フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

スポーツ

2017年6月 5日 (月)

実業団スポーツを考える

 アメリカンフットボールXリーグの2017年春の公式戦、パールボウルの準決勝戦が昨日行われた。

 対戦は第一試合がAブロック1位のノジマ相模原ライズ対Bブロック1位のIBMビッグブルー、第二試合がCブロック1位のLIXILディアーズ対Dブロック1位のオービック・シーガルズ。

Dsc_00792

 試合結果から先に言ってしまうと、第一試合は27対19でIBM、第二試合が35対7でオービック・シーガルズが勝って、両チームが6月19日の東京ドームでの決勝戦に臨むことになった。

Dsc_01182

 で、まあ、どちらのチームにも肩入れしていないで、ただ単に試合を見に行ったので、そんな時はいろいろなことを考えてしまうのですね。

 つまり、「プロではない実業団スポーツって何なんだ」ってなことをです。

 実業団スポーツって何なのか? 昔は実業団って、基本的には各企業に属していて、そこの従業員たちが、仕事上ではかなり優遇されていて、いわばセミプロ的にスポーツをやっていた。企業としては自分の会社のイメージアップと同時に、各社の従業員の企業に対する忠誠心(ロイヤリティ)のアップなどが目的で、しかし実際には企業の更正予算から出費して運営していたスポーツ事業だったのだ。

 で、その実業団に属していた選手の内、ホンの少しの選手だけプロから誘われる。

Dsc_02232

 いつしかその考え方が変わってきて、実業団からクラブチームへ企業がスポンサーとして出費するような形になってきた。

 理由としては……

『一には、企業がスポーツチームを所有する有効性が薄れたことである。昭和末期以降のプロスポーツ化に加え、通信技術の発達により海外のトップリーグスポーツの視聴が容易になったことから、国内あるいは一地域のアマチュアのみで行う実業団スポーツへの注目度が相対的に薄れ、広告宣伝手段としての費用対効果が悪化した。加えて、平成以降の日本企業の縮退傾向は、企業を経営資源の選択と集中へと向かわせ、十分な費用対効果を生み出せないと判断された実業団は次々と整理の対象とされた。
 二には、アマチュアスポーツからの脱却によるプロ化・クラブチーム化の流れである。これは、底流としては1980年代以降、当時の国際オリンピック委員会 (IOC) 会長のフアン・アントニオ・サマランチが推し進めた「オリンピックの商業化」によるプロ選手出場の容認があり、この流れの進展により、「オリンピックに出場できない」ことを気に病む必要のなくなった社会人スポーツ各種目の協会・リーグが徐々に契約選手を容認するようになった。
 三には、スポンサー支援の有用性が認識されたことである。昭和期においては企業自らが実業団を所有し、チームに自社名を冠することが宣伝効果であると認識されていたが、時代の流れに伴いそれが通用しなくなる現状が多くなり、特に1990年代以降サッカーにおいて「地域密着」のスローガンのもとでクラブ名から企業名を排除した日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)のビジネスモデルが一定の成功を収めるようになると、サッカー以外においても実業団が地域との協働によるクラブチームに移行する流れを作った。新日鉄の実業団廃部の際も会社がクラブチームへの移行に導き(新日鉄堺バレーボール部→堺ブレイザーズなど)、引き続き一スポンサーとしての支援を継続した』(Wikipedeia)

Dsc_02692

 勿論、チームによってはプロ登録をしている選手もいて、彼等には給料が支払われている。まあ、だからNFLのドラフトにかからなかった選手が、日本のXリーグで戦っていたりするんだが……。

 野球なんかだと、まだ実業団からプロのドラフトにかかったりするケースも多いんだけれども、NFLドラフトにかからなかった選手が、Xリーグで戦って、その結果、NFLドラフトにかかった例は今のところない。まあ、NFLとXリーグではそれだけレベルが違うってことなんだ。ってことは、じゃあXリーグって、学生でアメフトをやっていた選手たちが、学生だけで終わってしまうのは多少気持ちが残るってことで、社会人になっても選手生活を続けるっていうパターンなんですね。

