フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

パソコン・インターネット

2018年2月11日 (日)

取りあえず、旧に復したかに見えるんだけれども……どうかな

 Macに戻すなんて言っていたくせに、実際に新しく買ったPCはこれまたWindowsになってしまった。ASUS PROシリーズ ブラック D320SF-I57400050R という2017年夏モデル。Win10 Pro・Core i5・SSD 256GB・メモリ 8GBというスペック。

 という次第。

Rimg00113

 なんであれだけ言っていたくせにMacじゃなくてWindowsなんだってことなんだけれども、いろいろ見に行ったり、スペックなどを比較したんだけれども、結局はあまりにもMacから離れていた期間が長すぎたってことだったんでしょうね。

 今のMacは昔のMacのような使い勝手がなくなって、Windowsとあまり変わりがなくなってしまったっていうことなんでしょうかね。まあ、なんせ昔Macを使っていた時代は、WindowsなんてなくてMS-Dosの時代ですからね。MicrosoftのOSにはGUIなんてのはなくて、面倒なコマンドを打ち込まないとソフトが走りだなないっていう時代から、やっとWindows 3.1が出て、中途半端ながらGUIを採用して、これからは一般ユーザーもPCを使えるような時代になるんだ、というのが始まったばかりのころ。

 当時は、よっぽどのPCオタクじゃなければコマンドなんて打ち込めないから、そのころパソコンを手にした人たちは皆Macだったんだ。要は、パソコン素人のためのパソコンがMacだったってことなんでしょう。

Epsn00032

 その当時、Macユーザーは「パソコンとはMS-Dosパソコンのことで、Macはパソコンじゃない」なんて言って、MS-Dosパソコンのことを馬鹿にして言っていたんだが、要は自分がコマンドを知らないだけだったんだ。そんな素人向けにも使えるように、スティーブ・ジョブズがゼロックスのパロアルト研究所からパクッてきたGUIを搭載したのがMac OSのGUIだ、なんてことを知らなかったMacファンは、偉そうにMS Dosを馬鹿にしたわけなのだ。

 なので、MicrosoftがWindows 95 でもってGUIを本格的に採用したのは当然の時代の流れではあるし、また、それだけPCが一般ユーザーの間にも普及してきたってことなんだろうけれども、そうなるとAppleの優位性はあまりなくなってしまい、まあグラフィックに強いとかなんだかんだ理由をつけてMacの優位性を説いたんだけれども、OSを公開しなかったAppleと積極的にOSを他社に提供したMicrosoftの違いが出てきて、結局、Windowsが席巻する状況になってしまったってわけなんだ。

Epsn00042

 てなわけで、私もMacを使わなくなって既に20年余り、その間にMac OS も随分変化してきたし、Windowsの使い勝手もよくなってきたってことでしょうか。そんなこんなでMac OSをあまりうまく使えなくなってしまったtsunokenがそこにいたわけです。

 うーん、それもしょうがないかってなもんで、またまたWindwsマシンを買ってしまったのでありました。まあ、20年以上使っているOSだし、もはやそれに慣れてしまって、離れることができなくなってしまったのですね。

Epsn00082

 でまあ、結局Windowsに収まってしまったんだが、問題は外部記憶装置が「SSD 256GB」ってことなんだなあ。CPUがこちらのほうが性能がいいものを使っているのでこちらを選んだが、若干CPUの性能が下がるだけでHDD 500GBのモデルが2万円位やすく売っていた。う~ん、まあやることのほとんどが毎日撮影してきた写真の整理とブログ書き位なんで、別にCPUがCore i5 でもCore i3でも関係ないのになあ、なんでそこで見栄を張るんだろう。ストレージの信頼性の観点からSSDってどうなんだろう、とかいろいろ心配の種はつきないんですけれどもね。

 バカですね。

 てことで、今日から新しいPCでブログ書いてます。

GRDⅢ & EPSON R-D1s VOIGTLANDER COLOR-SCOPAR 21mm f4 @Komagome ©tsunoken

2018年2月 6日 (火)

Win 10 がダメになっちゃった……これは好機か?

