フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

スポーツ

2017年3月12日 (日)

神宮外苑学生クリテリウム

 全日本学生ロードレースカップ最終戦が今年も明治神宮外苑大学クリテリウムとして開催された。

Dsc_00762

 カテゴリーは小・中学生、ハンドサイクル、マスターズのタイムトライアル。男子大学生 グループ3 A組/B組/C組。マスターズ・クリテリウム。男子大学生 グループ2 A組/B組。女子。パラサイクリング・ロードレース(タンデム)。そして最後の大レース「男子大学生 グループ1(大学対抗)」レースが行われた。

 男子大学生グループ2 A組では中央大学の直井駿太選手が優勝したりして盛り上がったんですけれどもね(え? どこが?)。

Dsc_01202

 その後、女子のレースとかが行われて、その辺はすべてのレースでも活躍していた鹿屋体育大学の選手が大活躍って感じでしょうか。いやまあ、鹿屋体育大学って自転車競技では強いんですよね。

Dsc_01692

 で、今年エキシビジョン・マッチとして採用された「パラサイクリング・クリテリウム(タンデム)」っていう競技なんだけれども、要はタンデムサイクリングで、前に乗るのがキャプテンといって目が見える人、後ろが目が見えないストーカーとかコ・パイロットとか呼ばれる人が乗って走るんだけれども、なんかマレーシアの選手(チーム)やたら早くてもうブッチギリ。

 で、ビックリしたのはこのパラサイクリングって、確かに二人で踏むんだからってのは分かるんだけれども、速いんですよね。1.5キロ位の神宮外苑サイクリングロードでも、なんか健常者より10秒は確実に速い。そうなんだ、健常者の方が障碍者より速くて当たり前っていう考え方が差別的なんだな。よくわかりました。

Dsc_02352

 で、最後のメインレースは大学選手権ならではの「男子大学生グループ1(大学対抗)」レースです。

Dsc_02912

 結局、そのレースを制したのは日本大学の岡本隼選手。ええっと、右の方で手を上げているのはアシスト選手で、頭を下げてゴールしているのが岡本選手です。

Dsc_04742

 これでもって全日本学生ロードレースカップは終了。っていうか、他のスポーツに比べて、自転車って 随分シーズンが長いスポーツなんだな。

 いやあ、全日本学生自転車競技連盟の人たちにはご苦労さんと言いたいですね。

 こっちは見ていただけですから、どうってことないですけれども。

NIKON Df SIGMA DG 150-500mm f1:5-6.3 APO HMS @Jingu Gaien Shibuya ©tsunoken

2017年1月15日 (日)

一月場所を見に行く

 先週、土俵祭りに行ってきたときのK談社社友会のA比奈さんの悪魔の一言。

「来週、土曜日のチケットがあるんだけど、大相撲後のふぐ料理とセットでどう? グフフフ」

 そりゃあ、行かないわけにはいかないでしょう。ってなもんで、昨日は大相撲とふぐ料理のセットを堪能してきた。

Dsc_00132

 どうせ行くのなら序の口から全取り組み見ようかとも思ったのだが、さすがにそれでは一日仕事になってしまい午前中の仕事ができなくなってしまうので、午後2時ころから、幕下の数番残してからの取り組みを見てきた。

 幕下からみてよかったことは、十両の土俵入りから見られたこと。う~ん、これは初めて見たなあ。って、別に幕内の土俵入りと同じことをやっているだけですけれどもね。

Dsc_00232

 で、十両からは塩をまいたり、取り組み前の時間も少し長くなるし、「さがり」も糊付けされています。まあ、やっぱり十両からが「関取」として一人前に扱ってもらえるってことなんでしょうね。

Dsc_00242

 で、幕内力士の土俵入りがあって……

Dsc_00462

 横綱の土俵入りがあって……

Dsc_00592

 その後、行司により翌日の取り組みが示されます。へ~、こんなことやってたんだ。ってのも、やはり国技館にいったからこそ分かったことであります。NHKだとこの辺ニュースをやっちゃってんだろうな。

Dsc_00642

 でまあ、中入り後の取り組みがあるんだけれども……

Dsc_01322

 まあ、やっぱり一番安定的に強いのは白鵬だよなあ、

Dsc_01642

 ってことで、取り組み終了後の弓取り式ではあります。

Dsc_01782

 その後の、ふぐ料理は………、明日のココロだぁ!

