フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

« 池袋ウェストゲートパーク | トップページ | 気分を変えて忍城へ »

2018年9月15日 (土)

池袋、根津山

 いやあ、はっはっはっはぁ。またまた「公園つながり」なんです。

 池袋駅を昨日とは逆に東口に出ると、駅前から護国寺方面へ伸びているのが池袋グリーン大通りっていう道。

Epsn00382

 何が「グリーン」なのかって言えば、何なんでしょうねぇ。よくわからないのですが、せめて「もしかして」って思わせるのが、南池袋公園なんですね。とりあえず「緑」はあるし。

 池袋東口を出て護国寺方面へ向かうと最初にある大きな交差点が東口五差路。それをそのまま少しだけ進むと、次の信号を右折するとあるのが南池袋公園。

Epsn00362

 で、この南池袋公園の場所が「根津山」という山の一部だったらしいのだ。

 山のてっぺんは、現在の豊島岡女子学園があるあたりだったらしいんだけれども、まあ、その敷地に入って写真撮影はできないので、とりあえず南池袋公園でお茶を濁しておきましょう。

Epsn00392

「根津山」とは何か?

『明治末頃、中西の森一帯を実業家で有名な根津嘉一郎(東武鉄道、富国徴兵保険会社経営)が買収してついた呼び名。森の中には小さな丘があり、北側には水窪川が東へと流れていた。昭和12(1937)年9月[池袋-護国寺]間の新設道路開通で森は分断。二年後には市電が開通した。森の南は道を隔てて本立寺の墓地に面していた。現在“根津山の小さな丘”があった辺りには豊島岡女子学園がある。』(「コミュニケーション・サポート」Webサイトより)

「中西の森」とは、現在の東池袋一帯の地域の呼び名であり、水窪川はその東池袋から大塚方面へ流れていた川であり、現在は暗渠になっている。

Epsn00402

 江戸時代には旗本三千石中西公の拝領地であったために「中西の森」と呼ばれ、明治時代に東武鉄道の始祖、明治の財閥の一人、根津嘉一郎が土地を買収すると「根津山」と呼ばれるようになった。そんな名前の土地だったところも、市電が走る大通りとなって「山」もなくなってしまっている。

Epsn00432

 せめてものその「名残り」というのが南池袋公園の緑なんだろうけれども、つい最近、新しい名物ができたのでご紹介。

Epsn00502

 南池袋公園の西にお寺がいくつかあるんだけれども、その中の一つ、マンションのようなお寺「仙行寺」の一階になる「池袋大仏」なのであります。

Epsn00532

 檜製の立派な大仏様は今年の夏に出来たばっかり。お隣には仙行寺が経営するシアターグリーンという劇場があるので、場所はすぐにわかります。

 えっ? あっ? だから「グリーン大通り」なのか? ……、てなわけはないよな。

EPSON R-D1s VOIGHTLANDER URTLA WIDE HELIAR 12mm f5.6 @Higashi Ikebukuro ©tsunoken

« 池袋ウェストゲートパーク | トップページ | 気分を変えて忍城へ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549500/67160690

この記事へのトラックバック一覧です: 池袋、根津山:

« 池袋ウェストゲートパーク | トップページ | 気分を変えて忍城へ »

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?