 メインのPCが動かなくなってしまった。

 っていうか、ちょっと前からいつもスタート画面で使っているniftyの画面がおかしくなっているし、ブログの文章を打ち込んでいるときにいろいろ今までにない動きをされたり、画面の右側のスクロールバーの動きが変なのは気が付いていたし、ここのところやたらMicrosoftから人の画面を遮っていろいろな警告メッセージがきていたのは知っていた。

 まあ、知っていたのにそのまま放り出していたのがいけないのだが、今日、家に帰ってきてPCを起動したら、ありゃりゃ、もう動かなくなってしまっている。

「オプションの選択」を選んでも、全然ダメ。こりゃあ、もはやPCを買い替えなければいけないというサインなのかな、なんて予感はちょっと前からしてはいたんだが。まあ、人間の基本的思考は「問題は先送り」だもんな。

 てなことを、現在、サブのラップトップから書いています。まあ、やっぱりメインの方が使いやすいなあ、ってのは事実。

Rimg00032

 さあてどうしようかしら。

 しばらくは、「四苦八苦しながらメインPCと格闘する」という選択肢がひとつ。

 もうひとつは、どうせこの際だからPC自体を買い替えちゃうか?

Dsc_00262

 今のメインPCは既に10年以上使っているマシンだし、ということは初めはWin 8マシンだったわけで、それをWin10にアップグレードしたとこまではしたんだけれども、実はその後のWin10 アップグレードはあまりちゃんとはやっていなかったんだから、まあ今日、突然ストップしたっていうのも別にMicrosoftにしてみれば「突然」じゃなくて、「もう何度も警告していたんだけれどもなあ」ってなことでしょう。

Dsc_00652

 ってことで、気分的にはここで思い切ってニューマシンの導入といきたいところ。

 で、ニューマシンといえば、それはWinじゃなくてMacってことですね。なんて言ってしまおうかな。

 いままでは、とりあえずメインはWinでもしょうがないや、ただし、ラップトップは先にMac化しようかな、なんて考えていたんですがね。たしか、メインのHPマシンを買って、多分その1~2年後くらいにラップトップを買ったんだから、もうそろそろラップトップも買い替えかなと考えていた矢先の出来事。

 う~ん、こりゃメインを先にMacに戻すってことになるんだろうか。

 もともと、自分でMacを買って会社に持ち込んで仕事をしていたのが、私のPC生活の始まり。つまり最初は自分で買ったPCを会社で仕事で使っていたんだが、その後、Win95の時代になって、会社もPCを導入、当然会社から買い与えられたのはWinマシンなわけで、家でも仕事をするために、家のPCもWinにしなければならなくなってしまったという、テイタラク。

 まあ、もうサラリーマンやめて5年も経つんだし、会社の仕事との連動なんてありえないんだから、別にMacでもいいよね。

 ということなので、今日、もしかするとMacを買いに行っちゃうかもね。

 その結果は、またご報告します。

 あ、写真の秘密は新しいマシンが来てからね。

 

2017年9月14日 (木)

iPhone X は本当に「買い」か?

 今日はちょっとナニなんで、軽い話題から。

 アップルがiPhone X を発表したんだが、本当にそれは「買い」なんだろうか、という話。

Iphone

 確かに、昔はAPPLE党だった私は、もしそのままだったら「当然、『買い』でしょ」ってなったと思うんだが、ある日からMicro Softに乗り換えちゃった、というか、乗り換えざるを得なかった事情があってその時から、もうAPPLEにはクールにモノを見るようになったんですね。

 まあ、スマホになってからはiPhone 6 を使ってはいるんだが、もはやiPhoneには昔Macに感じていたワクワク感はないもんなあ。

 結局、スマホになってからは追随するメーカーもすぐに同じものを出せるようになってしまい、APPLEの独自性をどこで主張していくのかは難しくなってきている。問題はアプリなんだけれども、それは当然アプリの開発者はiPhoneだけのアプリなんかは作るはずもないから、別にそれはiPhoneだけの独自性にはならない。

 いまだにAPPLE党の多いブログ界でもちょっと戸惑っているようで、だってiPhone 8 とiPhone X がなんで両方とも売り出されるんだってところに、なんかAPPLEの腰砕けっぷりが見えているような気がする。スティーブ・ジョブズのAPPLEだったら平気で以前のモデルは切って捨てたはずである。「もはやiPhone X 以外の機種はお払い箱だ! いつまでもそんな前の機種に囚われるな!」なんてね。

