フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

« 小津安二郎のライカ | トップページ | オールドレンズで呑川逍遥 »

2018年7月16日 (月)

旧レンズで、お暑うございます。

 毎日毎日、お暑うございます……、なあんてことを言ってしまっては広島や岡山の人には申し訳ないが、でも、そんなことを言っても、東京も暑いです。

Dsc_00052

 で、暑い夏はどうやって過ごすのか? ってまあ、逆に一杯汗をかいてしまうってのが一つの方法でもあるんですね。本当「汗かいて、生きよう」ってなもんです。

Dsc_00312

 で、ついでにデジタル一眼に旧レンズをつけて撮影行をするんです(なんでそれが暑い時の処方なにかがわからない)。

Dsc_00412

 今回、ニコンDfに装着しているのは「Ai NIKKOR 50mm f1:1.4」という、アナログ・ニコンの時代の標準レンズっていうか、まあ、行ってみればニコンの基本レンズっていうわけですね。私は以前、同じNIKKORの「50mm f1:1.2」っていう、この「f1:1.4」に比較すると二回りぐらい大きいレンズを持っていたことがあるが、実は図体が大きいだけで別に写りは「f1:1.4」と変わりがないので、「まあ、いらねえな」ってな感じで売ってしまった。

Dsc_00442

 で、久々のアナログ・ニコンなんだが、使ってみる感じは別にデジタルニコンとはあまり変わらない……、っていうかこの日は快晴なので基本的に絞りはf11かf16、だったら実はほとんどすべての画面に合焦できちゃうんですね。

 でも、面白いのは「機械はバカ」だから、オートフォーカスのレンズを装着していると、たとえ絞りをf16とか、それ以上にしてもちゃんと「ジッ」なんてレンズが鳴ってフォーカスを合わせようとしたり、撮影しよという対象があまり光の変化がない被写体だったりするとフォーカスが合わなくて撮影できなかったりするんですね。

Dsc_00382_2

 ホントばかですね。別に、理論上合焦しなくても何の問題もなく写っちゃうんですけれどもね。

Dsc_00502

 ってなことを証明しようとしてこんな撮影をしたわけではありません。でも、なんとなく暑くて、午前中はお盆で墓参りした後でちょっと疲れているし、あまりヤル気はない……、てなことでこんな写真になりました。

 デジタル一眼なのでマニュアル・フォーカスのレンズを装着してもフォーカス・エイドが働いているんだけれども、実際の撮影に当たってはそんなもの気にしないで、適当なピントで撮ってます。まあ、それでもこれくらいは写るってことで……、だからってどうなのよ。

 それで、テーマは何なのか? う~ん…………。

NIKON Df Ai NIKKOR 50mm f1:1.4 @Nishigahara Kita ©tsunoken

« 小津安二郎のライカ | トップページ | オールドレンズで呑川逍遥 »

カメラ・写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549500/66943999

この記事へのトラックバック一覧です: 旧レンズで、お暑うございます。:

« 小津安二郎のライカ | トップページ | オールドレンズで呑川逍遥 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?