 ってことは、所詮Xリーグから上を目指さないスポーツって言葉は悪いけれども「草野球」ならぬ「草アメフト」ってわけなんですね。まあ、選手の家族とか、クラブチームをスポンサードしている企業の従業員なんかがファンになっているけれども、あまりXリーグで「チームのファン」って感じがしないのも、そういった理由によるものなのだろうか。

 まあ、自分が応援している選手がいない試合を見てると、そんな余計なことを考えたりするんですね。

NIKON D7000 AF-S Nikkor 70-300mm f4.5-5.6 G @Fujitsu Stadium Kawasaki ©tsunoken

2017年5月29日 (月)

ツアー・オブ・ジャパン・総合優勝はチーム右京オスカル・プジョル・ムニョス

 5月28日はツアー・オブ・ジャパン最終東京ステージが行われた。

 ツアー・オブ・ジャパン自体は5月21日の堺ステージに始まり、京都、美濃、いなべ、南信州、富士山、伊豆と連戦してきて、最終第8ステージが東京ステージというわけ。

 いつもの通り日比谷シティ前をスタートした一団は大井埠頭の周回コースへ向かう。

Dsc_00112

 大井埠頭の周回コースはほとんどフラットなコースなので、ここで何か大きな逃げが決まるということはなく、大体、第6富士山ステージの結果が総合優勝になることが多い。

 今年もそんな感じで、富士山ステージで2位に1分40秒の差をつけたチーム右京のオスカル・プジョル・ムニョス(スペイン)が、2位に1分22秒差で総合1位を守って最終東京ステージにやってきた。

Dsc_00222

 要はムニョスとしては、トップから1分22秒以内で最終ステージをフィニッシュすれば優勝ってこと。

Dsc_00382

 ということで、ここ東京ステージでも11~13人位の逃げ集団が形成されたのだが、集団はこの逃げを容認。ただし、およそ30秒程度の差は保ったままだ。

Dsc_00922

 勿論、集団上位にはリーダー(グリーン)ジャージを着たムニョスがしっかり位置し、それをチーム右京軍団ががっちりガード。

Dsc_00792

 ステージ優勝はヨン・アンデル・インサウスティ・イラストルサ(バーレーン・メリダ/スペイン)だったが、オスカル・プジョル・ムニョスはしっかり差をキープして総合優勝をモノにした。

 う~ん、それにしても片山右京の「お遊びチーム」だと思っていたチーム右京が、いつの間にかこんなに上位常連のチームになったということ。まあ、それに従って、次第に日本人レーサーがいなくなったのは、ちょっと寂しい。

Dsc_02532

 更に残念だったのは、バーレーン・メリダにはランプレ・メリダからそのまま移籍している新城幸也が所属しているのだが、今回のツアー・オブ・ジャパンには参加していないということ。

 まあ、いろいろ事情があるんだろうけれどもね。

NIKON Df SIGMA DG 150-500mm f5-6.3 APO HSM @Shimbashi Minato, Ohi Wharf Shinagawa ©tsunoken

2017年5月 8日 (月)

う~ん、やっぱりパントばかりじゃ勝てないよね

 春のXリーグ公式戦、パールボウル・トーナメントBブロックはIBMビッグブルー、東京ガス・クリエイターズ、BULLSフットボールクラブの3チームで争われる。既にIBMに敗れているBULLS、これから2戦を戦う東京ガスということで、両チームともこの一戦がブロック2位を掛けた一戦になるというわけでいや応でも盛り上がるはずの一戦が昨日行われた。

Dsc_00102

 BUULSのキックオフで始まった試合は第1クォーター(Q)最初のタッチダウン(TD)こそ防いだBULLSだったが、その後第1Q残り8分29秒でフィールドゴール(FG)を決められ、まず3点献上。

Dsc_00242

 その後、BULLSが4thダウンでやむなくパントをしたその球を東京ガスがなんと、パントリターンTDという大技を決めて、第1Q2TD1FGの17点とされる。

Dsc_00382

 その後、第2Qは東京ガス2TD、BULLS1TD、第3Q東京ガス1TDとなり、第4Q開始までに38対7という大量得点差となってしまう。

Dsc_01072

 その間、BULLSにいいところがなかったと言えばそうではなく、まあそこそこ頑張っていたんだが、問題はパス攻撃が全然通らなかったことと、ラン攻撃も中央突破ばっかりなので距離が伸びず、結局、パントでシリーズを終える展開になってしまったことが多かった。

