フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

« 横浜中区野毛本通りは伊勢佐木町の入り口 | トップページ | 深川:国威宣揚塔のある風景 »

2018年6月25日 (月)

東京周縁部を往く・赤塚氷川神社の富士塚

 え~、詳しいことは、とりあえず今年の3月28日のブログをお読みください。今日のブログはその続編というか、後付け。そのブログ自体がその前の2014年12月5日のブログに端を発しているんですけれどもね。

 まあ、そんなことから考えると、2009年11月27日から始めたこのブログも結構続いているんだなという感慨は、多少はある。まあ、でもまだ10年以上も続いているわけではないので、まだまだ続けるつもりでもいるし、今や、ほとんど私の撮った写真の発表媒体であるこのブログは、まあ大事にはしたいなとは考えている。

 当初は「記事がメイン」「写真は付属物」的な考え方だったんだけれども、最近は「写真がメイン」みたいな感じにはなっているなあ。

 私自身は「自分は物書き」という意識でもって、学生時代からの映画評論の時代からずっと文章を書いてきたんだけれども、同時に自分自身の理想像として「フィルム・ジャーナリスト」という一面を求めてきていたので、その両方の「中途半端」な連合体っていうのが、もしかしたら今の私なのかもしれない。「フィルム・ジャーナリスト」っていうのは16mmや35mmの動画(映画)のことであり、基本的にはそうした動画で伝えるジャーナリズムっていうものにとっては、「文字」は「映像」の付属物であると考えていたんだ。

 ただし、最近のブログは、ほとんどが写真のレポートがメインで、活字は言ってみればそのキャプションでしかない、ってのが事実かな。

「主従逆転」なんだけれども、まあ、それもいいか。

Epsn45992

 ってなことで、やむなくとりあえずは赤塚氷川神社に行っておかなければなあ、ということで東武東上線成増駅に降り立ったわけです。

 ただし、成増駅って言っても、これまで降りてきているのは光が丘がある西口の方ばっかりで、東口は『課長 島耕作』の映画化の相談で、何度か訪ねた弘兼憲史氏の仕事場が成増駅の東口方面にあったので行っただけだった。私個人は弘兼夫人の柴門ふみさんのファンだったので、柴門さんに会えるかなという期待で行ったんだけれども、会えませんでした。残念!

Epsn46152

 まあ、それはいいとして、成増駅から赤塚氷川神社はそれほど遠くもなくて、まあ、道に迷いながら歩いても30分もあればついてしまう。

 要は「宮前公園」が目標なんですな。当たり前だけど。

Epsn46212

 赤塚氷川神社は、ご想像の通り赤塚(つまり、赤塚城址とか東京大仏とかの)城主だった千葉介自胤が武蔵一之宮氷川神社から勧請して作られたらしいというのが伝説らしい。

Epsn46362

 で、面白いのは神社の門の脇にある「富士塚」なんですね。

 富士神社じゃないので手前に小さな祠があるだけなんだけれども、その後ろには富士塚とか登坂路とかがちゃんとあります。

 まあ、昔の人にとっては「氷川様」だろうが「富士山」だろうが、信仰(要は「自分が助かりたいっ」っていう?)の対象はいくらあってもいいってことなんでしょうね。

 いかにも「八百万の神」を信じた日本人らしい。なにしろ、「へっついの神様(幽霊)」なんて、「かまど」にまで神様がいると考えていた日本人だもんなあ。

Epsn46302

 で、問題は赤塚氷川神社から急な坂を下りて、なおかつ向こう側に見える山の上が赤塚城址なんですね。時間的には数分で上り下りできる距離ではあるんだけれども……。

Epsn46442

 向こうから(赤塚城址側から)きてもいい、こちら(赤塚氷川神社)から行ってもいいんだけれども、いずれにせよ山登りと山下りのアップダウンは避けることはできないわけで、「んじゃあ、どうすりゃいいんじゃ?」ってな問題があるんですね。

 年寄りにそれをさせちゃあまずいんじゃないか? ってのが、私の結論。

EPSON R-D1s VOIGHTLANDER COLOR-SKOPAR 21mm f4 @Akatsuka Itabashi ©tsunoken

« 横浜中区野毛本通りは伊勢佐木町の入り口 | トップページ | 深川:国威宣揚塔のある風景 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549500/66865307

この記事へのトラックバック一覧です: 東京周縁部を往く・赤塚氷川神社の富士塚:

« 横浜中区野毛本通りは伊勢佐木町の入り口 | トップページ | 深川:国威宣揚塔のある風景 »

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?