを装着して、様々な戦場に飛び立ったということは有名な話だ。

 以降、ベトナム戦争あたりまでは35mmと50mmはライカM3、135~200mmはニコンFにそれぞれ装着して取材に走り回ったという話はいくらあっても足りないくらいだ。

Dsc_00082

 そんなダンカンが使用したライカにつけた50mmと135mm、それに200mmを装着したニコンF(と同型レンズ)がこれ。まあ、本物じゃないのはちょっと残念だけど、まあ仕方ないか。

Dsc_00092

 現在でも我々の手に入るのがこの『Photo Nomad』というディビッド・ダグラス・ダンカンの写真集である。

 表紙のような戦争写真ばかりじゃないけれども、ダンカンの若いころからの写真の集大成なので、ちょっと値段は高いが、買っておいて損はしない。

 写真はアナログなのかデジタルなのかといった些末な問題は関係ない、ということがよくわかる写真集だ。

Photo_nomad

『Photo Nomad ディビッド・ダグラス・ダンカン写真集』(ディビッド・ダグラス・ダンカン著/求龍堂/2003年12月6日刊)

2017年7月 8日 (土)

周辺光量の低下はレンズの味?

 ニコンDfを修理に出しているので、ここのところエプソンRD1sで撮影することが多い。

 というか、まあたまにはレンジファインダーで撮るのもいいんだが、ライカだとフィルム現像をしなければならないので、それが面倒でデジタルでレンジファインダーというとエプソンRD1sになってしまう、ということなのだ。う~ん、デジタル・ライカも欲しいなあ。

Epsn33142

 ライカだと普通に使っている広角レンズはエルマリート28mmあたりまでが普通なんだけれども、エプソンだとAPS-Cサイズの撮像素子なので、28mmレンズだと35mmと同じくらいの画面サイズになってしまう。

 で、エプソンでよく使うのが、このフォクトレンダー・カラースコパー21mm f4なんだが……、このレンズって周辺光量の落ちがすごいんですね。

Epsn33052

 フォクトレンダー・カラースコパー21mmってレンズが「6群8枚構成」という対称型になっているので、特にこの周辺光量の落ちが激しいレンズではある。

Epsn33062

 なので、こうやって並べると、どこか「昔の写真」っぽく見えてくるのであります。まあ、確かに最近のレンズでこうした周辺光量の落ち方が大きいレンズはあまり見ないものなあ。

 最近のレンズはコンピュータを使って設計するんで、あまりこんな周辺光量の落ちが激しいレンズってのはない……、ってことは、このカラースコパーって、そういう効果を狙って設計したんだろうか。

 う~む、フォクトレンダーのレンズ設計技師って、そんなに趣味に走っちゃう人たちだったんだ。

Epsn33262

 まあ、でもそれはそれで撮影対象によっては、どこか懐かしさを感じさせる写真になっていいんじゃないでしょうか。

 勿論、「今」を見せる写真や、報道系にはこんなレンズは使えないが、風景写真になると、どこかレトロな感じがして、面白い効果のある写真になる。

Epsn33282

 ということは、これはこれで「レンズの味」っていうやつなのかなあ。

 ライカマニアの間ではそうした「レンズの味」談義が多く語られていて、それはそれで百家争鳴なんだけれども、これまであまりそうしたことには興味がなかった。

 でもこうやって自分で撮ってみて、そんな「レンズの味」のするレンズで撮った写真を見ると、う~ん、なんかそんな「レンズの味」談義を、私もやりたくなってしまうのだ。

 でも、デジタル・ライカ欲しいな。

EPSON RD1s VOIGTRANDER COLOR-SCOPER 21mm f4 @Yokohama ©tsunoken

2017年6月26日 (月)

ギャラリーバウハウスに行ってきたぞ

 一週間前に行ってみたらお休みだった神田明神のgyallery bauhausに、今度はちゃんと開館している日に(当たり前)行ってきました。

Dsc_00102

 通常だと一人の作家の写真を並べて販売しているというスタイルのbauhausなんだが、今回はいろいろな作家の写真が並んでます。

 出展出品作家は『アウグスト・ザンダー 秋元茂 石元泰博 イジス 井津建郎 井津由美子 伊藤進哉 榎本敏雄 大辻清司 岡崎正人 コウムラシュウ 小瀧達郎 ジェルメーヌ・クルル 杉本博司 田所美恵子 田中長徳 田中宏明 田村彰英 広川泰士 廣見恵子 水島雅美 三好耕三 ミロスラフ・クベシュ 森永純 ユージン・スミス 横谷宣 横山佳美 吉村朗 ヨゼフ・スデク J・H・ラルティーグ ロバート・フランク ロベール・ドアノー 』という面々、まあ「新旧そろって」っていうよりは「旧・大旧」ってところでしょうか。

Dsc_00282

 田中長徳氏はパリのパノラマ写真ですね。

Dsc_00292

 地下の展示室はヨーロッパの作家が多い。

Dsc_00322

 写真展がキービジュアルにしているイジスの少女写真なんかは地下です。

Dsc_00342

 おー、ロベール・ドアノーの『パリ、市庁舎前のキス』もこんなゼラチン・シルバープリントで見ると、いつもの東京都写真美術館のでっかい壁面プリントとは違ってみえるなあ。

Dsc_00372

 ということで、gallery bauhaus 『LIFE 写真のある生活』展は7月29日(土)まで。行き方はコチラ

Dsc_00412

NIKON Df AF Nikkor 20mm f2.8 D @gyallery bauhaus Soto Kanda Chiyoda

2017年6月25日 (日)

アキバにいよいよビックカメラ、オープン

 6月22日にいよいよ満を持してビックカメラAKIBAがオープンした。

Dsc_00442

 というか、ビックカメラとしては系列のソフマップが既に秋葉原には展開してきていて、まあ、言ってみればその旗艦店としてビックカメラを開店したってところでしょうか。

 店内構成は以下の通り。まあ、1階が「お酒・くすり・日用品・電池」で2階が「ビューティー家電・季節家電・キッチン家電・家事家電・照明・防災用品」っていう配置は、まあやっぱり外国人のお客さんを意識した総合家電店としての配置なんだろう。

Photo

 私はそんなの興味はないので、早速、5階へ上がって「テレビ・レコーダー・ビデオカメラ・録画用メディア、写真プリント」というところを見にいった。

Dsc_00462

 まあ、はっきり言って、ごく普通の総合家電店ですね。勿論、各社のカメラ(一眼レフやらミラーレスやら)は全部そろっているんだけれども、まあ、それはあくまでも「家電」としての「カメラ」っていうだけのこと。

Dsc_00482_2

 私自身はやっぱり「ビックカメラ」っていう名前が好きなんで、その部分に期待をしているんだけれども、やっぱり「カメラ店」らしいのは池袋カメラ館だけですね。なにせ、池袋カメラ館にはアナログカメラ(中古カメラ)までおいてあるもんなあ。

Dsc_00552

 はてさて、AKIBA進出では先輩のヨドバシカメラはどう対抗するのでしょうか。まあ、こっちはいち早く「カメラ店」的な展開はやめちゃっているから、その辺はまったく気にしてませんけれどもね。

NIKON Df AF Nikkor 20mm f2.8 D @Akihabara Chiyoda ©tsunoda

 

より以前の記事一覧

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?