NIKON Df AF-S NIKKOR 70-300mm f1:4.5-5.6 G @Kokugikan Sumida ©tsunoken

2017年1月 8日 (日)

“土俵祭り”に行ってきた

 今日から大相撲初場所が始まりますねえ。結びの一番、鶴竜対栃ノ心戦も気になるし、いやいや一番面白そうなのは白鵬対正代戦でしょう、っていういろいろなご意見もあるでしょうけれども、昨日は各場所の初日前日に行われる「土俵祭り」というのに行ってきた。

Dsc_00612

「土俵祭り」とは何か?

 立行司が祭主となり、祝詞を奏上し供物を捧げて場所中の安全と興業の成功、国家の安泰、五穀豊穣を祈念する行事なんですね。最初はどこかの神社の神主が来て祝詞を上げるのかなと思ったのだが、そうじゃなくて行司が神主と同じ立場なんですね。やっぱり、相撲ってのは「神事」なんですね、スポーツじゃなくて。

 当然、理事長、審判部の親方衆、三役以上の全力士、全行司、溜会幹部などが出席して行われます。

Dsc_00802

 今は木村庄之助がいないので、その一つ下の立行司40代式守伊之助が祭主です。

Dsc_00252

 いろいろ儀式があった後で、土俵に開けられた穴に供物を捧げます。

Dsc_00982

 供物は塩、昆布、するめ、勝栗、洗米、かやの実などの縁起物、

Dsc_00842

 そして出席者全員がお神酒で身を清めます。

Dsc_00972

 最後は触れ太鼓が土俵を3周して土俵祭りはおしまい。

Dsc_01022

 しかし、この土俵祭りは無料で誰でも見られるってもんだから、まあ、9時45分の開門の30分前からこんな長蛇の列。

Dsc_00012

 まあ、確かにタダでお相撲さんを見られるし、うまくすれば一緒に写真も撮れちゃうんだから「スー女」にとっては夢のようなイベントだなあ。

NIKON Df AF-S NIKKOR 70-300mm f1:4.5-5.6 G @Ryogoku Kokugikan Sumida ©tsunoken

2016年12月18日 (日)

チャレンジマッチ東大WARRIORS、TDできなきゃ勝てないよ

 今日は早稲田大学と関西学院大学で行われる「甲子園ボウル」なんだが、その前に、昨日はアミノバイタルフィールドでチャレンジマッチ(TOP8とBIG8の入れ替え戦)の模様をお伝え。

 第一試合はTOP8最下位(7戦全敗)の日本体育大学トライフォント・ライオンと、BIG8第一位(7戦全勝)の東京大学ウォリアーズの試合だった。

 試合前のコイントスで勝った東大は当然リターンを選択。まず先にタッチダウン(TD)を狙う。取り敢えず先制点を取った方が有利なのはどんなスポーツでも同じことだ。

Dsc_00142

 で、日体大のキックオフをキャッチしたランニングバック(RB)#28荒井なんだが、日体大にタックルされて、なおかつボールをファンブルしてしまう。でそれを日体大#33コーナーバック菅野に抑えられて、早速攻守交替。

Dsc_00092©tsunotomo

 攻守交代後は日体大クォーターバック(QB)#11小林が自らゴールラインに持ち込んで、第1クォーター(Q)残り9分24秒という早い時間にTDを奪われる。

Dsc_00242

 しかし、結局両チームともパント合戦状態で、第2Q残り6分05秒で東大フィールドゴール(FG)で7対3にした。う~ん、ここまでは「何とかなるかな?」って感じだったんだけれどもね。

Dsc_00862

 が、しかし第2Q残り2分19秒、日体大が40ヤード以上の長距離FGを決めて、10対3に。

Dsc_01062

 第3Qは東大タイトエンド#82岸本のあわやTDかというところをタックルされて、ならず!

Dsc_01362

 第3Q両チームとも得点できずに、第4Q残り10分40秒で日体大#45がゴールに持ち込んでTD。17対3に。

Dsc_02092

 結局、そのまま試合は終了し東大WARRIORSはTOP8昇格はならず、来年もBIG8で戦うこととなった。

 ただし、昨日の試合っていままでの東大の戦い方とちょっと違うんだよね。

 これまでは#33RB宮山、#28荒井がゴリゴリ進んでファーストダウンを奪うというランオフェンス中心でBIG8の試合を戦ってきたんだが、どうも昨日の試合はパスオフェンスにこだわったいるような気がしてならなかった。確かにタイトエンドとかワイドレシーバーが育ってきているってのは分かっているが、なにもそれを入替戦で使わなくってもなあ。

