フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

« 「BULL!」な週末 | トップページ | 『学歴フィルター』なんかぶっ飛ばせ! »

2018年6月20日 (水)

東京周縁部を往く・やっぱり西新井 梅島か

 先週木曜日に現像に出したフィルムを受け取りに池袋まで行ってきた。

 その後は東京の南の方へ行こうかと考えていたんだけれども、何故かビックカメラの前にあるバス停から西新井駅行きに乗ってしまった。まあ、その辺、以前からよく知っている西新井方面なので、行った先で「ロストする」という楽しみはないが、まあ、たまにはそれもいいだろう、ってことですね。

Epsn00202

 終点は西新井駅前。東武伊勢崎線(スカイツリーライン)の駅であります。

 駅前というか駅周辺は元々日清紡の工場があったところで、そこを大々的に再開発してマンション&ショッピング街として作った街なので、昔日の「西新井」というイメージはなく、まあ「今の街」になっている訳であります。まあ、「西新井新世界」ですね。

 でもね、そこから一歩別の道の方へ入ってしまうと、例えば昔からある「関原通り」なんてところに入ってしまうと、それこそラビリンス。まあ、要は昔からの「場末の商店街」ってもんが今でも残っているんですなあ。

 いやあ、いい感じ。

 でもって、昔の足立区関原三丁目(私が小さい頃は本木町といった)が、その昔のラビリンスのど真ん中だとすると、そんなど真ん中から私は(学校群制度でもって東京都が勝手に決めた)行きたくもない都立足立高校に毎日通ったわけです。

 最初は電車で通ったんだが、梅島で降りても、五反野で降りても中途半端な場所に高校があったので、最後はあるいて通った。今日の写真はそのコース沿いに歩いて撮った写真なのであります。

Epsn00272

 その当時からすると途中の景色は、もうめちゃくちゃなくらい変わっています。まあ、今から50年も前の話だ。変わらなければおかしい、っていうか基本的に「町は変わっていくべきだ」という考え方をしている私としては、久々に行った昔の思い出の町が、過去のままだったらそれはそれで感動するかもしれないが、その一方、その「変わらなさ加減」に相当に苛立つだろう。

 ということで、「変わらない関原」と「変わっていく西新井」の双方を見てきたわけなんだけれども、そう言いながら、地図を見て、自分が歩いているところを見て、自分の居場所を確認するのは、結局、神社とかお寺とか学校なんですね。要は、「昔から場所が変わっていないから」っていうこと。

Epsn00562

 で、昔から場所が変わっていなかったのは、足立区立第四中学校。昔「下町の学習院」なんて言われて、北野武氏がわざわざ越境入学したという足立四中なんですね。

 まあ、その結果として進学した高校が足立高校だってところが、まあ微妙っていうか、何のための四中なんだっていうか。でも、明治大学工学部だからいいのか。

Epsn00502

 で、東武スカイツリーライン梅島駅前から日光街道(国道4号線)に出る辺りにあったのが、ペトリカメラの工場なのでした。現在はマンションになっている。

 ペトリカメラって、カメラメーカーとしては二流で、メインの製品は距離計連動式のレンズシャッターカメラっていう二流メーカーならではのものと同時に、ペトリV6なんていう一眼レフなんかも作っていた、何を目指しているのかがよく分からない変な会社でもあった。

 実は、今日はこれを言いたかったんだよな。

 ペトリカメラの工場は私が高校生のころまでは稼働していた。で、時代は「革命」の時代だったんですね。1960年代から70年代の話。

 1977年に労働争議が原因でペトリカメラは倒産(っていうか経営者が情熱がなくなって経営を辞めた)、でもその後、労働組合の手によって会社は再建、っていうか組合が運営する形でもって会社経営を始めたんだけれども、労働組合って「個人」で責任を負うという体制じゃないんで、結局、ペトリカメラ自体が、完全に倒産してしまったんですね。

「っていうか」まさしく「強者どもの夢の跡」ってことなのかなあ。「っていうか」

Epsn00532

 その後、その残滓を買うような人は出なくて……、そのまま。「っていうか」

 まあ、そうやって歴史から姿を消してしまう企業もあるってことですね。

 本当に、ムチャクチャになって、何にも形を残さなくなって、「無くなっちゃう企業」ってのもあるんですね。

(合掌)

EPSON R-D1s VOIGHTLANDER 12mm f5.6 @Sekibara Umejima Adachi ©tsunoken

« 「BULL!」な週末 | トップページ | 『学歴フィルター』なんかぶっ飛ばせ! »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

「本当に、ムチャクチャになって、何にも形を残さなくなって、「無くなっちゃう企業」ってのもあるんですね。」
競争の激しい業界で特徴のある物や技術の無い企業の倒産なんてそんなもんです。
腐る程有ります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549500/66848113

この記事へのトラックバック一覧です: 東京周縁部を往く・やっぱり西新井 梅島か:

« 「BULL!」な週末 | トップページ | 『学歴フィルター』なんかぶっ飛ばせ! »

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?