フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

ウェブログ・ココログ関連

2018年1月 1日 (月)

明けまして、おめでとうございます

   新年 明けまして おめでとうございます

Dsc_01002

 って、もう既に60回くらい書いているわけだ。結構、長い人生ですね。もう66歳だもんなあ。

 ということで……、去年のtsunokenのブログの振り返り。

 総エントリー数は338本。

 3月18日と7月12日は、どうも書くのに間に合わなかったようで休み。6月11日から13日までの3日間は6月に入院してカテーテル治療を行った時。10月29日から11月6日までの9日間と11月8日から11月20日までの13日間、合わせて22日間は心臓冠動脈のバイパス手術を受けて、その後の入院期間だ。合計27日間がブログの更新はお休み。

 365日から27日間休んで338本が総エントリー数ってわけ。

 一年間の総ページビュー(PV)は145,611PV。つまり、上記のお休み期間も一日200~300PVほどを数えている。まあ、「今日は更新しているかな?」という具合に取り敢えずポチッしてみた人が多いってことですね。まさしく、ありがたいこってす。

 で、一年365日の平均PVは約400。うん、まあ一昨年に比較して伸びているわけでもないし、減っているわけでもない。というか、お休みの数が多い割には減っていない、というべきか一日約400PVっていうのは、一昨年と変わりがないのでした。

 本について書いたのが全部で70本(一昨年は107本)、内Kindle版で読んだのが50本(一昨年は102本)なので、紙の本で読んだのが昨年は20本と、若干だが紙の本が増えている。まあ、一つには写真集が多かったっていうことなのかなあ。しかし、それにしても少ない!基本的に平日は写真を撮りに外に出てしまい、その途中で本を読んでいるのだが、移動時間が少ないせいか、基本的に平日は写真、週末が本ってな感じになっている。若干、遠くに出かけて移動時間を持つようにして、なんとか紹介する本を三桁の数にしたいものだ。

 映画の紹介数は7本(一昨年は5本)って、なんかあまりにも少ない! いかんなあ。 いかん、いかん。もっと増やさねば、って去年も言ってたなあ。今年はポレポレ東中野とシアターイメージフォーラムのサイトを「お気に入り」に入れておいて、基本的にドキュメンタリーは何とか見るようにして、最低でも50作くらいの数は紹介するようにしたい。

 という感じで、今年もブログは「生きているうちは」続けますので、今年もよろしくお願いいたします。

 ということで、今年も六義園は元日はお休み。二日以降は例年通り、以下の催しがあります。

(1)神田囃子・寿獅子
   平成30年1月2日(火)
   10時30分・13時30分(各回30分程度) ※雨天中止
   場所:しだれ桜前広場
   出演:神田囃子 千四会

(2)獅子舞と貫井囃子
   平成30年1月3日(水)
   10時30分・13時30分(各回30分程度) ※雨天中止
   場所:しだれ桜前広場
   出演:目黒流貫井囃子保存会

 明日からは、奮ってお越しを……ちょっと、寒いかなあ。

Dsc_01052

2017年12月31日 (日)

本年もご愛読、ありがとうございます

 本年も「tsunokenのブログ」ご愛読していただき、ありがとうございます。

Photo です

 今年は1月に受けた定期健診で「無痛性心筋梗塞」というのが発見されて、主治医から紹介されて日本医大付属病院に通うことになった。

 というのが今年のケチのつき始め。というか結局このことが、今年一年間を支配しちゃったんですね。

 4月に3日、6月に13日入院して、カテーテル治療を行ったんだが、結局、血管の石灰化が思った以上に進行していて、二度ともカテーテル治療はあきらめる結果となった。特に二度目は出血も多くて、一時的には消えゆく意識の下で「血圧50、22」という看護師の声を聴いたときは、「ああ、人間って死ぬときは、こんなことを聞きながら死んでいくのかな」なんて、自ら「死」というものを意識した経験だった。その後のことは覚えていないのだが、でもそれはちょっと大袈裟で、結果として死ぬことにはならなくて、今、こうしてブログを書いているっていうわけです。

 結局、カテーテル治療はあきらめて、半年後、冠動脈バイパス手術を行うことになり、10月28日から11月20日まで、24日間入院して術後を済ませたんだけれども、その間、20日間以上ブログの更新をせずにいて、読者の皆様には心配をかけてしまった。まあ、日本医大はバイパス手術で実績を持っている大学なんで、本当は初めからバイパス手術をやりたかったんじゃないかなあ。

 でも、その間も毎日200~300ほどのページビューがあって、まあ多分、皆さん「今日は更新しているかな?」という興味で取り敢えずポチってしまったというところなのだろう。