 まあ、商品開発センスのないティム・クックCEOじゃ仕方がないけれども、新しい機能としては「ホームボタン廃止、顔認証導入」っていう程度じゃ、別に画期的でも何でもない。スティーブ・ジョブズのMacみたいなブッチギリのブランド志向があるわけでもないし、その程度の新機能でどれだけほかのスマホと戦えるんだろうか。

 まあ、日本ではいまだにiPhone派が多いのでブランド価値はあるのかもしれないが、日本以外ではあまりAPPLEの優位性は優れていないんだから、日本以外で永遠に戦えるかといえば、ちょっと難しいかな。特にAPPLE党なんていないアメリカでは、中国勢や韓国勢に挟まれて苦戦しそうである。

 日経新聞の記事の「しめ」はこうだ。

『 「これがスマホの未来だ」

クックCEOはiPhoneXの革新性をステージで強調した。確かにその通りかも知れない。スマホが定番商品になり、道具と趣味の製品に二極化していく未来が映る。実機を触った後で残るのは生活を楽しくする製品ではあるが、生活を劇的に変える製品ではないという印象だ。

「売れると思います。まぁ次の10年を担う製品かどうかはわかりませんが」――。
 発表会後に取材に応じたKDDIの田中孝司社長は言葉を濁した。』

 う~ん、まあこんなところが妥当なのかもしれないなあ。

 元APPLE党で、実は今でも「いずれはMacに戻る」なんてことを考えている私でも、その行く末はちょっと心配だ。

 っていうか、スマホばっかりじゃなくて、もっと画期的なMacを開発してほしいんだが、もうそれは無理なのだろうか?

Img0122

 ところで「ナニ」って、なんだ?

2016年4月12日 (火)

パソコン壊れちゃったよ!

 メインのパソコンが壊れてしまった。

Dscf73442

 と言ってもハードウェア的な故障ではなく、ソフトウェア的な故障。ここのところ立ち上がりが妙に時間がかかったり、デスクトップアイコンをクリックしても「クラスが登録されていません」なんて出てアプリケーションが開かなかったりと「?」な状態が続いていたんだけれども、「ついに来たっ」ってな感じですね。

 まあ、ハードの故障じゃないので、一回パソコンを初期化して、ソフトを入れ替えれば治るんだが……、というのが上の写真。「出荷時の設定」ってことはWindows 7になっちゃうってことです。

Dscf73482

 これまでのデータも一応は外付けHDDにバックアップを取ってあるから、まあ、なんとかなるだろう(というのは実はちょっと早計だったけど)。

Dscf73512

 このパソコンは初期設定ではWindows 7仕様なので、再びWindows 10をインストールしなければならないんだが……これが時間がかかるんだなあ。まあ、それはWindows 10にアップデートするときに知ってはいたんだけど。

Dscf73532

 サブ機のレノボ X121eがこれほどありがたいとは思わなかった。こちらもWindows 10にアップデートしてある。というか、両方いっぺんにOUTにならなくてよかったというか何というか。まあ、別の個体なんで一緒にOUTってことはないだろうけれども。

Dscf73542

 やっとWindows 10がインストールされて、これからまたまたソフトを全部入れ直さなければならない。面倒だなあ。Buffaroの外付けHDDなんかソフトもないし、ってんでBuffaroのサイトに行って見つけてインストールとか、ああ、面倒くさい。

Dscf73562

 外付けHDDからのデータ引き出しも、ちょっと「?」が続いている。なんか全部のデータがバックアップされていないようなのだ。バックアップされているのは2013年あたりのデータだけみたいで、最近のはないみたい。これだからデジタル機器ってのはね……。突然、やってくるんですね。嗚呼……。

 憂鬱。

Fujifilm X10 @我が家 (c)tsunoken

2015年9月25日 (金)