Dsc_01902

 第4Qになってやっと歯車が回り始めたBULLS。2連続TDでもって合計21点まで挽回するものの、合計得点41対21という結果で、Bブロック3位が決定した。

Dsc_02602

 う~ん、まあ、プロではないし、結構年寄りも多いBULLSプレイヤーはまあお楽しみでアメリカンフットボールを愉しめればいいのだろうけれども、ファンとしてはちょっと情けないなあ。

 次は6月17日のAブロック3位、警視庁イーグルスとの3位同士の交流戦だ。

 まあ、最終戦くらいは何とか勝利で飾ってほしいものであります。

NIKON Df SIGMA DG 150-500mm APO HSM @Fujitsu Kawasaki Staduim Kawasaki ©tsunoken

 

2017年5月 6日 (土)

今更ながら「牛の角突き」って、何なんだろう?

 そういえば、いつごろから牛の角突きを見るようになったんだろう。

 ということで、以前書いたブログを読んでみた。と、2010年5月4日と5日のブログで、今年と同じ、5月3日の小千谷闘牛、5月4日山古志闘牛の両初場所について書いてある。

Dsc_01672

 実はその5月4日の山古志闘牛の部分で、その前の年の11月3日に山古志闘牛場のお披露目の話が載っており、それまで山古志闘牛場の改装期間中は何回か虫亀闘牛場で行われた山古志闘牛を見に行ってて、なおかつ小千谷闘牛はこの日に初めて行ったようなことを書いてある。

Dsc_00532

 ってことは私が越後の闘牛をはじめて観たのは2009年のいつかってことまでは分かった。

Dsc_02042

 その後も、毎年新潟まで闘牛を見に行く度にブログにUPしていることはよく分かったんだが、いつの間にかわからなくなってしまったことが、「何故、私は闘牛を見続けているんだろうか」ってこと。

Dsc_02102

「南総里見八犬伝」は闘牛を見るずっと以前に、小学生向けにダイジェストしたもので読ん覚えはある。が、そこに「越後二十村郷の牛の角突き」が書いてあることを知ったのは、むしろ闘牛を見始めてからのことだ。というかもしかしたら子供向けにカットされていたのかも知れない。

Dsc_02122

「牛のぶつかり合い」に感動したんだろうか? というよりも、草食動物の牛同士がこんなに激しいぶつかり合いをすることが不思議でならなかった、という覚えはある。

Dsc_02272

 そうか、越後の闘牛を見始めてから今でもつきまとっている疑問が「牛たちよ、お前たちは何故闘うのか?」っていうことだったんだなあ。

 それが牛の角突きを見続けている理由だったんだ。

Dsc_01252

 それについての結論はいまだに見つかってはいない。

NIKON Df SIGMA DG 150-500mm f5-6.3 APO HSM @Yamakoshi Nagaoka ©tsunoken

2017年5月 5日 (金)

5月3・4・5日は牛の角突き初場所

「5月3・4・5日は越後牛の角突きの初場所だ」という書き出しで昨日のブログはスタートするはずだった。

 ところが、それが出来なくなってしまったのは、旅先にSDカードリーダーを持っていくのを忘れたというテイタラクの結果なのだった。

Dsc_02182

 普段使っている家のパソコンにはSDカードリーダーが内蔵されているので、何となくそのままにして旅に出てしまったのだ。

Dsc_00012

 ところが旅先に持って行っているLENOVO ThinkPad X121eには、当然SDカードリーダーが内蔵されていないので、旅に出るときはいつもSDカードリーダーを持参していくのが常なのだが、それを忘れてしまった。

Dsc_00022

 牛の角突き自体は、5月3日が小千谷、5月4日・5日が長岡山古志と毎年決まっていて、春先になると、いよいよ闘牛の季節だなと準備を始めるのが常だったのだが……

Dsc_00292

 今年は若干気の弛みからか、それを怠ってしまったのだ。

Dsc_00312

 で、取り敢えず昨日は書き溜めていた分のブログからUPして……

Dsc_00392

 今日、帰京してから慌てて書いているという次第。

Dsc_00402

 まあ、牛の角突きについて詳しいことは明日からのブログをご期待いただくことにして……

Dsc_00422

 取り敢えず、「まだ春」って感じの映像からご覧ください。

NIKON DF SIGMA DG 150-500 f5-6.3 APO HSM @Odiya & Yamakoshi Nagaoka ©tsunoken

2017年4月26日 (水)