 いやいやいや、「tsunokenのブログ」読者の皆さんには、大変ご心配をおかけしてしまって……………。

 まあ、今年のブログの総括は来年の1月1日のブログで行いますので、そこで今年一年間の状況を見てください。

 三週間の入院っていうのは、実際に体験してみるとかなり長い入院生活だったのかなあ、と退院した今は思っています。

 体重が10kg位落ちた。

 落ちたのはいいんだけれども、問題は贅肉が落ちて体重が落ちたんじゃなくて、筋肉が落ちて体重が落ちたっていうこと。とにかく、手術後七日間はICUでベッドに寝た切り生活。ICUから一般病棟に移った後も、なるべく歩こうとは思っていても、結局は病院の病棟フロアの中と、検査で他の階に動くだけっていう生活で、まあ、それ以前から比べるとほとんど「歩いていない」状態だった。なので、太腿を見ると筋肉が落ちて皮膚がたるんだ状態になっており、かなりの筋肉が落ちているのが見ていてもよくわかる状態。

 退院してから「どんどん歩きなさい」という医師の勧めに応じて、毎日歩こうとしているのだが、他の人と比較してもうゆっくりとしか歩けない、沢山歩けない、という状況で、「毎日一万歩」という、入院以前の一日の目標をカバーしようとすると、本当に疲れてしまうっていう状況だった。

 まあ、とにかく「一日一万歩」なんです。

 まあ、現在はかなり旧に復したような様子はあるが、まだまだ完ぺきではない。「リハビリ日記」は終わったが、まだまだリハビリ生活は続いているような状態なんですね。

 まあ、今は以前の通り、またまたブログのほうは「一日一本」というペースでUPしていきますので、来年もご愛読の程、よろしくお願い申し上げます。

0001370436001 で、にバトンタッチです。

 しかし、荻野目洋子ちゃんは相変わらずですねえ。「バリバリ伝説」で歩惟役をやったときはまだ17歳。「ダンシング・ヒーロー」が大ヒットする半年ほど前でした。まあ、アフレコ時にはいろいろあったけれども、それは墓場まで持っていこう。

 

 

2017年6月10日 (土)

ブログ少しお休みします

 実は今週の火曜日から再び日本医大付属病院に入院している。

 まあ、前回は実際にカテーテルを入れてみたら思ったより難物なんで、ここは慎重を期して調査だけにしておこうということで手術はやあなかったんだけれども、さすがに今回は二度目である、今回こそはカテーテル手術をしてもらえると思ったのになあ……。

 実は今回もカテーテルを挿入してみたら思ったより冠動脈の石灰化が厳しくてカテーテルを挿入できない。じゃあ、ほかの方法でということで、別ルートからカテーテルを入れてみたのだが、こちらは複雑すぎて患部に達しない状況。

 結局、前回と同様「手術は見合わせ」ってなことになってしまった。

 まあ、お医者さんは一生懸命やっているのはわかるんだが、こんな感じで<先送り・先送り>されちゃうとなあ。いっそのこと「バイパス手術をやりましょう」って言ってくれたらすっきりするのにな。

 まあ、病院で味わったいろいろなことはいずれ述べさせていただくことにして……。

 最初は三日間だけの入院の予定だったのでブログも三日分だけ先行してUPしていたんだが、ついにそれも追いつかれてしまいました。

 まあ、2~3日うちには再開しまうので、それまではしばしのお別れを……(まあ、2~3日です、2~3日)。

@Nihon Medical School Hspital

2016年12月31日 (土)

本年もご愛読、ありがとうございます。

 今年も「tsunokenのブログ」1年間ご愛読いただき、ありがとうございます。

Dsc_00022

 今年は4月にパソコンのデータを全部ぶっ飛ばしてしまって、正確なデータが出てこないのですが、去年の1月1日の累計PVが982,004だったので、今年1年のPVはおよそ158,600ということになり毎日400人余りの人が私のブログを読んでいてくれている計算になります。

 う~ん、何だろうなあこの毎日400人の人たちって。まあ、私の支持者ってことは分かるんですが、これじゃあ都議選じゃ当選できあいよよなあ、ってな数ですね、でも、どうなんでしょうかねえ?