JESEA地震予測メルマガ

 JESEA(地震科学探査機構)というところのメルマガを契約しているので、毎週水曜日になるとこんなメルマガが送られてくる。

Photo

 まずは「地震予測サマリー」というので、日本全体の地震予測をしていて、そこには「要警戒地域」(震度5以上の地震が発生する可能性が極めて高い)と「要注意地域」(震度5以上の地震が発生する可能性が高い)、要注視地域 (震度5以上の地震が発生する可能性がある)というのがある。

 勿論「要警戒」の方が「要注意」よりは警戒レベルが高く、ご覧の通り、「要警戒地域」には「北信越地方・岐阜県」と「南関東地方(駿河湾、相模湾、東京湾に面する地域・伊豆諸島」が入っている。

 で、こちらが「地震予測」というもの。

Photo_2

 地域別に書かれてあって、南関東地方はこんな感じ。

『南関東(駿河湾、相模湾、東京湾に面する地域・伊豆諸島)は要警戒
 今回東京都の大島3で5.1cm、三宅3で4.3cm、静岡県の畑薙Aで5.8cm、山梨県の中富で5.9cmの週間異常変動(H)がありました。 9月12日に東京湾地震(M5.2、震度5弱)が起きましたが、今回のデータはこの地震の1週間前のデータでした。 水平異常変動図を見ますと房総半島、三浦半島、伊豆半島、箱根、伊豆諸島で異常を示しています。 余震を考慮して念のため今月は要警戒です。 ※箱根山は9月11日に噴火警戒レベルが3(入山規制)から2(火口周辺規制)に引き下げられました。 火山活動はやや活発な状態です。 (参照 図1、図2-B、図3-4) 』

 まあ、こうした情報が来ても、じゃあだからといって何か準備するのかいえば、別に何にもしていないのだけれども、何となく災害に対する姿勢として、取り敢えず情報だけはしっかり入れておこうというだけ。

 勿論、ここに書かれている『9月12日に東京湾地震(M5.2、震度5弱)が起きました』という事後的なデータだけではどうしようもない。当然、これらのデータを事前に知っておいて、災害に備えるというのが基本的に正しいんだけれども、なかなか予測まではできないということなのかなあ。

 しかし、こうして見ていると「首都圏直下型地震」といっても、震源は東京というよりも、伊豆諸島や静岡、山梨、房総半島、三浦半島、箱根といったところになりそうだ。まあ大正12年の関東大震災だって「神奈川県相模湾北西沖80km」というところが震源で、神奈川や静岡の方が大きな地割れなどがあったのだが、東京の方が都市化していて、それが大きな災害の原因となったわけだから、今度起きるとされる「首都圏直下型地震」も、震源は東京じゃないだろうけれども、もっとも大きな災害は、やはり東京に集中するのだろう。

 まあ、取り敢えず毎週水曜日にこんな情報が送られて来るだけでも、緊張感は維持できるので、それが唯一の安心材料かな。

 ということでJESEA(地震科学探査機構)のサイトに飛べ!

 メルマガは毎月216円(クレジット払い)で手に入る。

「村井俊治氏(JESEA)の言っていることは、支離滅裂で信用できません」っていう人もいるけど、まあ、常に危機感をもって生活するってのは悪くはないと思うんですけれどもね。

 別に「当たるか、当たらないか」っていうよりはね。

Jesea

Photo_3

Photo_4

 

 

2015年8月25日 (火)

Windows 10 にアップデートした

 Windows 10へのアップグレードの予約をしていたら、昨日、ダウンロードの案内がきたので、早速アップデート。

 インストーラーを起動させると、最初にバックアップ用の外付けハードディスク(BUFFALO HD-LXU 3)のアンインストールの指示が出たので、アンインストール。

Dscf67012

「Windows 10の更新を構成しています」の表示が出て、それが100パーセントになると、一旦画面が真っ暗になって、次の「Windowsをアップグレードしています」という表示が出てくる。

Dscf67072_2

「ファイルのコピー」→「機能とドライバーをインストールしています」→「設定を構成しています」という表示が変わる度に再起動を繰り返し……

Dscf67132

 この画面が出てくるまで、最初から約2時間。「やっとだぜ」という感じで画面右下にあるアイコンをクリック。

Dscf67152

「しばらくお待ちください」

Dscf67162

「最後の処理をしています」ときて……

Dscf67172

「さあ始めましょう」となって、パスワードを入力すると……

Dscf67222

 Windows 10の起動に成功!