「声なき声」の大衆は、楽天vs.ロッテ戦へ

 まーたまた訳のわからんタイトルで始めたブログであるが、まあブログなんてそんなもん。

Dsc_00292

 昨日は年に一日だけある東京ドームでの東北楽天イーグルスの主催ゲームが行われた。対戦相手は千葉ロッテマリーンズ。

 へーぇ。プロでも高校野球や大学野球みたいに、ノックとか試合前に円陣を組んでミーティングなんてやるんだと思ったら……

Dsc_00272

 トレンディエンジェルの元楽天(契約)社員、斉藤さんの始球式でもって試合開始。この斉藤さんって、元高校球児だったそうな……。

Dsc_00562

 楽天辛島……

Dsc_00612

 ロッテ西野の両投手の投げ合いで始まった試合は……

Dsc_00652

 一回裏、アマダーの犠牲フライで……

Dsc_00772

 ペゲーロがホームベースを踏んで先制。

Dsc_00782

 後は皆さんが知っての通り、九回裏の攻撃を残して楽天が4対2で勝利って結果だったんだが、この日のゲームは「楽天球団史上最高入場者数」でもって「満員御礼」が出たんだなあ。

 でも、なんで普段大学野球や高校野球は義理で見に行くけど、プロ野球なんて興味がない私がプロ野球 を見に行ったんだろう。

 って、実は楽天カード会員に対して「年に一度の東京ドーム主催ゲームに無料招待」ってのに応募して、当たっちゃったからなんだよね。なので、今日のお客さん、外野席の熱心なファン以外はほとんどが「タダ券」で入場した楽天カード会員か、あるいは楽天社員ばっかり。だったら、そりゃあ「楽天球団史上最高入場者数」でもって「満員御礼」になるわけだ。そう、「入場者数」は最高かもしれないけれど、「入場料金収入」は最高じゃないってことですね。

 しかし、昨日(4月25日)は北朝鮮の「建軍節」(朝鮮人民軍創建記念日)に合わせた「6回目の核実験」や「ICBM(大陸間弾道ミサイル)発射」などが予想され、アメリカの対応次第では日本も巻き込まれる米朝戦争勃発の危機の日でもあったのだ。

 でも、そんなのぜ~んぜん気にしないで、東京ドームだもんね。

 昔、60年安保の時に岸信介が「国会周辺は騒がしいが、銀座や後楽園球場はいつも通りである。私には“声なき声”が聞こえる」と発言したのと、状況は全く違うが、現象としては似たようなものが起きていたわけだ。

 まあ、「平和ボケ」と言ってしまえばその通りなんだけれども、もうちょっと緊張感をもった方がいいのかもね。な~んてことを、東京ドームで野球の試合を見ていた当の私が言える訳はないでしょ。

NIKON Df SIGMA DG 150-500mm f5-6.3 APO HSM  @Tokyo Dome Bunkyo ©tsunoken

2017年4月23日 (日)

BULLS予想通りIBMに大敗、でも……

 昨日から春のXリーグ公式戦「パールボウル・トーナメント 2017」が始まった。

「パールボウル」とは何か? 基本的に春は地域別に行われるXボウル、春はAブロック「富士通フロンティアーズ/ノジマ相模原ライズ/警視庁イーグルス」、Bブロック「IBM BigBlue/東京ガスクリエイターズ/BULLSフットボールクラブ」、Cブロック「LIXIL DEERS/オール三菱ライオンズ/富士ゼロックスミネルバAFC」、Dブロック「オービックシーガルズ/アサヒビールシルバースターズ/明治安田PentaOceanパイレーツ」の4ブロックに分かれて、その1位同士が決勝トーナメントに進むという、なんかトーナメント表を見るだけで、A、Dブロックを除くと、どこが決勝トーナメントに行くのか分かっちゃうようなトーナメント内容なのだ。

