フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

« 港「の」見える丘公園 | トップページ | 浦和が埼玉県庁所在地なわけ…っていうか,、もともと浦和だったんだ »

2019年1月11日 (金)

都立9庭園共通パスで清澄庭園へ行く

 去年の暮れに「都立9庭園共通パスポート」というのを買った。以前は六義園の年間パスポートというのを持っていて、これが1年間で一般1,200円、65歳以上600円というもの。年間4回以上入場すればモトがとれるっていうわけで結構重宝していた。

「9庭園共通パスポート」は一般4,000円、65歳以上2,000円とちょっとお高いが、まあそれでも六義園で言えば14回以上行けばモトがとれるので、ちょっと頑張って「都立庭園」に行きましょう。

Epsn00502

「都立9庭園」っていうのは、六義園、旧古河庭園、小石川後楽園、向島百花園、旧岩崎邸庭園、清澄庭園、浜離宮恩賜庭園、旧芝離宮恩賜庭園、殿ヶ谷戸庭園の9園。このうち、旧岩崎邸庭園だけは行ったことはなかったんだが、それ以外はすべて行ったことがある。

 まあ、庭園っていうのは季節によって見え方も異なるし、何度行っても飽きないので、まあ、年間で14回くらいは軽く行っちゃうだろうってなもんで、買ったわけです。

Epsn00172

 ってなことで、昨日は清澄庭園へ。

 それこそ雪が降るんじゃないかっていうくらい寒い日だったので、清澄庭園も入場はきわめて少なく、ゆったりと見ることが出来て……、っていうの嘘で、結構、寒さに震えながらの庭巡りではありました。

Epsn00342

 しかし、上記9庭園の内、六義園、旧岩崎邸庭園、清澄庭園の3園はすべて岩崎家が東京都(当時は東京市)に寄贈して作られたもの。

Epsn00352

 薩長には裏切られ、徳川にも将軍以外からは疎んじられて殺されてしまった坂本龍馬とは違い、同じ土佐藩士の出ながらも、明治政府にもうまく取り入って政商の地位を獲得した岩崎弥之助と岩崎家ってのも、まあ、とんでもない土地土地土地を東京で手に入れたもんだなあ。

Epsn00392

 おまけに清澄庭園には、昔そこにはなかった松尾芭蕉の碑まで作っちゃうんだもんなあ。たしかに芭蕉庵は清澄庭園のそばではあるけれども、もっと隅田川に近いところにあったのに、なんて清澄庭園の中に「古池や」の碑があるんだろう。

 そりゃあちょっと違うんでないかい?

Epsn00412

 ってなことも含めて、岩崎家が東京市にこの地を譲ったことが延々と書かれているのが、この碑なんだが、写しているとだんだん腹が立ってきて、写すのはやめた。

EPSON R-D1s VOIGHTLANDER URTLA WIDE-HELIAR 12mm f5.6 @Kiyosumi Shirakawa ©tsunoken

« 港「の」見える丘公園 | トップページ | 浦和が埼玉県庁所在地なわけ…っていうか,、もともと浦和だったんだ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549500/67577010

この記事へのトラックバック一覧です: 都立9庭園共通パスで清澄庭園へ行く:

« 港「の」見える丘公園 | トップページ | 浦和が埼玉県庁所在地なわけ…っていうか,、もともと浦和だったんだ »

2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?