Dscf67232

 最初の画面が出てくる。まあ、Windows 8からWindows 8.1に変わって、初めからこの画面が出るようにはなっていたんだが、まあ、これが当然ですよね。

 Windows 10の使い勝手などについては、いずれまたご報告しますが、何か、グラフィックがちょっとペナペナな感じがしているのは、私だけでしょうか。

2015年1月 1日 (木)

明けまして おめでとうございます

明けまして、おめでとうございます

Dscf56632

                  平成二十七年 元旦

 ということで、早速昨年のブログ総括。一昨年までは大晦日に一年を振り返って総括をしたのだが、実はそれだとまるまる一年間の振り返りじゃなくて、大晦日一日を残した総括になってしまうので、今年からは1月1日に前年を振り返ってという形で総括を行うことにしました。

 エントリー数はブログを始めてからの累計が1986本、昨年1年間では479本。

 内容は「本」の紹介が189本(一昨年は187本)でその内電子版が71本。

「映画」の紹介は14本(一昨年は20本)。

「写真及び写真展」は102本(一昨年は83本)。

「旅」については4本(一昨年は31本)。

「その他」が170本(一昨年は100本)。

 2014年の閲覧者数は237,709PV。ブログ開始からの累計閲覧者数は864,252PV。まあ、多分、今年中に100万PVは超えるだろう。

 前年の1日平均は651PV。

 閲覧者数については、2011年が111,075PV、2012年が190,399PV、2013年が302,641PVと順調に伸びてきたんだが、去年は一昨年を下回ってしまった。何故だろう、と考えるのだが、基本的にはブログのコンテンツの問題なんだろうなあ。要は、読んだ人が面白いので、他の人にも拡散しようという程のコンテンツを作れなかった、ということなんだろう。

 11月頃からその対策として1日のエントリー数を2~3にして読まれるようにしたのだが(その結果「その他」が昨年に比べて増えている)、あまりその成果は出ていない。まあ、オリジナル記事は1日1本だけで、あとは新聞やネットからの引用記事なので、それは仕方ないのかな。

 今年はオリジナル記事を増やすように心がけよう。

 旅費用は447,165円と昨年より30万円ほど少ない。まあ、これは7月に引っ越しをしたというのと、もうひとつ理由がある。その理由にすいては今は言えないが、いずれ語ることになるだろう。

 昨年はあまり旅をしていなかったので旅に関するエントリーが減ったのだ。映画についても一昨年の大晦日のエントリーで「来年は一週間に最低一作は、駄作でもよいから映画を観よう」なんて書いた割には14本と一昨年よりもかえって減っているのは残念。今年はもうちょっと増やして、一昨年の目標を達成したい。旅ももうちょっと出かけてね。

 本については、さすがに昨年は電子版(今はすべてKindle版)が増えていて、それは今年も更に増えていきそうな様子だ。なにしろAmazon Kindle HomeというサイトでYour Highlightsというアプリがあって、それを使うと本からの引用がコピペでできてしまうという便利な使い方が出来るからである。これは便利だ。

 ということで、今年も粛々とブログを更新していきます。

 今年もよろしくお願いいたします。

 なお、上の写真の六義園は1月2日から開園。

 1月2日は神田囃子と寿獅子、3日は獅子舞と貫井囃が披露されます。

 お正月の六義園はコチラ

Fujifilm X10 @Rikugien, Bunkyo (c)tsunoken

Photo

Dscf56702

2014年12月16日 (火)

Chris-Guillebeau.com

 クリス・ギレボー氏よりメール。

 題して「2014 Annual Review」。う~ん、今日は12月16日だから、そんな時期なのか。

 私は今年を振り返るのはもうちょっと先にはなりそうだが……。

Chris_guillebeau

Chris Guillebeau氏のサイト「Chris-Gullebeau.com」はコチラ

2014年12月12日 (金)

「貝と地酒専門 かいのみ(四谷)」3,000円で冷蔵庫にある日本酒が飲み放題! しかも時間無制限! 貝を肴に

 今日はコグレマサトさんのブログ「[N]ネタフル」から『「貝と地酒専門 かいのみ(四谷)」3,000円で冷蔵庫にある日本酒が飲み放題! しかも時間無制限! 貝を肴に!』を紹介。

