フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

« 駿府城と静岡市 | トップページ | 清水は清水市だったほうが良かったんじゃないか? »

2018年6月13日 (水)

静岡呉服町の老舗書店は何処へ?

 ということで静岡市葵区呉服町なんだが、なんか昔とはだいぶ様相が変化しているのだった。そりゃそうだよな、以前よく行っていたのは今から何年も前のことであり、もはや昔の静岡市呉服町商店街じゃないもんなあ。

Epsn00572

 2010年4月1日のブログに『地方都市によくある「シャッター通り」なんてのは静岡には関係なく、とにかく静岡の人たちは町に出ることを「呉服町に行く」という言葉であらわすように、呉服町商店街は静岡の人たちに愛されている商店街のようである』なんて書いたり、2013年7月20日のブログで静岡の人な流れの変化について書いたんだけれども、たしかに呉服町の人出は変わらないのだけれども、どこか人の動きが変わっているような気がする。

Epsn00332

 呉服町商店街で本屋さんと言えば老舗の「谷島屋」と「江崎書店」だったんだが、いまやその双方とも呉服町にはない。

Epsn00472

 谷島屋はゲームセンターになっているし、江崎書店はドラッグストアになっている。

Epsn00352

 両方とも店そのものがなくなってしまったわけではなくて、まあそれらの店は売り上げが下がったからとかという理由で閉店してしまっただけで、本店や外商部などはこの店舗の裏の方で営業していたり、移転して営業していたり、ってことのようだ。

 つまり静岡の人たちが「呉服町へ本を買いに行く」っていう行動をとらなくなってしまったってことなんだろうなあ。つまり、本っていうのは「何かのついでに買うもの」で、わざわざ本を買いに町の中心まで出ていかなくなってしまったのかもしれない。

Epsn00222

 唯一残っているのが、静岡市美術館が入っている静岡駅前にある静岡で一番高い葵タワーに出店している戸田書店だけになってしまった。ただし、ここは呉服町からの並びではあるが呉服町商店街ではない。

 ということで、今や静岡市葵区呉服町商店街には一軒の本屋さんもないってことになってしまった。だからどうなんだ、って、今やすっかり電子書籍派になってしまった私が言うことではないが。

Epsn00072

 静岡駅ビル「パルシェ」に入っているのも江崎書店だったのが、いつの間にか谷島屋になってしまった。

 まあ、谷島屋は静岡で一番大きい書店チェーンだし、本店も浜松なのであまり気にはならないが、江崎書店がちょっと心配だなあ。もっとも、江崎氏そのものは新聞店とかいろいろなビジネスをやっている人なので、そちらの方はあまり気にはしていないがね。従業員はどうするのかね。

EPSON R-D1s VOIGHTLANDER URTLA WIDE-HELIAR 12mm f5.6 @Shizuoka ©tsunoken

« 駿府城と静岡市 | トップページ | 清水は清水市だったほうが良かったんじゃないか? »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549500/66819749

この記事へのトラックバック一覧です: 静岡呉服町の老舗書店は何処へ?:

« 駿府城と静岡市 | トップページ | 清水は清水市だったほうが良かったんじゃないか? »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?