 相手の日体大も東大とはそんなに力の差はないチームで、RBの#10北詰はゴリゴリ行くタイプで成功していたが、それ以外はパスもあまり成功しないし、それほど東大との差はない。まあ、やっぱりTOP8最下位チームはこんなものね、っていう程度のチームなのだ。

Dsc_02062

 っていうことは、昨日の敗北はなんか作戦ミスって感じがする。

 アナライジングスタッフで負けたってところではないでしょうか。今まで通りに普通に戦っていれば勝っていたのかもしれない。

 まあ、結果が出てしまった試合に「もしも」はないんだけれどもね。

 ちなみに、TOP8第7位の明治大学と戦った、BIG8第2位の横浜国立大学だが、こちらも残念ながら12対13で負けて、やはり来年もBIG8で戦うことになった。12月5日のブログに「アメフト東大vs.拓大戦、東大以上に拓大の方が心配だなあ」と書いた拓殖大学は、昨日の第三試合で桜美林大学に負けて二部降格ということになってしまった。

 お互い、ファンとしてはいろいろ気をもみますな。

NIKON Df SIGMA DG 150-500mm f1:15-6.3 APO HSM @Amino Vital Field Chofu ©tsunoken

2016年12月 5日 (月)

アメフト東大vs.拓大戦、東大以上に拓大の方が心配だなあ

 昨日のアミノバイタルフィールドは第二試合が関東代表の早稲田大学対東北北海道代表の東北大学という東日本代表決定戦なので、甲子園ボウルのモニュメントが置かれていた。

 その第一戦が関東学生アメリカンフットボールリーグBIG8の東京大学ウォリーアズ対拓殖大学ラトルスネイクスという、実は全勝チーム対全敗チームの試合でありました。

Dsc_02102

 東大のキックオフで始まったゲームなのだが……

Dsc_00052

 拓大のキックオフリターンは20ヤード位しか戻せず、その後もQBサックやロスタックルの連続で、すぐにパントになってしまう。

Dsc_00062

 ということで第1クォーター(Q)残り5分11秒、#13ワイドレシーバー瀬戸へのタッチダウン(TD)パスが決まり、トライフォーポイント(TFP)のキックも決まり早々に東大7点先取。

Dsc_00262

 その後も拓大はほとんどファーストダウンが取れずにパントになってしまうのだが、第2Q、そのパントも東大#87中澤がブロック! 拓大のパントカバーチームは何をやっているんだろう。望遠レンズで覗いていると試合の全体像が見えないので、拓大のパントカバーチームが何をやっているか見えないのがもどかしい。

Dsc_00522

 で結局、東大#52ディフェンスライン加藤にTDを献上という結果に。ディフェンスですよディフェンス!

Dsc_00562

 この日の拓大は、ハーフラインを超えて敵陣に入ったのはこの第2Qでフィールドゴール(FG)を決めたシリーズのみという状態で、まったく攻撃になっていない。

Dsc_01572

 結局、東大の7TD1FG、拓大が1FGのみという52対3という大差で終了したんだが、まあ、1年過ぎるとガラッと選手層が入れ替わってしまうという、学生スポーツではよくあることなんだが、今の拓大では2部との入替戦も心配になってしまうレベル。

 特に今年のBIG8では上位にいたはずの専修、帝京、拓殖の3チームがすべて2部との入替戦出場という異常事態になってしまった。

 東大はいよいよ12月17日TOP8第8位の日体大戦だ。面白いのはBIG8第2位が横浜国立大学でTOP8第7位の明治大との入替戦になる。BIG8第1位、第2位が両方とも国立大学という面白い入替戦になる。両校とも頑張ってほしい。

NIKON Df SIGMA DG 150-500mm f1:5-6.3 APO HSM @Amino Vital Field Chofu ©tsunoken

2016年11月21日 (月)

東大WARRIORS快勝! でも、心配なこと

 5勝0敗の東大WARRIORSと2勝3敗の帝京大ASSASSINSのアメフトの試合が昨日行われた。まあ、最初から東大が勝つだろうという戦前の予想ではあったが、しかし、昨年の同ゲームでは10対7で帝京大が勝っているし、結構トリックプレイの上手な帝京大には要注意だ。