 まあ、リーグ戦を行えるような時間が春にはないってことで、トーナメントになってしまうんだろうけれども……。

Dsc_00192_2

 で、余裕のIBMはコイントスで勝ったものの、前半キック、後半レシーブを選択するって、何だよそれ。

 それに応えるかのように(応えなくっていいちゅうんじゃ)、決してフアーストダウン(FD)が奪えないBULLSは必ずと言っていいくらい、4thダウンはパントってわけで……

Dsc_00292_2

 IBM、第1クォーター(Q)残り8分9秒で早速、タイトエンド(TE)#84小林がエンドゾーンにボールを持ち込んで、先制タッチダウン(TD)。

Dsc_00382_2

 その後も攻めあぐんでいるBULLS。なかなかFDが奪えずに、ということは陣取り合戦で、陣が撮れないっていうことで。

Dsc_00812_2

 対するIBMはクォーターバック(QB)#3ケビン・クラフトやランニングバック(RB)#10末吉あたりの一線級は出さずに、余裕で戦いを進めている。

Dsc_00862_2

 第3Q、残り6分53秒でなんとかフィールドゴー(FG)ゾーンにボールを持ち込んだBULLS、キッカー畑木が決めて3点を返す。

Dsc_00922_2

 が勿論、そのまま試合は進んで、結局、5TDのIBMに対して、BULLSは1FGのみという結果で、34対3という大敗ぶりではあった。

 まあ、IBMが一枚落として戦うことは目に見えていたし、まあ1FGだけでも返せたからよかったんじゃね? という見方もなくはないが、ちょっと不甲斐ない試合ではあった。まあ、彼我の力の差を考えればしょうがないけどね。

Dsc_02232_2

 昨日の第2試合、LIXIL DEERS対富士ゼロックスミネルヴァAFCも52対6という大差でLIXIL DEERSが勝ったということで、まあ、いつものXリーグらしい試合ではあった。

 BULLS次の試合は5月7日東京ガスクリエイターズ戦だ。今度は勝てるかな?

NIKON Df SIGMA DG 150-500mm f5-6.3 APO HSM

2017年4月 6日 (木)

東都大学野球・中大、決め手を欠く攻めで勝ち点GETならず!

 ある理由から(その理由は明日わかります)行けなかった2017年東都大学野球春のリーグ戦第一試合、中大対日大戦。第一戦は6対0と大勝ちした中大。昨日も勝てば早速勝ち点ゲットということで、神宮球場まで行ってきた。

Dsc_00062

 日大、山本……

Dsc_00112

 中大、伊藤の投げ合いで試合開始。

Dsc_00302

 1、2回は両者無得点だったんだが、3回表、中大土谷のホームランでまず1点。

Dsc_00842

 が、6回裏、日大田中がライトへヒット。

Dsc_02322

 長沢が四球で出塁し、1死1・3塁とする。

Dsc_02392

 ここで中大、投手を伊藤から二番手、喜多川にチェンジするも……

Dsc_02472

 北阪のタイムリーで同点……

Dsc_02562

 福田のタイムリーでこの回2点と逆転される。

Dsc_02622

 7回表、中大五十幡の打球をサードがエラー、

Dsc_02822

 飯嶌が四球で出塁すると……

Dsc_02872

 日大も山本から二番手植谷にチェンジ。

Dsc_02892

 しかし、中大吉田のタイムリーで再び同点となる。

Dsc_03042

 その後、9回を終わって同点。延長10回表を終わってまだ同点なので、面白くない試合なんで家に帰ってきてしまった。まあ、この辺が熱心でないファンってところなのでしょうね。

 帰ってきてみれば、10回裏、日大川畑が2ベースヒット、北阪がセンターへのヒットで1死1・3塁となった後、福田の打球をショートがエラーし1点献上。

 なんと、中大vs.日大は勝ち点1を巡ってもう一試合行うことになってしまった。あ~あ。

 今日も用事があって行けないんだよ。

NIKON D7000 AF-S Nikkor 70-300mm f4.5-5.6 G @JinguStadium Shibuya ©tsunoken

2017年3月12日 (日)

