フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

« 講談社社友会作品展、開催迫る | トップページ | 東京周縁部を往く・橋本相模原 »

2018年9月18日 (火)

Bois de Boulogne a Tokyo

"Bois de Boulogne a Tokyo" なんて言ったって、東京に「ブーローニュの森」なんてあるわけではないし、面積だってブーローニュの森の七分の一しかない。

 実は東京都目黒区にある「林試の森公園」なのであります。

Epsn00332

 もともと、林野庁の林業試験場(つまり「林試」ですね)だった場所が、1978年につくば市に移転となり東京都に払い下げられ、1989年6月1日に「都立林試の森公園」として一般に開放されたのである。

Epsn00602

 なので、この森に生えている木々はすべて外から持ってきた株ばかりなのだ。つまり、自然に生えていた木は(多分)一本もないはずである。

 その辺は、もともとは自然の森だったところを公園として開発した本家「ブーローニュの森」とは違うところなんですね。

 でも、この鬱蒼とした木々、いかにも自然の森を錯覚させる森林風景っていうものが、我々を和ませるのである。っていうか、実際に我々自身がそんな「超自然」な風景というものを知らずに生きてきているってことなんだろう。

 実際に森を歩いていると、一つ一つの木々にその名前を示している票がついている。で、それを見てみると、当然、日本古来の品種ではなくて、海外から輸入してきて植えた木々であることがわかるし、当然、自然の森であればそんなにバラエティにとんだ品種があるはずも無く、当然そこが「自然の森」ではないことは分かり切ったことではあるし、そんな昔からの自然が東京にある訳がないことは、分かり切っているんだけれども、でも、そんな「作られた自然」の中にいても、外の席から隔絶された感のある森の中にいる安心感というものが、何故かあるんですね。

Epsn00232

 まあ、その位、東京生まれの私という存在は、実は自然環境などというものとは程遠いところにあって、人が作った「偽自然環境」をあたかも自然環境であると錯覚して生きてきた、ってことなんでしょうね。

 まあ、いわゆる「自然人」ではないわけですね。昭和26年生まれの東京人って言えば、そりゃ当然なんだけれどね。始めっから「自然」なんてものとは縁遠い生活を送って来たわけです。

Epsn00302

 しかし、そんな林試の森公園とご本家 Bois de Boulogne との共通点として、面白いことに「競馬場」ってのあがあるんですね。

Epsn00802

 ブーローニュの森といえば、ロンシャン競馬場とローランギャロス競馬場という、二つの競馬場で有名なんだけれども、林試の森公園にも目黒競馬場というのがあったのだった。

 今は目黒通りのバス停とその脇にある碑だけでしか確認できないけれども、裏の町にはちゃんと昔の走路の周りの周回路の跡らしき道なんかもあって、「都心に近い森と競馬場」という不思議な取り合わせがあるのであります。

 目黒競馬場は第1回日本ダービーを開催した由緒ある競馬場で、府中に移るまでは日本の中心的な競馬場だったらしい。

 まあ、 Bois de Boulogne との共通点はその程度のもので、林試の森公園で麻薬や違法ドラッグの取引があってなんて話は聞いたこともないし、夜な夜な男娼が歩いていてスケベな親父をたぶらかしているなんて話も聞いたことはない。ましてや人肉事件なんてのもないしなあ。

 まあ、東京の方がそれだけ安全だってことなんでしょうかね。

EPSON R-D1s VOIGHTLANDER COLOR SKOPAR 21mm f4 @Meguro ©tsunoken

« 講談社社友会作品展、開催迫る | トップページ | 東京周縁部を往く・橋本相模原 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

山もほとんどは植林です。
まあ、疑似「自然」ってやつですね。

東京には、自然の森は山に行かないと無いね。
武蔵野の林も人工林だし。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549500/67174740

この記事へのトラックバック一覧です: Bois de Boulogne a Tokyo:

« 講談社社友会作品展、開催迫る | トップページ | 東京周縁部を往く・橋本相模原 »

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?