 試合は帝京大のキックオフ、東大のレシーブで始まった、東大2ndシリーズ目、ランニングバック(RB)#28荒井が敵陣ゴール2ヤードまで攻めると。

Dsc_00282

 キッチリRB#33宮山が第1クォーター(Q)残り5分33秒にタッチダウン(TD)して先制のゴール。その後のトライフォーポイント(TFP)も決めて7対0に。

Dsc_00362

 ところがその後は両チームともゼロ得点で、7対0のまま前半戦を終える。

 第3Qは東大のキックオフから。ここもやっぱり#28荒井がゴール寸前まで持ち込む。

Dsc_01762

 そこでクォーターバック(QB)#14荒川が自ら持ち込んでゴール。TFPも決めて14対0。

Dsc_01782

 第4Qファーストプレイは帝京大のショートパス。これをデフェンスバック(DB)#80三宅がインターセプト!

Dsc_01892

 続くオフェンスは反則が続きちょっともどかしい展開となるが、最後はRB#21関野が走りこんで、TFPも決めて21対0.

Dsc_02102

 その後の守備は帝京大の4thダウンギャンブルをインターセプトして攻撃権を得る。

 最後はQB#14荒川のTDで27対0に。

Dsc_02512

 最後は試合時間残り3秒まで持ち込んで、キッカー#20鎌形がフィールドゴールを決めて30対0で終了。

Dsc_02772

 30対0というと楽勝のように見えるが、できれば前半にもう1TDして2ポゼッション差でもって後半戦に入れればもっと精神的に楽な展開になったのに、という点と、オフェンス側で問題は#33RB宮山のTDが仲間の反則(それもパーソナル・ファウル=罰退距離が10ヤードとか15ヤードと長い)で2回も帳消しになったことが、ちょっと気になる。

 まあ、昨日の結果を受けてBIG8第一位は決定したのだが、問題は12月17日に行われるチャレンジマッチ(入れ替え戦)だ。BIG8一位の東大はTOP8最下位の日体大と試合をすることになるのだが、 今のままのオフェンスではTOP8のいやらしい守備に負けてしまいそうだ。

 その辺の調整が今からの急務なのではないだろうか。ディフェンス陣の更なる強化と、オフェンス陣の取りこぼしのない攻撃だな。

NIKON Df SIGMA DG 150-500mm f1:5-6.3 APO HSM @Amino Vital Field Chofu ©tsunoken

2016年11月 6日 (日)

東大、全敗専修大にあわやの薄氷の勝利

 先々週、国士館大に勝って4戦全勝でTOP8との入れ替え戦を目指す東大と、4戦全敗でもう後がない専修大の一戦が昨日あったわけなんだけれども、意外や意外の試合展開ではあった。

 専修大キックオフ、東大レシーブで始まった第1クォーター(Q)、残り2分5秒、いつもの#33ランニングバック(RB)宮山のタッチダウン(TD)で先制点を取る。

Dsc_01272

 ところが第2Q、残り8分56秒、専修大#15ワイドレシーバー(WR)山内のTDで同点にされると……

Dsc_02122

 その直後、専修大のキックオフを#33RB宮山がキャッチ……

Dsc_02222

 そのままボールを持つとTDしてしまうという、キックオフリターンタッチダウンというビッグプレイで再び専修大を突き放す。

Dsc_02272

 が、第2Q終了直前、専修大#11WR小堀がTDで再び専修大に14対14に追いつかれ、前半終了。

Dsc_03522

 後半は東大のキックオフ、専修大のリターンで試合再開。第3Q終了直前、#81WR岸本がパスキャッチ後走りこんでTD。21対14で第3Q終了。

Dsc_05092

 第4Qも残り2分位になってこのまま東大勝利か? と思った残り1分43秒、専修大#19WR金子へのTDパスが決まって21対21となって、そのまま試合は終了。

Dsc_06712

 タイブレークとなって専修大の攻撃はフィールドゴールで3対0。

Dsc_07612

 後がない東大は敵ゴール前まで攻め込むと、クォータバックから渡されたボールを……

Dsc_07872

 #28RB荒井がそのままゴールラインまで持ち込んでTD。TB6対3で薄氷の勝利をモノにした。

Dsc_07942

 しかし、得点経過を見てみると問題は明白で、専修大の3TDはすべてワイドレシーバー、対する東大はランニングバックが2得点、タイトエンドが1得点と、相変わらずパス攻撃が弱いということなのだ。昨日の試合もかなりのパスがインターセプトされていた。TOP8に勝つためには、ラン攻撃は基本的に問題ないとして、パスの精度を上げるということしかないだろう。

