フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

« オリンパスは元々「フォーサーズシステム」のメーカーだったんだ! | トップページ | 『戦後腹ぺこ時代のシャッター音』岩波写真文庫が象徴するもの »

2018年9月 9日 (日)

オリンパス・ペンFTで天祖神社祭礼を撮る

 昨日と今日は駒込天祖神社のお祭りが行われている。毎年、二日間のどちらかが雨になるというジンクスは今年は外れたようで、両日とも晴れで暑い中で祭りが行われた。

Dsc_00662

 ので、もののついでに昨日書いたオリンパス・ペンFTでお祭りの様子をレポート……と言っても、昨日の午前中に行われた子ども神輿と山車の宮入は、ちょっと別の目的があってフルサイズのデジカメで撮影し、午後の様子をオリンパス・ペンで撮影した。

Dsc_00232

 でもって、下の写真が「いかにもハーフ・サイズで撮りました」という写真。

Img0132

 35mmライカ・サイズで撮るとこんな感じのヒトコマになるんですね。ちょうど真ん中が何も写っていない部分になります。これはこれで面白い写真になるなあ。

Img0152

 勿論、これはカメラを縦位置にして撮影して、ヒトコマごとに分ければ普通の横位置の写真になるわけです。

 こんな具合にね。

Img017b2

 プリントした場合はこうした形でプリントされてたんだけれども、今はそんなサービスをしてくれるラボはありません。というか、今はマシン・ラボなんで、マシンにハーフ・サイズの設定はなくなってしまっているのだ。当然、デジカメのフォーサーズシステムは、基本的に普通の横長サイズで撮影されるので、プリントサービスは普通にされるわけです。

Img023b2

 下の写真は35mmフルサイズのデジタルで撮影しているので、当然、ハーフサイズのフィルムでは若干品質は落ちるわけですが、まあ、そんなに気にするほどではない。というか、両方ともウェブ用に画質を落としてあるので、あまり参考にはならない。

Dsc_00872

 まあ、それは趣味の問題ですね。

 今でも十分使える「ハーフ・サイズ」なのでありました。

 しかし、この「縦位置・二枚組写真」っていうのも面白いな。ちょっとハマりそうな気がしてきた。モノクロでやると結構面白いかもしれないなあ。

NIKON Df AF NIKKOR 24-85mm f2.8-4 D/OLYMPUS PEN-FT F.ZUIKO Auto-S 38mm f1.8 @Komagome ©tsunoken

« オリンパスは元々「フォーサーズシステム」のメーカーだったんだ! | トップページ | 『戦後腹ぺこ時代のシャッター音』岩波写真文庫が象徴するもの »

カメラ・写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549500/67143950

この記事へのトラックバック一覧です: オリンパス・ペンFTで天祖神社祭礼を撮る:

« オリンパスは元々「フォーサーズシステム」のメーカーだったんだ! | トップページ | 『戦後腹ぺこ時代のシャッター音』岩波写真文庫が象徴するもの »

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?