フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

« 『NIKON F 展』が昨日から始まったんだが…… | トップページ | 『ツァイス紀行』の「ニューヨーク体験」……いいなあ、こういうの »

2018年7月 7日 (土)

今年も『ツール・ド・フランス(=寝不足)』の季節が始まった!

 いやあ、サッカーのワールドカップ・ロシア大会なんだけれども、日本はベスト16で終わったわけだけれども、よかったよかった。

 なあんて書くと袋叩きにあってしまいそうだけれども、自転車ファンにとっては、まあ、そんなところなんですね。

 なんでって? 昨日のチームプレゼンテーションに始まって、いよいよ今晩から7月29日まで、途中16日と23日の休息日を挟んで21日間、世界最大のスポーツ『ツール・ド・フランス』が始まるんですよう。

 いつもの年はもうちょっと早めに始まるんだけれども、やはりそこはサッカー・ワールドカップに遠慮して、少し時期を遅らせています。謙虚でしょう! え、違うでしょ! 単にテレビの視聴率の関係でしょ! って。まあ、それもありますね。

 もう、今晩から寝不足の三週間になるわけで、そんな意味ではサッカーの方が早く終わってくれて、よかったよかったってなわけなんですね。ご苦労さん西野監督。

Photo

 ということで、昨日のチームプレゼンテーションをJ SPORTSでご覧になった人はご存知の通りなんだけれども、参加はワールドチーム18、プロフェッショナルコンチネンタルチーム4チームという、全22チームというスタイル。ワールドチームはUCI(国際自転車連盟)が認定するワールドチームからの選抜だし、プロコンはワールドチームからワンランク下なんだけれども、基本的に主催国チームを尊重して選ばれるフランスのチームだ。

 以前はワールド18、プロコン3の21チームだったんだが、何年か前から22チームの編成になった。

 その見返りっていうわけではないのだろうけれども、各チームの参加選手が昨年までの1チーム9名から1チーム8名に減らされることになった。

 9人から8人にメンバーを減らされて何が変わるんだろう、なんて我々素人は考えるんだけれども、トップチームとして見れば、かなり作戦に変更を要求されるらしい。スプリンター、クロノマン、クライマー、パンチャー、ルーラーというそれぞれの選手の脚質をどうやって組み合わせるかっていうときに「ああ、もう一人枠があれば」ってな感じらしいのだ。

 まあ、その辺も含めて、各チームの作戦を読むのもツール序盤の楽しみ方だろう。今年はプロローグはなしで、第一ステージからマスドスタートのロードレースになるのもわかりやすくていい。

 出場するのはワールドチームは以下の通り。

AG2R La Mondiale (アジェドゥゼル・ラ・モンディアル)
Astana (アスタナ)
Bahrain-Merida (バーレーン・メリダ)
BMC Racing (ビー・エム・シー・レーシング)
Bora-Hansgrohe (ボラ・ハンスグローエ)
Groupama-FDJ (グルパマ・エフデジュー)
Lotto-Soudal (ロット・ソーダル)
Mitchelton-Scott (ミシェルトン・スコット)
Movistar (モビスター)
Quick-Step Floors (クイックステップ・フロアーズ)
Dimenshon Date (ディメンション・データ)
EF Education First-Drapacu (イーエフ・エデュケーション・ファースト・ドラパック)
Katusha-Alpecin (カチューシャ・アルペシン)
Lotto NL Jumbo (ロット・エヌエル・ユンボ)
Sky (スカイ)
Sunweb (サンウェブ)
Trek Segafredo (トレック・セガフレード)
UAE Emirates (ユーエーイー・エミレーツ)

 これに挑戦するプロコンチームは以下の通り。

Cofidis (コフィディス)
Direct Energie (デイレクト・エネルジー)
Fortuneo-Samsic (フォルトゥネオ・サシック)
Wanty-Group Gobert (ワンティ・グループ・ゴベール)

 まあ、さすがにツール・ド・フランスだけあって、結構豪華なチームが揃っている。ただし、私たち日本人にとってはちょっと残念なのが、日本人選手のエントリーがないことだ。

 トレックはエントリーしているんだけれども、別府史之の出場はなし。バーレーン・メリダも新城幸也はツァー・オブ・ジャパンの怪我が完全に治っていないということで出場は見合わせ。

 ということなので、J SPORTSの中継でも、どこに別府がいるのかな、どこに新城が映っているんだ! なんてテレビ画面を探す必要はないのであります。まあ、そういう意味では、誰が勝ってもいい、みたいな気分で見ていれば、途中で寝ちゃっても、まあ別に損した気にもならないか、ってな。ツール・ド・フランスなのであります。

 今年は。

 日本とフランスの時差は7時間なので、基本的に日本時間の夕方スタート、深夜フィニッシュというスケジュールで行われるレース。、まあ、サッカー・ワールドカップほどじゃないけれども、夜更かしにはなります。おまけにそれが三週間続くんだからね。

3783606777736868647

 とりあえず、今日の第一ステージは午後5時35分から、完全生中継で行われるようだが、第二ステージからは午後9時頃から、前半ハイライト、後半生中継といういつものスタイルで中継をします。

 いやあ、今日から毎年恒例、寝不足の7月の始まりだ!

Photo ©tsunoken

« 『NIKON F 展』が昨日から始まったんだが…… | トップページ | 『ツァイス紀行』の「ニューヨーク体験」……いいなあ、こういうの »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549500/66897713

この記事へのトラックバック一覧です: 今年も『ツール・ド・フランス(=寝不足)』の季節が始まった!:

« 『NIKON F 展』が昨日から始まったんだが…… | トップページ | 『ツァイス紀行』の「ニューヨーク体験」……いいなあ、こういうの »

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?