神宮外苑学生クリテリウム

 全日本学生ロードレースカップ最終戦が今年も明治神宮外苑大学クリテリウムとして開催された。

Dsc_00762

 カテゴリーは小・中学生、ハンドサイクル、マスターズのタイムトライアル。男子大学生 グループ3 A組/B組/C組。マスターズ・クリテリウム。男子大学生 グループ2 A組/B組。女子。パラサイクリング・ロードレース(タンデム)。そして最後の大レース「男子大学生 グループ1(大学対抗)」レースが行われた。

 男子大学生グループ2 A組では中央大学の直井駿太選手が優勝したりして盛り上がったんですけれどもね(え? どこが?)。

Dsc_01202

 その後、女子のレースとかが行われて、その辺はすべてのレースでも活躍していた鹿屋体育大学の選手が大活躍って感じでしょうか。いやまあ、鹿屋体育大学って自転車競技では強いんですよね。

Dsc_01692

 で、今年エキシビジョン・マッチとして採用された「パラサイクリング・クリテリウム(タンデム)」っていう競技なんだけれども、要はタンデムサイクリングで、前に乗るのがキャプテンといって目が見える人、後ろが目が見えないストーカーとかコ・パイロットとか呼ばれる人が乗って走るんだけれども、なんかマレーシアの選手(チーム)やたら早くてもうブッチギリ。

 で、ビックリしたのはこのパラサイクリングって、確かに二人で踏むんだからってのは分かるんだけれども、速いんですよね。1.5キロ位の神宮外苑サイクリングロードでも、なんか健常者より10秒は確実に速い。そうなんだ、健常者の方が障碍者より速くて当たり前っていう考え方が差別的なんだな。よくわかりました。

Dsc_02352

 で、最後のメインレースは大学選手権ならではの「男子大学生グループ1(大学対抗)」レースです。

Dsc_02912

 結局、そのレースを制したのは日本大学の岡本隼選手。ええっと、右の方で手を上げているのはアシスト選手で、頭を下げてゴールしているのが岡本選手です。

Dsc_04742

 これでもって全日本学生ロードレースカップは終了。っていうか、他のスポーツに比べて、自転車って 随分シーズンが長いスポーツなんだな。

 いやあ、全日本学生自転車競技連盟の人たちにはご苦労さんと言いたいですね。

 こっちは見ていただけですから、どうってことないですけれども。

NIKON Df SIGMA DG 150-500mm f1:5-6.3 APO HMS @Jingu Gaien Shibuya ©tsunoken

2017年1月15日 (日)

一月場所を見に行く

 先週、土俵祭りに行ってきたときのK談社社友会のA比奈さんの悪魔の一言。

「来週、土曜日のチケットがあるんだけど、大相撲後のふぐ料理とセットでどう? グフフフ」

 そりゃあ、行かないわけにはいかないでしょう。ってなもんで、昨日は大相撲とふぐ料理のセットを堪能してきた。

Dsc_00132

 どうせ行くのなら序の口から全取り組み見ようかとも思ったのだが、さすがにそれでは一日仕事になってしまい午前中の仕事ができなくなってしまうので、午後2時ころから、幕下の数番残してからの取り組みを見てきた。

 幕下からみてよかったことは、十両の土俵入りから見られたこと。う~ん、これは初めて見たなあ。って、別に幕内の土俵入りと同じことをやっているだけですけれどもね。

Dsc_00232

 で、十両からは塩をまいたり、取り組み前の時間も少し長くなるし、「さがり」も糊付けされています。まあ、やっぱり十両からが「関取」として一人前に扱ってもらえるってことなんでしょうね。

Dsc_00242

 で、幕内力士の土俵入りがあって……

Dsc_00462

 横綱の土俵入りがあって……

Dsc_00592

 その後、行司により翌日の取り組みが示されます。へ~、こんなことやってたんだ。ってのも、やはり国技館にいったからこそ分かったことであります。NHKだとこの辺ニュースをやっちゃってんだろうな。

Dsc_00642

 でまあ、中入り後の取り組みがあるんだけれども……

Dsc_01322

 まあ、やっぱり一番安定的に強いのは白鵬だよなあ、

Dsc_01642

 ってことで、取り組み終了後の弓取り式ではあります。

Dsc_01782

 その後の、ふぐ料理は………、明日のココロだぁ!

NIKON Df AF-S NIKKOR 70-300mm f1:4.5-5.6 G @Kokugikan Sumida ©tsunoken

より以前の記事一覧

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?