Dsc_00382

 取り敢えず総轄します。

 本について書いたブログが107本、内Kindleで読んだ本が102冊で紙の本が(雑誌含めて)5冊と完全に電子にシフトしているのがわかる。本に関しては雑誌と写真集以外はすべてKindleでしか読んでない。特に最近では書店や新聞などで本のタイトルを見て興味を持つと、まずKindleで出ているかを調べて、出ていないと読まないって感じになっている。それでも何とかなってしまうってところが、いかにも電子の時代って感じだろう。ただし、11月頃から極端に読んだ本の数が減っている点には要注意。このまま本を読まなくなってしまいそうな雰囲気なので、意識して読まなくては。

 もっと問題なのが映画で、映画について書いたエントリーが5本と、あまりにも映画の数が少ないのに驚き! いかんなあ。

Saru

 まあ、来年はもう少し映画を見ないとなあ(って毎年言ってる?)。

 ということで、今年もご愛読ありがとうございます。

 来年もよろしくお願いします。

Dsc_00482

 って、ことですね。「猿」から「酉」へってことで。

 まあ、この写真の実体は明日のココロだぁ~、ってなんでここで?

2016年2月 9日 (火)

tsunokenのブログ、100万pvを達成!

 本日、「tsunokenのブログ」が100万ページビュー(pv)を達成しました!

 このエントリーを書いている時点で1,000,028pv。

Dsc_00182

 2009年11月27日にスタートした「tsunokenのブログ」ですが、6年と3ヶ月、更新数2405回で100万pvですので、1回の更新毎に416pvということになります。これは数としては多いのか少ないのか。勿論、イケダハヤト氏みたいに年間で700万pv位稼いでしまうスーパーブロガーに比較すれば6年かかってやっと100万pvというのはいかにも遅々としています。

 それでも100万pvというのは一つの区切りです。数は決して多くはないけれども、400人余りの毎日読んでくれる人のために、今後も毎日更新を心がけていきます。

 今後とも「tsunokenのブログ」をよろしくご愛読ください。

2014年7月17日 (木)

Mr. Chris Guillebeau announced the new blogs

 クリス・ギレボー氏から新しいブログのご案内。

Hi Ken,

Last Friday morning I was on location in downtown Portland
at our World Record Attempt for the 2014 World Domination
Summit (WDS). Did we break the record?

ハイ、ケン

先週の金曜日の朝、私は世界記録が生まれることになる、2014年ワールド・ドミネーション・サミットが行われるポートランドのダウンタウンにいました。私たちは世界記録を打ち破れるのか?
20140717_83548

 クリス・ギレボー氏のブログ<The Art of Non-Conformity>はコチラ

2014年6月30日 (月)

Chris Guilllebeau氏よりブログ更新のご案内

 クリス・ギレボー氏より早々にブログ更新のご案内が来た。

Hi Ken,

Thanks for subscribing to The Art of Non-Conformity. This week
we did something big: we performed an extreme blog makeover!

As part of a life overhaul, I've been working on redoing everything.
Instead of two posts per week, there are now posts every day.
Even better, many of these posts focus on you, the readers.
Swing on by the site and check out the new look and content.

***
 
New This Week!

Every weekend, we'll send a recap of the week's posts. Be sure
to read to the bottom and enter our weekly giveaway on the site.

Brand New Day: A Welcome to Everyone
After several months of work, our new blog is open for business.
(Well, it's not really a business... but it's open.)

『ハイ、ケン。

The Art of Non.Conformityをお読みいただきありがとうございます。今週、私たちはすごく大きなブログの作り替えを行いました。

生活全体の一環として、私はすべてをやり直しました。週2回の配信の代わりに、毎日配信をしています。更に良いことは、これらの多くの配信は、読者である貴方にフォーカスしています。サイトにスイングして新しいルックとコンテンツをチェックアウトしてください。

今週の新しいこと!

毎週末、私たちは週の記事の要約をお送りします。必ず最後まで読んで、週のプレゼントに応募してください。

新しい日:皆さんようこそ。
数か月後、私たちの新しいブログはビジネスのために開きます。
(まあ、それはリアルなビジネスではないですが…しかし、開かれています)』

20140630_135810


クリス・ギレボー氏のサイト"The Art of Non-Conformity"はコチラ

 

2014年6月28日 (土)

Chris Guillebeau氏からサイト・リデザインのお知らせ

 ここのところChris Gullebeau氏からブログ・リニューアルのお知らせがこないな、って思っていたら、一昨日、こんなメールが来た。

"Hi Ken,

For the past five years, I've published two posts a week on
The Art of Non-Conformity blog. It's been quite the journey.
I've never missed a scheduled post, mostly because I knew
you were reading.

I've decided to retire from two posts a week... and now I'm
writing every day!

We're making a big change to the site, and everything is new.

Come on over and read about it:"

『ハイ、ケン。

この5年間、私は週に2回、The Art of Non-Conformityブログを配信してきました。それはまさに旅のようなものでした。私はあなたが読んでいることを知っていたので、その配信スケジュールを一度もミスしませんでした。

(しかし)私は週2回配信ということを辞める決心をしたのです……そして今、私は毎日(ブログを)書いているのです!

