フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

« 「蒲田西口リニューアル」したらしいんだが | トップページ | 「新宿の目」はどうなっちゃうんだろう »

2018年8月12日 (日)

王78系統バスの旅

 以前、東京駅から等々力渓谷の方まで走っている東急バスに乗ったことがある。多分、それが東京23区を走る路線バスの最長路線ではないかなと思っていたら、実はもっと長い路線があったんですね。

 それが今日ご紹介する(「別に紹介せんでもいい、よけいなことはするな」という言葉がどこからか聞こえてきますが)王子駅から新宿駅西口まで走っている「王78系統」という都バスの路線なのでありました。

Epsn00122

 東急バスの東京駅-等々力線は全長15km、停留所は44ヵ所。一方、都バス王子駅前-新宿駅西口駅前線は全長18km、停留所は48ヵ所と、なるほどこちらのほうが長いことがわかる。

Epsn00042

 ただし、こちらは長いだけで、あまり途中に面白いスポットなんかはないのです。

 せいぜい、この東北・上越・北陸新幹線との交差する場所とか、石神井川を渡る場所くらいなものかなあ。

Epsn00192

 なにせ、王子駅前を出ると北本通を北上し、神谷の交差点を左折すると、あとはひたすら環七を走って高円寺陸橋まで行き、そこを左折すると青梅街道を新宿まで行くだけ、っていうかなり、経路としては単純、道なりとしては地味な路線なんだなあ。途中、別に見るものはなし。

Epsn00252

 一方、東京駅-等々力線は、東京駅を出るとまず東京国際フォーラム、日比谷を通って内幸町の官庁街、虎ノ門ヒルズ、東京タワー、慶應義塾大学、清正公前、目黒大鳥神社、元競馬場前なんてところを通って、最後の行き先は等々力渓谷ですからね。結構、バスに乗ったままでも見どころ満載。

Epsn00412

 他方、王子駅前-新宿駅西口駅前線は地味。ただし、環七をずっと走るのでそれなりに、放射状に広がる重要な電車路線や街道なんかとは交差する。

 電車路線では、先ほど書いた東北・北陸・上越新幹線、京浜東北線、湘南新宿ライン、上野東京ライン(う~ん、この辺ちょっと水増し?)、埼京線、東武東上線、西武池袋線、西武新宿線などが地上で交差しており、その他地下鉄と交差する部分もたくさんある。もうたくさん(毛沢東? 無理?)ある。

 主な道路では、北本通(日光御成道)、旧中山道(板橋本町)、中山道(国道17号線)、川越街道、要町通り、千川通り、新青梅街道、早稲田通り、大久保通り、そして青梅街道という具合。

Epsn00482

 誰でも知っている名所を通るのが好きなのか、あるいは電車道や街道の「つくり」なんかに興味があるのか……、ってところがどちらの路線が面白いと感じるのかの分かれ道。

Epsn00512

 なんてことを考えていると、バスはやがて新宿駅西口前の終点についてしまいます。

 全体の所要時間は1時間15分ほど。平均速度は18km/h。そんなもんかな。実は都バスの平均速度って自転車の平均速度なんですね。

 まあ、都バスの始発駅から終点まで乗るような暇人はあまりいないだろうけれども。たまには面白いかもしれない。不要不急の御用のない方は……、ぜひ行ってください。

 こんな暑い日には、一服の清涼(1時間ちょい)ではあります(降りた後、暑いけどね)。

EPSON R-D1s VOIGHTLANDER URTLA WIDE HELIAR 12mm f1:5.6 ©tsunoken

« 「蒲田西口リニューアル」したらしいんだが | トップページ | 「新宿の目」はどうなっちゃうんだろう »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549500/67045597

この記事へのトラックバック一覧です: 王78系統バスの旅:

« 「蒲田西口リニューアル」したらしいんだが | トップページ | 「新宿の目」はどうなっちゃうんだろう »

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?