フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

« 大船に行くはずが、何故か蒲田に | トップページ | やっぱり仕事始めは1月7日 »

2019年1月 7日 (月)

めでたさも ちうくらいなり おらが春

 どうも大半の企業は今日から仕事始めっていう会社が多いようですな。じゃあ、先週金曜日の東証の大慌てぶりって何だったんでしょうねえ。

 というお話はさておき……。

「めでたさも ちうくらいなり おらが春」というのは小林一茶の有名な俳句なんだが、どういう意味なんだろう。

 という具合に「俳句の意味」を考えるっていうのは、実は無粋なことなのである。俳句の意味は、それを詠んだ人が勝手に解釈すればいいことであって、そういう意味では「俳句の意味」っていうのは読み手の数だけあるっていうのが正解なのである……、っていうのも実は粋ではなくて、要は「正解はない」っていうのが正しい俳句解釈なのである。

Epsn00182

 なんてことを考えながら佃島まで行って見たわけよ。

 なんて江戸っ子風の書き方をしてみたんだが、『江戸(現在の東京)の佃島の漁民の故郷は大阪の佃村(現在の大阪府大阪市西淀川区佃)である。本能寺の変が起きた時、徳川家康はわずかな手勢とともに大坂、堺にいた。家康は決死の覚悟で本拠地の岡崎城へと戻ろうとしたが、神崎川まで来たところで川を渡る舟が無く進めなくなった。そこに救世主のごとく現れたのが近くの佃村の庄屋・森孫右衛門と彼が率いる漁民たちで、彼らが家康らに漁船を提供した。その結果、家康らは生きて岡崎に戻ることができた。後に家康が江戸に入った時、命を救ってくれた摂津・佃村の漁民たちを江戸に呼び寄せ、特別の漁業権を与えたのである。』(Wikipedia)ってえんだから、家康と同じころ江戸入りした佃島の住人たちは、まあ、行って見れば「元祖・江戸っ子」ってわけなんですね。

Epsn00222

 佃島と言えば住吉神社が有名なんだけれども、もともとこの神社は佃島の人たちが故郷の摂津国から持ってきた神様であり、佃島だけの神様なんだけれども、最近は周辺近隣からも初詣に来る人たちがいるらしい、って、私もその一人か。周辺でもないのにね。

Epsn00242

 佃島っていうと夏祭りが有名で、ものすごい人出で有名なんだけれども、普段はこんな普通の町。佃煮屋さんと小さな商店があるだけの「普通に普通の人が住んでいるだけ」の街なんですね。

Epsn00282

 それでも石川島あたりは神社がないし、月島もそういえば有名な神社はないなあ。ってなもんで、佃島住吉神社に初詣に来る人が多いんですね。住吉神社っていえば、大阪の有名な神社なんだけれども、それが東京でもある意味有名な神社になっているっていうのも面白い。

Epsn00262

 ところで「めでたさも~」なんだけれども、小林一茶の頃は日本は旧暦の時代だったので、「めでたさも ちうくらいなり おらが春」と詠んだ正月は現在の正月ではなくて旧正月、二月の前半頃だった筈だ。現在の「正月=一月」ってなると「初春」っていう感覚ではちょっと早い感じがするけれども、旧正月なら二月上旬になるので、「小正月=二月半ば」頃はもう「春」っていう感覚にはフィットする。

Epsn00102

 現在の「正月=一月」だとちょっと早いけれども、「正月=二月」だと少し暖かくなってきて、「初春」という感覚になってきて、そんなときに「めでたさも ちうくらいなり おらが春」と詠んだ既に老年に達した一茶の気持ちが表れているっていうことなんだろう。

 結構「スネ爺い」だったんですね。

 まあ、物書きなんてそんなもんですよ。

EPSON R-D1s VOIGHTLANDER URTLA WIDE-HELIAR 12mm f5.6 @Isl. Tsukuda ©tsunoken

« 大船に行くはずが、何故か蒲田に | トップページ | やっぱり仕事始めは1月7日 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549500/67563842

この記事へのトラックバック一覧です: めでたさも ちうくらいなり おらが春:

« 大船に行くはずが、何故か蒲田に | トップページ | やっぱり仕事始めは1月7日 »

2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?