3000

 どうですか? 今日は金曜日だし、これから……

 コグレマサトさんのブログ「「[N]ネタフル」はコチラから。

2014年12月 7日 (日)

「日経電子版 体験Day」に行ってきた

 昨日は品川駅港南口にある品川フロントビルで行われた『日経電子版 体験Day ― 東京開催』というのに行ってきた。

Dscf53092

 まだ日経電子版を体験していない人に、実際にパソコンやタブレットを使って日経電子版を体験してもらうなどして、日経電子版を契約してもらおうという企画なのだ。

Dscf53112

 勿論、既に日経電子版を契約している人にもそれを利用して、いろいろなことをやろうというためのセミナーも行われた。

Dscf53122

 セミナーは

1.これからはじめる日経電子版

2.資産運用のための日経電子版活用法

3.スマホ・タブレットで使う日経電子版

 の三つ。

 私は基本的に日経電子版はパソコンで読んでおり、スマホやタブレットでは読まないので、三つ目はパスして、上の二つだけセミナーに参加した。

 とは言うものの、「これからはじめる日経電子版」というのは、「とりあえずどんなもんかなあ」ということで出てきただけで、特別新しい情報はなかった。まあ、毎日「日経電子版」を読んでいれば普通にいろいろな項目を試してみたりするわけで、そうやっているうちに次第に自分なりの「日経電子版」の読み方が出来てきて、「ああ、この記事はコチラに繋がっているのね」ということが分かってきて、理解が出来てくる。つまり、これって紙版の新聞ではできない、それぞれ個々の人の読み方が出来るという電子版ならではの読み方なのだけれども、それはパソコンやインターネットを経験してきている身では当然に備わっているリテラシーなのでありました。

 で、昨日のポイントは二番目の「資産運用のための日経電子版活用法」なのでありましたが、これは結構使えて、日経電子版のタブの使い方なんだけれども……

Photo_4

 このタブのうち、「マネー」をクリックするとそこから派生するいろいろなパートがある訳なんだけれでも、そのうち「コラム」の中の「マネーブログ カリスマの直言」がいいとか、「やさしい投資」の中の「投資スタートアップ」がいい。「マーケット」のタブをクリックすると、「日経会社情報」の中の「記者の目」という欄が、まだニュースにならないけれども、投資家が興味を持ちそうな記事が載っているというのが気に入った。

 以前、会社員だったころ、証券会社の支店の待合室で毎日毎日、株価表示板を日がな一日眺めているお年寄りの姿は目にしていた訳であるが、今はそんなこと証券会社まで行かなくても、日経電子版を見ていれば一日中株価は分かるし、それ以外の企業情報も入ってくるってわけで、それこそ日経電子版は老後の年寄りの情報源ではあるなあ、と考えている次第。

 まあ、私も「投資家」なんて呼ばれるほど大金ではないが、多少のお金を株式投資に費やしている。そういう立場からすれば、こうした情報が新聞という紙版で朝夕1回ずつでてくる情報ではなくて、電子版として時々刻々でてくる情報を入手できるというのは大変楽に情報入手の方法ができたということなのだろう。

 今、多少反省しているのは、私が中央大学を出てどこに就職しようかなと考えた時の就職先には讀賣新聞と日経新聞があった。しかし、映画への可能性を信じて講談社を選んだのだが、講談社を退職してからは、やっぱり日経新聞に行ってればよかったかなあ、と考えているということなのだった。

 そうしたら、多少はインサイダー取引なんかの恩恵にもあずかれたかな、というのは冗談だとしても、少なくとも、日本のミクロ経済について、今ほど情報過小にはならなかったということだ。

 マクロ経済は誰でもわかるが(あるいは「見えるが」)、ミクロ経済はその専門家じゃないとわからないものね。

 そうか、そんなミクロ経済の積み重ねが「日経新聞」なんだなあ。

 って、お気軽ブログでスマソ。

 明日はもうちょっと真面目なブログになるかなあ?

より以前の記事一覧

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?