フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

« 東京周縁部を往く…つもりが「田沼武能写真展」へ | トップページ | 彼岸入りの桜模様は »

2019年3月18日 (月)

日暮里繊維街の昨今

 日暮里駅前から走っている日暮里中央通りは別名「日暮里繊維街」という。

 昔、浅草辺りで商売をしていた古着屋さんなどが、まだ閑散としていた日暮里駅前に移動して出店をした名残りらしいのだが、その内、その繊維街で数多く扱っている「ハギレ」に注目した人たちが、自分たちの衣裳を飾るために集まってきて、いつの間にやら「ハギレは日暮里」というような感じの街になってしまった。

 勿論、売っているのはハギレだけじゃないですけれどもね。

Epsn00412

 つい最近まではコスプレをやる人たちが、自分たちのコスプレ衣裳を作るために日暮里にやってきて、布や小物を買っていたりして、いつの間にやらコスプレ・マニアの聖地のようになってしまった。

Epsn00162

 現在はドンキなどでもコスプレ衣裳を扱うようになって、多少はコスプレ・マニアの来訪も少なくなってはいるようだが、まだまだ健在でもある。

Epsn00182

 で、この時期になると、ここ日暮里繊維街に訪れる客に変化が現れる。

 それが、日暮里のお隣、西日暮里駅前にある開成高校の三年生たちなのだ。

 なんで、男子校の開成生が繊維街なんだ?

 っていえば、実は5月の第二日曜日(母の日)に行われる大運動会なのである。

 って言っても、やっぱり判らないですよね。

Epsn00282

 実は開成中学・高校大運動会は六学年縦系列にクラスごとに八組に紫組、白組、青組、緑組、橙組、赤組、黄組、黒組のなどと組み分けをして、その対抗戦で行われるのだが、そのすべての学年の取りまとめを高校三年生が行っている。で、当然各組の応援団も八つあって、八つの色のハチマキや応援団長らが身に着ける「タスキ」も八色あるわけである。

 で、そのタスキを作るための布地を購入するために、開成高校三年生が日暮里繊維街に大挙してやってくるというわけなのだ。

 そのタスキも普通のタスキと違って、芯にテニスラケットを入れたり、訳の分からんオブジェを入れたり付けたりした特製・特大タスキ。まあ、文で読んでも分からないでしょうから、一度、開成高校の運動会を見に行くことをオススメする。そのバカバカしさには妙に納得できるものがあります。

Epsn00362

 で、その運動会が終わると開成高校三年生は運動会のことなんてスカッと忘れて、東大入試の勉強に走るわけです。

 で、次の二年生が一年かかって次回の運動会の準備に入るわけです。

 まあ、私の認識では、日暮里繊維街は開成高校生がタスキの材料を買いに来る街っていう認識でしかない。

EPSON R-D1s VOIGHTLANDER URTLA WIDE-HELIAR 12mm f5.6 @Nippori ©tsunoken

« 東京周縁部を往く…つもりが「田沼武能写真展」へ | トップページ | 彼岸入りの桜模様は »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549500/67803173

この記事へのトラックバック一覧です: 日暮里繊維街の昨今:

« 東京周縁部を往く…つもりが「田沼武能写真展」へ | トップページ | 彼岸入りの桜模様は »

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?