フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

« 仕事始めの次の日は休日 | トップページ | めでたさも ちうくらいなり おらが春 »

2019年1月 6日 (日)

大船に行くはずが、何故か蒲田に

 山手線を田端で京浜東北線に乗り換えたら大船行だったので、それなら大船まで行って帰りは湘南新宿ラインで帰ってこようかな、なんて考えていたんだが……。

 何故か、蒲田で下車。どうして蒲田なのか? 別に理由がある訳ではなくて、大船はちょっと遠いかな……、なんてね。多少理由をつけると「大船」と「蒲田」、つまり松竹の撮影所繋がり……、という理由を無理やりくっつけたりして、まあ、行き先を決めずに出かけるとこういうことになるという典型例でした。

Epsn00082

 JR蒲田駅で降りると、まず最初に行くのは「カメラのウエダ」であります。

Epsn00092

 おー、まだあったぞ「ロード \6,800-」。もう何年も前から買おうかどうしようか悩んでいたカメラであります。ロードというカメラのブランドはご存じない方が多いともいますが、このカメラ、信州の岡谷光学機械という会社が作って服部時計店(現・セイコー)が1950年代に売っていたレンズシャッター式のレンジファインダーカメラです。

 つまりこの写真を撮っているEPSONとは遠い親戚みたいなカメラなんですね。なので、なんとなく前から気になっていたカメラなんですが……、今年も買わなかった。

 う~ん、私が買おうかと悩んでいるのと、カメラが売れちゃうのとどっちが早いか?

Epsn00112

 どうしようかな、どうしようかな、なんて悩みながら京浜蒲田駅まで行きます。で、そこから京浜急行には乗らずに、別の道からJR蒲田方面へ、再び向かいます。

Epsn00172

 京急蒲田からJR蒲田まで連なるアーケード街の裏側には京急蒲田公園という小さな公園があります。この公園、ちょっと前まではこの近所の労働者たちがたむろしてお酒を呑んだりしている、結構風情のある空き地だったんだけれども、数年前に公園として整備されてしまい、それまでいた労働者たちはどこに行ってしまったんだろう。

Epsn00302

 なんかいかにも「場末の公園」っていう感じでイイ雰囲気の空き地だったんだけれどもなあ。

 まあ、周囲が整備されてしまい、いろいろマンションなんかも建ってしまい、だんだん昔からの住民が住みづらくなってきたっていうのは、何処にもあるお話ではありますね。

Epsn00292

 で、蒲田と言えば、これを見ないとね、っていう感じの蒲田東急プラザ屋上の観覧車です。

 昔はデパートの屋上に子どもたちの遊び場っていうか、遊園地があって、そこに観覧車があるっていうのは当たり前だったんだけれども、今やデパート屋上の遊園地と観覧車と言えば、ここ蒲田東急プラザの屋上庭園「かまたえん」だけが東京で唯一の存在なのです。

 貴重!

Epsn00542

 まあ、大船と同じく蒲田にも松竹撮影所があった残滓はホンの少しだけで、写真に撮るほどのものもないのが事実。

 で、結局、蒲田の蒲田らしい場所と言えば、まあ、こんなもんになっちゃうんですね。

EPSON R-D1s VOIGHTLANDER URTLA WIDE-HELIAR 12mm f5.6 @Kamata ©tsunoken

« 仕事始めの次の日は休日 | トップページ | めでたさも ちうくらいなり おらが春 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549500/67559643

この記事へのトラックバック一覧です: 大船に行くはずが、何故か蒲田に:

« 仕事始めの次の日は休日 | トップページ | めでたさも ちうくらいなり おらが春 »

2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?