フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

« 『町の残像』が残すもの | トップページ | 「横須賀の昨今」を12mm超広角レンズ・フルサイズで撮る »

2018年9月 4日 (火)

六義公園で発掘調査始まる

 駒込六義園の隣にある六義公園が昨日から一週間閉園して埋蔵文化財試掘調査が始まった。

 六義園は東京都の管轄なんだけれども、お隣の六義公園や六義公園運動場っていうのは、東京都からの分割を得て、文京区の管轄になっている。で、今回、六義公園の改修工事をやるっていうことになって、それじゃあそのついでにやちゃっおうってことで、埋蔵文化財の試掘調査をやろうということになったようだ。

Epsn00102

 もともと、六義園はご存知赤穂浪士の仇敵、柳沢吉保が前田家から受け継いで作った庭園であり、屋敷である。

Epsn00132

 っていうことなので柳沢家の財宝でも出てこないかな、なんて期待のもと、六義園周辺の開発に関しては文京区がとりあえず「待った」をかけて、発掘調査をするんですね。

Epsn00112

 基本的に庭園部分は柳沢時代から岩崎弥之助が受け継いだままの状態なので、岩崎家の蔵なんかが新たに建てられただけで、「庭園は」、かなり昔のままに残っているらしい。

2

 問題は柳沢家の家屋敷とか家来の住まいとかなんかが完全に壊されて、柳沢家の家屋敷は、現在の不忍通り北側の部分で住宅地になってしまっているし、家来の住まいは不忍通りの南側になるんだが、そこは文京グリーンコート(旧・理研)、駒込警察、日本医師会館、東洋文庫、昭和小学校、日本アイソトープ研究所なんていう施設が出来てしまっている。

 ということで、前にも書いたことがあるが、我がマンションの建て替え工事に際しても、さすがに鉄筋コンクリートの建物の下は既に破壊されているので対象外だったんだが、新たに取り込んだ隣の木造家屋部分が発掘調査の対象となってしまった。

 発掘の結果、柳沢家のものらしい陶器なんかが、地下3メートル位のところからでてきたり、もっと掘り下げたら縄文時代の矢じりなんかも出てきたり、まあ、そのおかげで建設工事が一週間ほど伸びてしまった(つまり、それだけ建設費が余計にかかる)んだけれども、それはそれで面白かった。

 まあ、今度の試掘調査も、柳沢家のもの、つまり江戸時代頃の「かわらけ」位しか出てこないだろうと思えるんだけれども、まあ、どんなものが出てきたかを、出来れば六義園あたりで公開してもらえるとありがたいんだけれどもなあ。

Epsn00142_2

 昨日は重機だけを持ち込んで終わりみたいだったけれども、何が出てくるかは楽しみだなあ。ただし、問題は今日・明日の天気ですね。台風が来ちゃったら、当然、発掘はお休みだろうし、その場合、どうするんだろう。

 まあ、楽しみな一週間なので、毎日様子を見に行こう。どうせ、ヒマですから。

EPSON R-D1s VOIGHTLANDER URTLA WIDE HELIAR 12mm f1:5.6 @Hon Komagome ©tsunoken

« 『町の残像』が残すもの | トップページ | 「横須賀の昨今」を12mm超広角レンズ・フルサイズで撮る »

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549500/67127403

この記事へのトラックバック一覧です: 六義公園で発掘調査始まる:

« 『町の残像』が残すもの | トップページ | 「横須賀の昨今」を12mm超広角レンズ・フルサイズで撮る »

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?