 取り敢えず全勝で入れ替え戦(チャレンジマッチ)に一歩近づいた東大だが、チャレンジマッチが行われる12月17日までの課題として、パス攻撃だな。それがチャレンジマッチ突破のカギになりそうだ。

NIKON D7000 AF NIKKOR 70-300mm f1:4.5-5.6 @Amino Vital Field, Chofu ©tsunotomo

2016年10月30日 (日)

ブルズ、ロースコアゲームを制する

 Xリーグ・レギュラーシーズン最終戦のブルズの相手はX2から上がってきたブルザイズ東京。ただし、ブルズはXリーグ・イースト、ブルザイズはXリーグ・セントラルなのでこの試合の結果による順位の変動はない。

 で、まあそれはよいのだが、双方決め手を欠く攻撃でなかなか点が入らない。なんとか第1クォーター(Q)でフィールドゴールに持ち込んだブルザイズなのだが、結局、前半の両チームの得点はそれのみ。

Dsc_00222

 なんと3対0という、何か野球の試合を見ているような感じで前半は終了。

Dsc_01162

 第3Qはブルザイズのキックオフ、ブルズのリターンと、ここからがブルズの得点のチャンス。

Dsc_01192

 第3Q残り8分23秒で#1猿渡がタッチダウン(TD)! この試合の最初のTDとなったものの、その後のポイントアフタータッチダウン(PAT)は失敗。まあ取り敢えず6対3の逆転には成功するブルズ。まあ、実はこの辺から頭の中には「超ロースコアゲム」ってのが浮かんできたんですけれどもね。だって「6対3」って、どう考えてもアメフトの試合じゃないでしょ。

Dsc_01442

 その後も再び双方決め手を欠くオフェンスでボールは双方のチームを行ったり来たり。

 第4Q残り1分強になったところでブルズに攻撃権が来ると、このままラン攻撃で時間を使ってブルズの勝ちかな(おっ、それは予想通りの展開って)、思ったらなんと#5クォーターバック藤原がパスをするではないか。これをインターセプトされたら再び攻撃権がブルザイズになってしまうぞ、という心配ももどかは、何とか残り27秒で#19森が藤原のパスをキャッチ。そのままエンドゾーンへ運んでしまいTD! ありゃあ、ブログのコンセプトが狂っちまうじゃないかよ。って、言っても始まらない。

Dsc_02522

 勿論、今回のPATはキッチリ決めて13対3で試合を終える。う~ん、なんだかつまらない。

Dsc_02562

 まあ、さすがにキャプテン#2柚木もうれしそう。次は12月10日、11日のX2との入れ替え戦であります。

Dsc_02742

 さすがに6対3っていう野球の試合みたいな最終得点にならなかったのはよかったが、まあブログネタ的にはそちらの方が面白かったんだがな。

「ブルズ、野球みたいな超ロースコアゲームを制する」って言ってね。

NIKON Df SIGMA DG 150-500mm f1:5-6.3 APO HSM @Yokohama Studium ©tsnoken

2016年10月24日 (月)

TOP8との入れ替え戦が見えてきた東大WARRIORS

 昨日行われた関東学生アメリカンフットボール1部BIG8の試合は、3勝0敗同士の東京大学ウォリアーズ対国士舘大学ライナセロス。勝った方が12月17日に行われるTOP8とBIG8との入れ替え戦「チャレンジマッチ」に出場できる可能性が高くなる一戦で、否が応でも気になる一戦となった。

 東大のキック、国士館のレシーブで始まった試合。第1クォーター(Q)は双方とも点が入らずに0対0に終わったのだが、その第1Q、国士館キッカーの#43中村の27ヤード(Y)からのフィールドゴール(FG)、普通なら簡単に決まる距離なのだが、これを外してしまう。このFG失敗が昨日の試合の勝負を決めたような印象的なFG失敗だった。

Dsc_00932

 第2Q、国士館クォータバック(QB)のフィールド外への投げ捨てパスをデフェンスバック#2村本がインターセプトすると、残り6分21秒、東大のランニングバック(RB)#21関野が49Yのタッチダウン(TD)ランでまず先制。

Dsc_01792

 その後、国士館RB#32高橋がTDで東大を追いかけ、前半を7対7で終える。

Dsc_02512

 今度は東大のレシーブで始まった第3Q。残り9分8秒で東大RB宮山がゴール寸前まで運ぶランで攻め込むと、#21関野が再びTD。その後のポイント・アフター・タッチダウン(PAT)も決めて14対7とする。

Dsc_03442

 同じく第3Q国士舘の攻撃は残り2分13秒で再び#43中村のFGとなり、今度は31YのFGを決めて、14対10.