私たちはサイトを、そしてすべてを大きく変え新しくすることにしました。

コチラに来て読んでください』

 ということなので、早速サイトを見に行くと

Photo_3こんな感じになっている

 以前のバージョンは

Photo_4こんな、如何にも「新聞然」として感じだった。

 今回の変更でいかにも「ブログ的」なサイトになっている。

 ただし、毎日ブログ更新ということになると、前みたいに「ブログ・リニューアルのご連絡」のメールは来なくなるのだろうから、逆にこちらから毎日The Art of Non-Conformityブログを読みに行かなくてはならなくなるのだろう。

 まあ、別に毎日読むブログがひとつ増えるだけだから、別にどうということもない。

 英語の勉強にもなるしね……。

 Chris Guillebeau氏のサイトThe Art of Non-Conformityはコチラ

2014年3月26日 (水)

The site renewal message from Mr.Chris Guillebeau

 クリス・ギレボー氏からサイト更新のメッセージ。

 題して"How Has Travel Affected Your Life?"(如何にしてあなたの人生に大きな影響を与える旅をするか)。

Chris_guillebeau

 クリス・ギレボー氏のサイトはコチラ

イケダハヤト氏のブログから…あなたが今すぐ会社を辞めるべき、6つのチェックリスト

 比較的同意することの多い「プロブロガー」イケダハヤト氏のブログに面白い記事が載っていたので、紹介。昨日のブログ。

Photo

 6つのチェックリストは以下の通り。

1、しばらく生きていけるだけの貯金がある。

 

2、「自分がいなくても会社が回る」ことに気づいてしまっている。

 

3、既に副収入があり、それなりの金額を稼いでいる。

 

4、会社のなかに自分の考え、やりたいことを理解してくれる仲間がいない。

 

5、「上司や先輩のようにはなりたくない」と感じている。

 

6、個人的なゴールと、会社のゴールが乖離している。

 う~む、後半の3つはなかなかに厳しいものがある。

 私は結局定年まで勤めてしまったわけであるが、それは「しばらく生きていけるだけの貯金がある」「「自分がいなくても会社が回る」ことに気づいてしまっている」「既に副収入があり、それなりの金額を稼いでい。」の3つは確実に当てはまっていたのだが、後半の3つがあまり当てはまらなかったからなのだろうか。

 まあ、出版社という比較的自由に仕事が出来て、周囲にも自分がやっていることが理解されていたという恵まれた会社に勤めていたからということもあるのだろうが、何となくお気楽に定年まで勤めてしまったというのが実際である。

 というか、むしろ「お金を稼ぐ」というだけの目的で就職とかしてしまっていると、やはり「会社のなかに自分の考え、やりたいことを理解してくれる仲間がいな」かったり、「上司や先輩のようにはなりたくない」と感じてしまったり、「個人的なゴールと、会社のゴールが乖離している」なんてことがあったりするのだろうか。しかし、そんな感じに囚われてしまったら、普通はすぐに会社なんか辞めたくなるよなあ。

 さすがに会社に勤めて10年、20年経てば普通は「しばらく生きていけるだけの貯金」くらいは誰でもあるだろうが、問題は副収入というのはないだろう。というか日本の企業は大半が副業を禁止している。なので辞める訳にはいかなくなってしまうのだ。

 そこで重要になるのが不動産収入なのであります。何しろ不動産収入というのは普通「不労」所得であるからして、それは「副業」に当たらない。要は確定申告だけちゃんとやってれば、会社だって何も言えないのである。

 私もその副収入というのは不動産収入だった。今は以前持っていたマンションは無くなってしまっているので副収入はない状態になっているが、サラリーマンをやっていたときは、たまたま出ていってしまったマンションを人に貸して賃貸収入があった。

 ということなので、2月19日のブログ『「不動産投資は東京17区!」って、どこだ?』になる訳ですね。

 実際に会社を辞めるかどうかは、その時に真剣になって考えるべきではあるが、その際に重要なカギになるのが「貯金」と「副収入」である訳です。「いつでもこんな会社、辞めてやれるぞ」というスタンスさえあれば、もっと自由に会社で働くことが出来る。そして、もっとリラックスして働くことが出来る。

 なので、辞めなくても大丈夫、という気分にすらなるのであります。

 これって結構重要な要素なんだよなあ。

 イケダハヤト氏のブログはコチラ

『旗を立てて生きる――「ハチロク世代の生き方マニュフェスト』(イケダハヤト著/晶文社/2013年8月15日刊

『不動産投資は東京17区! 中古ワンルームを選ぶ!』(牛込雄一著/クロスメディア・パブリッシング/2014年1月20日刊)

オススメの2冊です。

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?