Dsc_04152

 その後も東大は#91のディフェンスライン伊澤エルゥイン賢一の2QBサックなんていうビッグプレイも挟んで、積極的なプレイを重ねる。

Dsc_04772

 第4Q残り5分9秒、RB#33宮山が50Y近くのランで持ち込んで20点目。その後のPATは失敗したのも、残り時間と点差を考えるとご愛敬。

Dsc_05122

 折り返しの国士舘の攻撃も残り2分41秒でパントで終了したら、その後は東大が時間を使ってゆっくり攻撃。とにかくランだけで時間を稼いで20対10で東大の勝利となった。

 結果、東大の4勝0敗で勝ち点は12となり、この時点でBIG8は東大がトップ。この後、専修大、帝京大、拓殖大の3校に取りこぼしをしなければ、東大にチャレンジマッチ出場権が入る。チャレンジマッチのTOP8出場校は多分、立教大か日体大だろうが、とにかくチャレンジマッチに勝利してTOP8に入り、来年は正々堂々と「目標は甲子園ボウル出場」と言ってほしい(ウソでもね)。

 まあ、高校球児が「目標は甲子園出場」って言うのと同じような意味ですけどね。

NIKON D7000 AF NIKKOR 70-300mm f1:4.5-5.6 G @Amino Vital Field, Chofu ©tsunotomo

2016年10月20日 (木)

がんばれ中央大、あと1勝だ!

 箱根駅伝予選会では11位に沈んだ中央大学。「ああ、もうこれで正月の讀賣新聞前行きや日テレ観戦はなくなるなあ」なんて考えていたら、神宮でも中央大は熾烈なドベ争いをしているのだった。

 辛うじて勝ち点1を挙げて5位につけているのだが、最下位の専修大と中央大は、専修2勝8敗、中央2勝7敗と紙一枚の差。昨日・今日の対戦で専修が勝ち点を上げてしまうと、同じ勝ち点1でも勝率で負けてしまい最下位、見事中央の入れ替え戦出場となってしまうのだ。

「うわっ! これはいかん!」と神宮球場に駆けつけてみると、なんと第1戦目の日本大が1対0で勝ちかと思っていたら、亜細亜大が頑張っちゃってなんと延長14回まで押している。そのおかげで、肝心の中央大対専修大戦の試合開始は50分ズレて午後2時20分になってしまった。

Dsc_00022

 まあ、それでも1回裏、2番土谷が出塁し……

Dsc_00102

 吉田のタイムリーで……

Dsc_00162

 まず1点先取。

Dsc_00172

 その後も堀内の打球をライトが捕球エラーをしているうちに2点。

Dsc_00272

 と1回裏に3点を先取した中央大。幸先のよいスタートを切った。その後、2回表に専修大から1点を返されたものの、専修大の反撃もそこまで。その後、延々と6回までゼロ行進が続く。

 う~ん、このゼロ行進が嫌なんだよねえ、どこかで反撃を食らってっていう、いつもの中央大の試合の展開だなあ、これでどこかで追加点を取られちゃったらなあ、と思っていたのだが、7回の攻撃の前の校歌斉唱が効いたんだろうか(まあ、別にそんなことはないんだろうけれども、まあ「応援団視点」っていうんですか?)。

Dsc_01292

 7回裏、飯嶌、土谷の連続ヒット、吉田が四球を選ぶと、小河のセンターへのタイムリーで2点追加。

Dsc_01452

 いやあ、なんとかこれで勝ちが見えてきたっていうものだ。

Dsc_01472

 試合はそのまま、8回表裏、9回表を終了し、中央大の先勝!

 これで中央大3勝7敗、専修大2勝9敗とホンのちょっとリード。

Dsc_01712

 今日も勝てば、入れ替え戦行きはないぞ……。

 今日も応援しに行かなくちゃあな……。ギャラリーバウハウスの田中長徳写真展はその後だ! まあ、神田で近いしな。

Dsc_01722

 しかし、終わってみればすっかりナイターだよ。

NIKON Df AF-S NIKKOR 70-300mm f1:4.5-5.6 G @Jingu Stadium (c)tsunoken

より以前の記事一覧

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?